観たらお酒が飲みたくなる!『吉田類の「今宵、ほろ酔い酒場で」』

こんにちは、八雲ふみねです。

今回ご紹介するのは、6月10日から公開された『吉田類の「今宵、ほろ酔い酒場で」』。
お酒好きにはタマりませんっ!!!

八雲ふみねの What a Fantastics! ~映画にまつわるアレコレ~ vol.109

“飲んべえ”の神様・吉田類、銀幕デビュー!

酒場という聖地へ酒を求め、肴を求めさまよう…。

首都圏各地のレトロな大衆居酒屋を訪れる人気長寿番組「吉田類の酒場放浪記」。

2003年の放送開始からじわじわと人気を集め、いまではもっとも人気の高いBS番組のひとつにまで成長しました。

その案内人を務めるのが、酒場詩人の吉田類。たまたま通りがかってちょっと立ち寄ってみましたよ〜的なノリでお店を訪れ、店内のお客さんと一緒に盛り上がる姿は、さながら自宅にいながらにして酒場気分が味わえると、世代を超えて酒好きたちの絶大な支持を集めています。

そんな“飲んべえ”のアイドル、吉田類がついに映画初出演にして初主演!

極上のホロ酔いムービーが誕生しました。

居酒屋の数だけ人生がある。お酒にまつわる人間模様に笑って泣いて…。

映画もやっぱり吉田類さんが酒場を放浪するドキュメンタリーかと思いきや、これが人情あふれるオムニバスドラマ。3つの居酒屋を舞台に、主人公が立ち寄った居酒屋での人間模様が綴られます。

何故か人生のチャンスに見放された者ばかり集まる居酒屋に恋人との駆け落ちを企む人気アイドルの山下絵里子が逃げ込んでくる第1話「居酒屋チャンス」。

ひとり居酒屋でささやかに夏休みを楽しもうとしていた平凡なサラリーマン・日暮義男だったがお目当ての店は閉店。

偶然入った居酒屋で次から次へと災難に巻き込まれる第2話「どつぼ酒場」。巨額詐欺の疑いで警察から行方を追われていたファンド会社の社長・森本勝也が、自ら命を絶つ前に人生最後の一杯に選んだのは、故郷・高知の名酒。

その懐かしいふるさとの香りと味につられ、少年時代の出来事に思いを馳せる第3話「ふるさと酒場土佐っ子」。

各話の案内役と第3話の主演を務めるのは、吉田類。

第2話では伊藤淳史が、第1話では松本妃代が主役を演じ、見事な酔いっぷりを披露しています。

意外にもホロリときてしまう?! 吉田類の哀愁あふれる芝居は必見。

オリジナルストーリーを展開しながらも、「酒場放浪記」のように“一緒にお酒を飲んでる感”が伝わってくる本作。

スクリーンという“垣根”を感じさせないのは、酒場詩人・吉田類のなせるワザでしょうか。舞台となった3つの居酒屋は、もちろん実在するお店。

映画を観てから、実際に足を運んでみると二度楽しめることでしょう。

そして言うまでもなく、吉田類が手にするグラスに入っているのは、ホンモノのお酒。酔えば酔うほど哀愁を帯びてくる、まさに酔拳を地でいく彼の演技にも注目です。

舞台挨拶でもやっぱり、飲む!!!前代未聞の“飲み会”トークショーに上機嫌!?

お酒をテーマにした映画ですから…。
劇場公開に先駆けて開催された完成披露イベントも公開初日の舞台挨拶も、ともに“飲み会”トークショー付き上映会と相成りました。

お客様にもお酒とおつまみが配られ、会場は居酒屋モード。

ジョッキ片手に吉田類さんが、登場すると握手、ハイタッチ、乾杯を求める“飲んべえ”、いやもとい、類さんファン。
さすが、“飲んべえ”のアイドルですっ!

初日は鑑割りでお祝いしました。

登壇者は両日ともに吉田類さん、伊藤淳史さん、松本妃代さん、長尾直樹監督。

「類さんと一緒に飲みたくて、この映画を作りました」と、笑顔の長尾監督。

「こんな(お酒を飲みながらの)舞台挨拶は初めて。皆さん、これが普通だと思わないで下さい」と客席に訴えかけ笑いを誘う、伊藤さん。

「最近、いろんなお酒を試しています」と、初々しい松本さん。

そして「眠気を覚ますのにいちばん良いのは、お酒なんです!」とステージ上でもグビグビ、トーク中に“おかわり”を何度したのかさえ不明な類さん。

数々の映画イベントで司会をさせていただいている八雲ふみねではありますが、登壇者も観客もお酒を飲みながら…というスタイルは初体験。

「お酒は、健康、幸せ、喜びのために飲むもの」という類さんの言葉どおり、笑いが止まらない舞台挨拶となりました。

ところで気になるのが、吉田類さんの日頃の酒量。

聞くところによると、ビールは“お酒”に換算しないらしく「ビールだけ飲む日は“休肝日”」とのことでした。

作品情報

吉田類の「今宵、ほろ酔い酒場で」
2017年6月10日から角川シネマ新宿ほか全国ロードショー
監督:長尾直樹
出演:吉田類、伊藤淳史、松本妃代、菅原大吉、戸田昌宏、津田寛治 ほか
©『吉田類の「今宵、ほろ酔い酒場で」』製作委員会
公式サイト http://horoyoi-sakaba.jp/

(文:八雲ふみね)

八雲ふみね fumine yakumo

八雲ふみね大阪市出身。映画コメンテーター・エッセイスト。
映画に特化した番組を中心に、レギュラーパーソナリティ経験多数。
機転の利いたテンポあるトークが好評で、映画関連イベントを中心に司会者としてもおなじみ。
「シネマズ by 松竹」では、ティーチイン試写会シリーズのナビゲーターも務めている。
八雲ふみね公式サイト yakumox.com

関連記事

主役は、玉山鉄二から谷原章介へ。「連続ドラマW 犯罪症候群 Season2」
上戸彩が『昼顔』で見せたエロティシズムは男女問わず受け入れられる
まるで“バイオハザードの原点回帰”!『バイオハザード:ヴェンデッタ』
『メッセージ』の答えは、あなた自身の中にある
癌を患った夫、若年性アルツハイマー病の妻、二人の絆『八重子のハミング』

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com