『GODZILLA 怪獣惑星』は『シン・ゴジラ』がなければあり得なかった!その見どころを解説!

5:『シン・ゴジラ』という“王道の特撮”があってこそ、アニメに着手できた!

(C)2017 TOHO CO., LTD.

虚淵玄は、本作『GODZILLA 怪獣惑星』の企画が立ち上がった時、「ゴジラの王道の手法は特撮をおいて他にない」という思いがあったため、アニメ作品に着手することに初めは戸惑ったそうです。しかし、『シン・ゴジラ』が先に公開されると聞き、そちらが「絶対に特撮として王道のゴジラを復活させるものなる」と確信したため、“未来のために新しい可能性を開拓する企画”として、脚本を引き受けることを決意したそうです。

監督の1人である瀬下寛之も同様に、「ゴジラは特撮でやるべき」という思いがあったため、企画を聞いた時の第一声は「無理無理!」だったそうです。しかし、『シン・ゴジラ』という王道のゴジラ映画が先に公開されることと、テレビアニメ『シドニアの騎士』でもタッグを組んだ静野孔文監督が再び参加することを聞いて、製作に乗り気になったのだとか。

虚淵玄という実力者が脚本を手がけるという安心感、『シン・ゴジラ』の庵野秀明監督が間違いなく作品にメジャーな風格を与えてくれるであろうという確信も、大きな後押しになったそうです。

つまり、『シン・ゴジラ』がなければ、本作『GODZILLA 怪獣惑星』が製作されることはなかった、とも言えるのです。直前に“王道の特撮”である『シン・ゴジラ』が公開されたからこそ、アニメという今までにはなかった手段を使って、新しい表現のゴジラを作ることができた……。本作のスタッフには、そんな思いがあったのです

ちなみに、もう1人の監督である静野孔文は、『ゴジラ』シリーズをまったく観たことがなかったため、「自分が監督するのはファンに失礼になるのではないか」という理由で、一度は企画を断ったのだとか。しかし、朋友である瀬下寛之監督の参加もあり、製作を決意。静野氏は、ゴジラの存在感がありながら、人間のドラマもしっかり描けている虚淵玄の脚本にも感銘を受けていたそうです。

その静野孔文監督がゴジラを知らなかったことは、“先入観なしのアイデア”として、作品をゼロから作り上げたような本作にとって、むしろ大いに役に立ったのだそうです(例えば、それはゴジラが口から放つ“火炎”の認識など)。

本作が『ゴジラ』シリーズをまったく知らなくても楽しめる内容になっているのは、ゴジラファンのスタッフだけではなく、そうではなかった静野監督から、“初めて観る視点”をしっかり拾ったおかげでもあるのでしょう。

6:物足りなさを感じるところも?

(C)2017 TOHO CO., LTD.

本作『GODZILLA 怪獣惑星』には2つ、欠点とは言わないまでも、“物足りなさ”を感じる要素もありました。それは単純に“テンポが速い”ことと、“上映時間が短い”ことです。

映画の冒頭から、主人公が“とんでもないことを要求する”という急展開から始まりますし、『シン・ゴジラ』に負けず劣らずの早口の会話が次々に押し寄せてきます。「これまでに何があったか」もダイジェスト(回想)的に示される程度で、“地球に宇宙人がやってきた”という衝撃の事実でさえもサラッと描かれます。さらには戦闘時にも矢継ぎ早にカットが切り替わるなど……余分な描写が一切ないのです。

このテンポの速さは、「まったく退屈することがない」「怒涛の展開に興奮できる」と肯定的にもとれますが、同時に「ついていくのが大変」「それぞれがアッサリした描写に思えてしまう」「“間”を楽しむ余裕がない」という印象も持ってしまいます。観る前に、なるべく体調を良くしておき、会話を聞き逃さないよう、脳をフル回転して観たほうが良いでしょう。

また、本作の上映時間はわずか89分と、近年の映画の中でもかなり短めです。もちろんそれも長所と言えるのですが、壮大さを感じる設定、そしてゴジラという巨大な怪獣との戦いという要素に対して、やはり「あっという間に終わってしまう」のは、物足りなさを感じる理由の1つになっているのではないでしょうか。

また、本作は3部作の第1作目に当たります。“続編におあずけ”されてしまった伏線もありますし、この1本だけで物語が完結しないというのも、不満に思う方もいるでしょう。

もっとも、これらの“テンポが速い”、“上映時間が短い”ことは、良い悪いというよりも、作品の特徴にすぎません。「短い時間に詰め込まれた、怒涛の物語を楽しめる」ことこそ、『GODZILLA 怪獣惑星』の面白さである、と捉えてみるのも良いでしょう。

まとめ:エンドロール後もお見逃しなく!

