『初恋』レビュー:三池監督ならではの血と暴力と笑いが、純愛を軸に駆け巡る快作!(怪作?)

(C)2020「初恋」製作委員会 

三池崇史監督といえば、“黒社会”三部作や“デッド・オア・アライブ”三部作など1990年代半ばより数々のぶっとびヴァイオレンス映画で日本はおろか世界中の映画ファンを熱狂させ続けるツワモノ映画監督です。

ただし、どんなジャンルでも巧みにこなす職人的手腕を買われて、ここ数年の三池監督は漫画原作作品などを中心にした活動が多く見られていたのもまた事実。

もちろんそれらの作品群も、彼ならではの熟達した演出テクニックでそれ相応以上のクオリティを保持してはいたものの、そろそろ初期のぶっとんだものを作ってくれないものかとやきもきしている方も実は多いのではないでしょうか?

しかし、ご安心ください。三池監督が久々にやってくれました!

その名も『初恋』!

……え、三池監督作品なのに『初恋』? 

《キネマニア共和国~レインボー通りの映画街443》

大丈夫、これは三池崇史監督ならではの血と暴力と笑いに満ち溢れた究極のラブストーリーなのでした!(と言い切っていいのか?)

余命わずかなボクサーと薄幸の少女が
ヤクザと悪徳刑事たちから逃走!

映画『初恋』の舞台は国際色豊かな欲望の街・新宿歌舞伎町(日本のヴァイオレンス映画の定番ですね)。

天涯孤独のプロ・ボクサー葛城レオ(窪田正孝)は、まさかのKO負け試合の後で受けた診療で、何と余命いくばくもない身体であることを告げられ、愕然となったまま歌舞伎町を彷徨していました。

そんなとき、何者かに追われていると思しき少女モニカ(小西桜子)が、彼の目の前を「助けて!」と言いながら駆け抜けていきました。

ついつい条件反射で、即座に彼女を追いかけていた男をKOしてしまうレオ。

しかし倒した相手は何と刑事・大伴(大森南朋)!?

実は大伴はヤクザの加瀬(染谷将太)と裏で手を組み、父の借金を背負って働かされているモニカを利用して、ヤクザの資金源となる“ブツ”を横取りしようとしていたのでした。

一度はモニカを見捨てようとしたレオでしたが、その境遇などにほだされ、またどうせ先の短い我が命ならばと、彼女と行動を共にすることを決意します。

かくして刑事とヤクザの双方に追われることになったレオとモニカ。

一方、なくなったブツを管理していた下っ端組員のヤス(三浦貴大)を殺された恋人のジュリ(ベッキー)や、一連の事件をチャイニーズ・マフィアのしわざと勘違いしたムショ帰りの権藤(内野聖陽)、売られた喧嘩は買いましょうとばかりに兵力を集めるチャイニーズ・マフィアの面々などなど、事態はいつしか複雑怪奇にさまざまなワルどもを巻き込み、絡み合いながら、やがてここまでやられると、もはや笑わずにはいられないほど(?)壮絶な抗争劇の幕が開けてしまうのでした!

(……しかし、このストーリーでどこをどうすれば『初恋』になるの!?)


    ライタープロフィール

    増當竜也

    増當竜也

    増當竜也 Tatsuya Masutou 鹿児島県出身。映画文筆。 朝日ソノラマ『宇宙船』『獅子王』、キネマ旬報社『キネマ旬報』編集部を経て、フリーの映画文筆業に就く。 取材書に『十五人の黒澤明』(ぴあ刊)、『特撮映画美術監督・井上泰幸』(キネマ旬報社刊)など。 編集書に『40/300 その画、音、人』(佐藤勝・著)『神(ゴジラ)を放った男/映画製作者・田中友幸』(田中文雄・著)『日記』(中井貴一・著)『日記2』(中井貴一・著)『キネ旬ムック/竹中直人の小宇宙』『同/忠臣蔵映画の世界』『同/戦争映画大作戦』(以上、キネマ旬報社刊) その他、パンフレットやBD&DVDライナーノートへの寄稿、取材など多数。 ノヴェライズ執筆に『狐怪談』『君に捧げる初恋』『4400』サードシーズン(以上、竹書房刊) 現在『キネマ旬報』誌に国産アニメーション映画レビュー・コーナー『戯画日誌』を連載中。近著に『映画よ憤怒の河を渉れ 映画監督佐藤純彌』(DU BOOKS刊)がある。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com