『アナと雪の女王2』の特大ヒットを考察する

©2019 Disney. All Rights Reserved. 

日本国内歴代3位の興行収入255円を記録した(上にいるのは『千と千尋の神隠し』と『タイタニック』だけ)『アナと雪の女王』から5年。もう5年も経つのかと思いますが、待望の続編『アナと雪の女王2』(=『アナ雪2』)が公開され、最初の週末が終わり興行収入が明らかになりました。
それは、それは、本当に驚異的な数字となりました。

『アナと雪の女王2』の特大ヒットを考察する

圧倒的なのスタート

前作『アナと雪の女王』(=『アナ雪』)は日本では2014年3月17日に全国598スクリーンで公開され、初日からの3日間で興行収入で約9億8千万円、観客動員60万人以上という数字を上げました。

ちゃんと伝えておきたいことですが、この1作目(『アナと雪の女王』)の数字もまた十二分に見事な数字だということです。

それから5年半後の2019年の11月22日(金)から公開された『アナと雪の女王2』。

週明けの11月25日(月)に最初の週末の数字が明らかになり、凄まじい数字を上げたことが明らかになりました。

©2019 Disney. All Rights Reserved. 

3日間の興行収入は19億円を突破

3日間の興行収入は19億円を突破、動員も145万人を記録。国民的なヒット映画となった前作の存在があったとはいえ、前作興収比211.7%という脅威的な伸び率。

直近の作品と比較してみるとシュワルツェネッガー、リンダ・ハミルトンの来日で大盛り上がりした『ターミネーター:ニュー・フェイト』が公開4週で22億円超。この秋映画の最大のトピックとなった『ジョーカー』が公開9週で50億円を超えてきました。

『アナと雪の女王2』は3日間で『ターミネーター』と並び、『ジョーカー』の2/3近くを稼ぎ出したことになります。


    ライタープロフィール

    村松健太郎

    村松健太郎

    村松健太郎 脳梗塞と付き合いも10年目に入った映画文筆家。横浜出身。02年ニューシネマワークショップ(NCW)にて映画ビジネスを学び、同年よりチネチッタ㈱に入社し翌春より06年まで番組編成部門のアシスタント。07年から11年までにTOHOシネマズ㈱に勤務。沖縄国際映画祭、東京国際映画祭、PFFぴあフィルムフェスティバル、日本アカデミー賞の民間参加枠で審査員・選考員として参加。現在NCW配給部にて同制作部作品の配給・宣伝、イベント運営に携わる一方で各種記事を執筆。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com