『アナと雪の女王』はこんなにも深い!キャラクターがもっと魅力的になる7つの盲点

アナと雪の女王 ロゴ

(C)Disney

3月4日(土)21時より、あの超大ヒット作『アナと雪の女王』がついに地上波で放送されます。雪や氷の映像表現、耳に残る主題歌「Let It Go」など、その魅力は枚挙にいとまがないですが、再び鑑賞すると“キャラクターの性格”が事細かに、魅力的に描かれた作品であることに気づきました。以下に紹介してみます!

※なお、以下からは『アナと雪の女王』の本編のネタバレが多分に含まれていますので、これからご覧になる方はご注意ください!

1:エルサが何よりも優先するのは“アナが喜ぶこと”だった

アナは子どものころから天真爛漫で、“考えるよりも先に行動してしまう”性格でした。大人になってからも、アナはソリに乗った時に「(スピードを出して)飛ばすの大好き!」と言ったり、クリストフがカウントする前に「3!」と自分で言って崖を飛び降りたりしていましたね。

一方で、その姉のエルサは子どものころから少し“大人”で、落ち着いて物事を考えるタイプでした。エルサが自分の魔法の力を恐れるあまり、ずっと部屋に閉じこもってしまうのは、アナとは対照的に“考えすぎてしまう”性格のせいでもあったでしょう。

そんなエルサですが、実は妹のアナには甘い性格であることが描かれています。たとえば、子どものころのアナは窓から見えるオーロラを見て、寝ているエルサを「お空が起きているわ!」と起こそうとしていました。エルサは「まだ寝ていなさい」と一度はアナをなだめようとしますが、アナに「雪だるまを作るのはどう?」と言われると笑顔になり、魔法を使って遊びに付き合ってあげるのです。

アナはエルサが作ってくれた氷柱に次々と飛び乗って喜んでいましたが、その飛び移るスピードが速すぎたために、魔法がすぐに追いつかなくなってしまいます。結果として“事故”でアナはエルサの魔法を頭に受けてしまうのです。

この一連の描写だけで、アナとエルサの姉妹の関係がはっきりと見えてきます。エルサは“喜んでくれるなら何でもしてあげる”というほどにアナが大好きなのですが、そのアナは行動に勢いがありすぎて、ちょっとエルサの“手にあまる”存在でもあるのです。

そのアナの猪突猛進っぷりは、エルサにとっては(両親を亡くしてしまったこともあり)「お姉ちゃんとして妹を守らなければいけない」という重荷にもなっていたのかもしれませんね。

アナと雪の女王 地上波初放送

(C)Disney

2:アナは戴冠式の日に、自分のことばかり考えていた?

エルサが21歳、アナが18歳の時、お城で戴冠式が行われます。アナは「戴冠式だー!」と喜び、そして「生まれてはじめて」を喜びいっぱいに歌っています。

この時にアナが歌っているのは「生まれてはじめて踊り明かすの」、「運命の人に出会えるかも」といった“自分の幸せ”でしたが……ずっと部屋にいて、扉を開けようとしなかったエルサのことは歌われていません。

一方で、実際の王位継承者であるエルサは「ひとりでいたい」「今日だけでも」と、自分の魔法の力がバレてしまうのではないかと、アナとは正反対に戴冠式のこの1日を恐れていました。

アナはそんなエルサの気持ちなど知る由もなく、その日に出会ったばかりのハンス王子と婚約し、エルサに「お部屋はたっぷりあるからいいでしょ?」と勝手に住まわせることまで勝手に決めようとしていました。アナは行動力がありすぎるあまり、戴冠式の主役であるはずの、久しぶりに会話ができるはずの姉のエルサのことを考えられていないのです。

3:アナは“無理やり”にでも大好きなエルサのことを考えないようにしていた?

