『勝手にふるえてろ』大九明子監督インタビュー「人生上手く渡り切れてない全ての“人間”に向けて…」

(C)2017映画「勝手にふるえてろ」製作委員会

12月23日(土)からロードショー公開される『勝手にふるえてろ』は、綿矢りさの同名小説を原作に、どこかひねくれがちで自分勝手で夢見がちなヒロイン・ヨシカ(松岡茉優)24歳OLが、中学時代の同級生・イチ(北村匠海)に10年間も片想いし続けるも、会社の同僚・ニ(渡辺大知)に惚れられて大迷惑!?

そんな理想と現実の諍いが、いつしか自分自身の人生の理想と現実の諍いとも直面していくさまを描いた、本年度屈指の、そして末尾を飾る青春恋愛映画の快作です。

第30回東京国際映画祭上映時、キャスト陣とともに (C)2017 TIFF

監督は『恋するマドリ』(07)で新垣結衣、『東京無印女子物語』(12)で谷村美月、『でーれーガールズ』で優希美青&足立梨花といった、時の新進若手女優の資質を大いに引き出し、一方では女性の美醜をモチーフにした『モンスター』(13/高岡早紀主演)で世に衝撃を与えた大九明子。

そして本作はオムニバス映画『放課後ロスト/倍音』(14)、TUBEのミュージックビデオ春夏秋冬4部作を映画として一本にまとめた『渚の恋人たち』(16)に続いてタッグを組んだ主演の松岡茉優の魅力を最大限に引き出すとともに、性別を問わずすべての孤独な人々になにがしかの希望を与えれてくれる逸品にもなっています。

《キネマニア共和国~レインボー通りの映画街vol.277》

というわけで、今回は大九監督に作品の魅力をとくと語ってもらうことにしました!

万人向けの作品というよりも
ヨシカ的な人にちゃんと届けたい

演出中の大九明子監督 (C)2017映画「勝手にふるえてろ」製作委員会

── 大九監督の作品は繊細さと大胆さが常に同居した作風が魅力で、ずっと見させていただいておりますが、お恥ずかしいことにデビュー作『意外と死なない』(99)だけ未だに見る機会がなくて、でもマスコミ向けに配布されたプレスシートの監督インタビューを読みますと、今回の『勝手にふるえてろ』のお話をいただいて原作を読んだとき、その『意外と死なない』と通じるところがあったのだとか。

大九明子監督(以下、大九) :『意外と死なない』は私が映画美学校の第1期生時代に撮った自主映画で、DVD化もされていませんので見てくださっている方も少ないとは思いますが、ときどき美学校の文化祭みたいなイベントで上映されることもありますので、もし機会がございましたら(笑)。

── その美学校のイベント上映で、染谷将太主演の『ただいま、ジャクリーン』(13)を見させていただいたこともありますので、今後もチェックを劣らないようにしたいと思います。そして今回の『勝手にふるえてろ』ですが、これまでの大九監督作品のエッセンスが見事なまでに詰めこまれた、現時点における集大成足り得ている感もある快作として、非常に堪能させていただきました。

大九:私の作品をずっとご覧になってくださってる方から、そうおっしゃっていただけるのってすごく嬉しいですね。確かに今回はもう、ぶち込みました(笑)。

(C)2017映画「勝手にふるえてろ」製作委員会

── ヒロインのヨシカがイラスト好きなところからして『でーれーガールズ』(15)を彷彿させますが(笑)、それ以上に大九監督が描かれるヒロインは、常にどこか心にトラウマを抱えながら健気に生きていきますね。もっとも、健気に生きられないと『モンスター』(13)になってしまいかねないわけですが。

大九:上手いこと言いますね(笑)。

── 何よりも、ヨシカを『放課後ロスト(第3話・倍音)』(14)や『渚の恋人たち』(16)に主演した松岡茉優さんを持ってきているところも、大九映画の代表的ヒロインとして屹立しているように思えます。

大九:彼女とはこれまで短編ばかりでのおつきあいだったのですが、とにかく集中力がすごくて、それが長編になってもこんなに持続するものかと今回は驚かされましたね。もともと原作から脚本化していく際、私はヨシカに親友とかゲイバーのママとか相談相手がいるような都合のいいお話ではなく、ひとりでくすぶらせている孤独な女の子として置いておきたかったので、そう考えたときに『渚の恋人たち』の松岡さんの佇まいを思い出したんです。