(C)2017 TOHO CO., LTD.

トータルでは、『GODZILLA 怪獣惑星』は3DCGアニメの質感や迫力、虚淵玄による論理的に構築された物語、『ゴジラ』シリーズへの圧倒的なリスペクトもあり、(個人的には)『シン・ゴジラ』に勝るとも劣らない興奮がありました。Netflixでの配信も予定されている作品ですが、間違いなく劇場で堪能する価値もあると断言します。

また、本作はエンドロールが始まっても、そのまま席に座ってきおき、最後まで観ることをおすすめします。何が映し出されるのかは……観てのお楽しみです。

おまけ:『GODZILLA 怪獣惑星』から連想した映画はこれだ!

最後に、『GODZILLA 怪獣惑星』から連想した、合わせて観てほしい3つの映画を紹介します。

1.『楽園追放 -Expelled from Paradise-』

楽園追放-Expelled from Paradise-

『GODZILLA 怪獣惑星』と同じく、虚淵玄が脚本を手掛けた3DCGアニメ映画です。人類が肉体を捨てて電脳空間に暮らしているという『マトリックス』な設定。

『トランスフォーマー』のようなド迫力のロボットバトル、ロードムービーのような話運びや、風刺の効いた哲学的な考察に浸れる要素も満載。果ては『ブレードランナー』オマージュと思しきうどんを食べるシーンがあったりと、SFファン映画ファンが大歓喜できる作品に仕上がっていました。

この他、虚淵玄が脚本を手掛けたアニメでは『PSYCHO-PASS サイコパス』シリーズもおすすめしたいところ。こちらは、“犯罪係数”が規定値よりも上昇してしまった者を警察が取り締まるという物語になっており、さらに『ブレードランナー』からの影響が強い作品になっていました。

2.『アフター・アース』

アフター・アース (字幕版)

『シックス・センス』や『スプリット』のM・ナイト・シャマラン監督が手がけた映画です。その舞台は環境がすっかり変わり、人間が住めなくなってしまった地球。まさに『GODZILLA 怪獣惑星』と似た設定になっているのです。

ストーリーは「危険な状態になった地球で、息子が離れた場所におつかいに行き、父がそれをサポートする」という地味なもの。世間的な評価も決して高くはありませんが、登場人物の内面や、親と子の確執も十分に描かれているため、個人的にはかなり楽しめました。シャマラン監督ならではの“美学”や“価値観”を存分に味わえるでしょう

3.『BLAME!』

BLAME!

今年(2017年)に劇場公開もされ、現在はNetflixでの配信も行われている3DCGアニメ映画です。遠い未来、過酷な環境でわずかな人類が生き延びているという設定が『GODZILLA 怪獣惑星』と似ている他、アニメーション製作がポリゴン・ピクチュアズ社であることや、櫻井孝宏、花澤香菜、宮野真守、梶裕貴といった人気声優が出演していることも共通していました。

弐瓶勉による原作マンガにあった“複雑な階層都市”が見事に表現されていること、絶望的な状況でも必死に正しい道を見つけ出そうとする物語が、大きな見どころになっています。『GODZILLA 怪獣惑星』と合わせて観ると、日本のCGアニメの技術の高さを、思い知ることができるでしょう。

■このライターの記事をもっと読みたい方は、こちら

(文:ヒナタカ)

関連記事

アニゴジ『GODZILLA 怪獣惑星』本予告&最新場面カット解禁!ゴジラの体組織も明らかに!
一部の人しか知らない…ここだけの『シン・ゴジラ』情報を公開!地上波初放送を要チェック。
君は「シン・ゴジラ」を見たか。


    ライタープロフィール

    ヒナタカ

    ヒナタカ

    ヒナタカ 「カゲヒナタの映画レビューブログ」運営中のフリーライター。All Aboutでも映画ガイドとして執筆中。なぜか中高生向けの恋愛映画もよく観ています。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com