もっとも、アナは子どものころからエルサのことが大好きなはず。だから、“エルサのことを考えていない”というよりも、“(エルサに迷惑をかけないように)無理やりにでもエルサのことを考えないようにしていた”というほうが正しいのかもしれません。

たとえば、アナはエルサの横に立つ時に「え?私もこっちに立っていいの?」と戸惑っていたり、エルサに「元気?」と声をかけられると「え?あたし?」と驚いていたりしています。

アナはアナで、エルサがずっと部屋に閉じこもって、妹の自分でさえも遠ざけていたことを、長いあいだ気に病んでいたのでしょう。そんなアナが、たくさんの人が集まる戴冠式の日に、エルサに(エルサが望んでいるように)触れないようにして、“自分の幸せ”だけを考えてしまうのも無理はないように思えます。

また、アナは歌いながら、お城に飾ってあった絵を見て「がんばれ、ジャンヌ」と言っています。言うまでもなく、ジャンヌ・ダルクはフランスを救った英雄です。アナは明確には口には出さなくても、王位を継承し、プレッシャーでいっぱいになっているエルサへ「がんばれ」と言いたかったのかもしれませんね。

そんなアナは、エルサとはじめはぎこちない会話をしていたものの、すぐに「チョコレートだ!」と笑いあうことができ、ウェーゼルトン公爵とダンスをして「あの人、かかとの高い靴を履いているわ!」と、何でもなさそうな話題を口にすることもできています。やっぱり、アナとエルサはお互いのことが大好きで、本当は気兼ねなく話し合えることができるんですね。

ちなみに、『アナと雪の女王』のBlu-rayには、“未公開シーン”として、アナがいろいろな衣装を着てエルサに見せてあげるというかわいらしいエピソードが収録されています。こちらもぜひ観ていただきたいです。

アナと雪の女王 地上波初放送

(C)Disney

4:オラフが生まれた理由とは?

雪だるまのオラフは、エルサが「Let It Go」を歌い、氷の城を作り出す直前に魔法で生み出されていました。結論から言えば、オラフは、エルサの「もっと(アナや誰かと)仲良くなりたい!」という思いが具現化した存在なのではないでしょうか。

オラフはとことんポジティブです。鼻に見立てたニンジンが顔に埋まりすぎて小さくなっても「ユニコーンみたいにかわいい!」と言って、ちゃんと鼻らしく見える位置に調整したときも「このほうがずっといい!」と肯定しています。クリストフをトナカイのスヴェンと同じ名前だと勘違いした時も「わかりやすいね!」とやっぱり肯定し、あまつさえスヴェンに噛まれそうになったときには「僕も大好きだよ!」と言っています。もはやポジティブすぎてクレイジーな勢いです(笑)。

それでいて、オラフはエルサが作り出したマシュマロウ(雪のモンスター)からアナたちを守るため「ここは僕に任せて逃げて!」と言ったり、クリストフが岩(トロール)たちに話しかけているのを見て「僕が気をひいておくから逃げて!」と言ったりと、自己犠牲をしてまでアナ(大切な人)を何度も救おうとしています。

そして、オラフは「愛とは、自分よりも誰かを大切に思うことだよ!」とアナに教えていました。これは、氷の城を作り「ずっと1人で生きていこう」、「これでいいの(Let It Go)」と、“自分のことだけを大切にしようとした”、“誰かと関わらないことを誓った”エルサとは対照的です(エルサが氷の城に引きこもろうとしていたことと、オラフが開放感たっぷりの夏を夢見ていたことも対照的ですね)。

つまり、氷の城を作る前にオラフを生み出したエルサは、本当はオラフのようにポジティブに他人と関わりたい、誰かを大切にしたいという気持ち(本音)があった、その気持ちの全てがオラフというキャラに投影されていると言っていいでしょう(マシュマロウも「帰って!お願い!」というエルサの意思の塊のような存在でしたね)。本当は、エルサは「これでいいの」とは思っていなかったのかもしれません。

そうそう、アナは子どものころ、トロールたちの力でエルサの魔法に関する記憶を無くしていました。この記憶が消失していくシーンをよく見ると“アナとエルサが一緒に遊んでいる”という記憶はそのまま残っていること、“お城の中(でエルサの魔法を使って遊んでいた)”での出来事が、“雪の積もっているお城の外”へ場所だけが変わっていることが示されています。その中には(生きてはいない)オラフそっくりの雪だるまを作った記憶もありました。

だからでこそ、アナもエルサも、オラフという名前を聞いて“子どものころを思い出す”ことができていましたね。オラフは、ずっと氷の城に閉じこもろうとしていたエルサの“本音”をアナに伝えるために生まれたのかもしれません。

■このライターの記事をもっと読みたい方は、こちら

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事