── 映画でもドラマでも松岡さんを見ていて常に唸らされるのは、単に美しいとか可愛いとかの次元を超えて“良い顔”をしているというのが挙げられます。また、だからアップも良く似合うし、そんな彼女の長編主演映画をぜひ見てみたいと常々思っていましたが、今回それがついに理想的な形で叶えられたなと。

大九:そう、彼女の顔は見飽きないんですよ(笑)。本当に良い表情してくれると思います。

(C)2017映画「勝手にふるえてろ」製作委員会

── ただ今回は役柄が役柄ですし、撮影に入る前のディスカッションなどもかなり?

大九:はい。たっぷりやらせていただきました。ヨシカってどういう人なんだろう?ってことから、とにかくこの映画は日常をくすぶらせていたりしている人たちにまっすぐ届けようと。

だから万人受けということは無理して狙わず、ヨシカ的な人にちゃんと届けようという話をしました。そうしたら、たとえば前半と後半の温度差をどうするかといった松岡さんからの質問もいろいろ出て来て、それに応えたりしながらお互い現場に臨んでいきました。

前半でのコンビニのシーンは、始まる前からウズウズした顔してたので、あ、こいつ何かやるな?と思っていたら、段取りでいきなりカウンターの上にピョンとアドリブで座ったりして、これかい! と(笑)。やはり打ち合わせで得たことをちゃんと彼女なりに咀嚼して作ってきてくれていると思いました。

── では後半部の彼女は?

大九:後半のほうがちょっと前半部に引きずられて可愛くなりすぎていたり元気すぎたりしちゃっていることがたまにありましたけど、そこは注意すると即理解してくれて、ピタッとこちらの意図に合わせてくれましたね。やはり事前に話をしておいてよかったです。

作劇の大きな転換部となる
ミュージカル・タッチの劇中歌

撮影現場の大九明子監督と主演・松岡茉優 (C)2017映画「勝手にふるえてろ」製作委員会

── そう、この作品、原作を読んでいる方はともかく、中盤以降ガラリと雰囲気が変わってしまうあたりに度肝を抜かされてしまうわけですが、ここではその詳細を明かせないにしても、その転換点となるのがミュージカル・タッチでヨシカが歌う劇中歌です。

大九:あそこは映像をモノクロにするとかアスペクト比を変えてみるとか、いろいろ悩んだのですが、そうするとお客さんが思考する時間ができちゃって、タイムラグができるのが逆にもったいないというか、それよりも見ている人にヨシカという人間をズバンと届けたい。ならば言葉で説明しようと。

ただし単に台詞でバーッということではなく、メロディをつけてみようという発想が後から湧いてきて、結果としてああいうシーンになりました。

── でも、あそこで彼女が突然歌いだすところに、全然違和感はないですね。やはりそこに至るまでの積み重ねが上手くできているからだと思われますし、またあのシーン自体のカッティングや音楽のリズムなどがちゃんとミュージカルの呼吸になっているので、ドラマとしての衝撃と共に映画的な昂揚感すらもたらされているので、見ている側もスッと入っていけます。

大九:ありがとうございます。最初にこのアイデアを出したときは、みなさんの顔色がちょっと変わりましたから(笑)。でも賛成してくれるプロデューサーもいて、そこから歌詞を考え、音楽の髙野正樹さんに5パターンくらい作っていただき、あえてひっかかりがあるように数曲を編み込ませて完成させていただきました。

また台詞のようにしたかったので、3拍子から4拍子に変わったりもしています。松岡さんはボーカルの先生から「こんなの歌じゃない!」と言われたそうですが、それは髙野さんのせいじゃなくて、私がそうお願いしたからだよと(笑)。

── また、そのときのリズムが前半部のヨシカと周囲の人々との交流するくだりのものと同一になっているので、なおさら巧みな対比が成され得ていると思いました。何よりも冒頭でヨシカが登場してしゃべりだした瞬間、これはメンドクサイ系の女の子の話かなと思うのですが、映画としての語り口がリズミカルだと見ている側は不思議と楽しくなってくる。

大九:それは嬉しいです。

(C)2017映画「勝手にふるえてろ」製作委員会

── 要はそんなメンドクサイ系の女の子を見ている側が好きになれるかどうか? その点でこの映画は見事にヨシカを好きになれるし、応援したくなっていきます。そしてそれは、中盤の転換点以降のバランスも巧みで、それこそラストまでずっと見る側のシンパシーは持続してくれます。それがこの映画の何よりも見ていて心地いいところですね。

大九:ただ、松岡さん自身は演じていてつらそうではありました。もちろん役に共感してくれてはいるのですが、逆にシンクロしたまま現場にいたので、誰ともしゃべらないんですよ。本当に外界から閉ざして集中して役作りしてるんだろうなあと。

他の俳優さんたちも話しかけるのがためらわれるほどだったみたいです。終わってみて、今はメインの俳優さんたちと一緒にキャンペーンで回ったりして仲良くなっていますが、「あのときはしゃべれなかったねえ」って。

── では、友人役の石橋杏奈さんとも?

大九:石橋さんが演じる来留美も、本当は心のどこかでヨシカが見下しているような微妙な役柄ですから(笑)。その意味でヨシカの理想の友人は、趣里さんが演じた金髪の店員なわけですけど、実際に自分を救ってくれるのは……? というところでヨシカは落涙するわけです。

そういえばインの前に松岡さんから「石橋さんとは一度も一緒に仕事したことないけど、どういう人ですか?」と質問されて、「パブリックイメージとは違って、ボーイッシュで面白い人だよ」と答えたら、「へ~」と、もうそれだけでインした後も何もしゃべらず、そのあたりのプロフェッショナルな感覚は松岡さんならではのものだなあと感服しましたね。今はもうふたりともすごく仲良くしてますけどね(笑)。

(C)2017映画「勝手にふるえてろ」製作委員会

── ヨシカと来留美たちの職場の仮眠室の雰囲気も独特でしたね。

大九:あれは原作の中にもあるのですが、会社内でのオンとオフとでもいいますか、デスクで作業しているときと、女だけが固まって靴を脱いでいるときの状態とかの落差で、処女がどうのとか結構狂暴な話をしているのですが、社会人として一生懸命形を作っていかなきゃとがんばって生きている女の子たちの健気な部分が出ているところだなと思えたんです。だから個々は絶対に可愛らしく、狂暴な話をしていても健気に思えるような画を撮ろうと。

── 薄暗闇の中のスマホの点滅とか、ちょっと切ない感じも出ていますね。

大九:そうですね。女の子独自のいたいけといいますか悲哀とでもいいますか、そこも意識しました。

── またそこで寝ている来留美のまつ毛にヨシカが瞠目したり、本当はヨシカってどこかしら来留美に憧れてもいるのかなあとも。

大九:そうなんですよ。本当はそうなのに素直になれなくて、というのがヨシカなんです。本当は憧れているくせに、恋愛も人生も謳歌している来留美のことをちょっと馬鹿にしちゃう。それはやっかみでしかないんですけどね。


    ライタープロフィール

    増當竜也

    増當竜也

    増當竜也 Tatsuya Masutou 鹿児島県出身。映画文筆。 朝日ソノラマ『宇宙船』『獅子王』、キネマ旬報社『キネマ旬報』編集部を経て、フリーの映画文筆業に就く。 取材書に『十五人の黒澤明』(ぴあ刊)、『特撮映画美術監督・井上泰幸』(キネマ旬報社刊)など。 編集書に『40/300 その画、音、人』(佐藤勝・著)『神(ゴジラ)を放った男/映画製作者・田中友幸』(田中文雄・著)『日記』(中井貴一・著)『日記2』(中井貴一・著)『キネ旬ムック/竹中直人の小宇宙』『同/忠臣蔵映画の世界』『同/戦争映画大作戦』(以上、キネマ旬報社刊) その他、パンフレットやBD&DVDライナーノートへの寄稿、取材など多数。 ノヴェライズ執筆に『狐怪談』『君に捧げる初恋』『4400』サードシーズン(以上、竹書房刊) 現在『キネマ旬報』誌に国産アニメーション映画新作すべてのレビューをめざす『戯画日誌』、『衛星劇場プログラムガイド』誌に、毎月オンエアされる松竹映画名作群の見どころなどを紹介する『シネマde温故知新』を連載中。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com