『星屑の町』レビュー:映画(実写)にお帰り、のんちゃん!昭和歌謡おやじコーラスとのコラボも最高!

(C)2020「星屑の町」フィルムパートナーズ 

『星屑の町』という舞台をご存じでしょうか?

1994年から25年にわたって全7作が公演されて愛され続けた大ヒット・シリーズがついに映画化!

数々の昭和歌謡に乗せて繰り広げられる、売れないおやじコーラスグループの喜怒哀楽は昭和も平成も令和も関係なく、永遠不滅の面白さを誇るとともに、舞台から映画への変換もまた大成功!

そして今回の映画化における大きな魅力のひとつに……

《キネマニア共和国~レインボー通りの映画街445》

のんがヒロインに抜擢されていることなのでした!

売れないコーラスグループと
歌手志望の娘のコラボ!?

『星屑の町』という、いかにも昭和歌謡のようなタイトルにふさわしく、本作は長年鳴かず飛ばずの売れないコーラスグループ「山田修とハローナイツ」のお話です。

メンバーは、大手レコード会社の社員からいつのまにか歌う側に回ってしまったリーダー山田修(小宮孝泰)。

ボーカルは、大阪のミナミでくすぶっていた歌手・天野真吾(太平サブロー)。

コーラスはリーダーと、お調子者の市村敏樹(ラサール石井)、人情肌の込山晃(渡辺哲)、ひねくれ者の青木五郎(有薗芳記)、そして西一夫(でんでん)はハローナイツの借金を肩代わりするのを条件に、博多の焼き鳥屋と4人の子どもを妻に任せてメンバーになった途中参加者。

また、これといったヒット曲もないベテラン歌手のキティ岩城(戸田恵子)も、彼らと一緒に地方を回りながら細々と活動を続けています。

そんなあるとき、山田の生まれ故郷である東北の田舎町の青年団の誘いで、「山田修とハローナイツ」は歌謡ショーのためにやってきました。

彼らを出迎えたのは、修の弟・英二(菅原大吉)とその息子で青年団の啓太(小日向星一)、スナックの美人ママ治美(相築あきこ)とその娘・愛(のん)たち。

啓太は愛に恋心を寄せていますが、彼女はかつて歌手にしてあげると騙されて上京し、出戻ってきた苦い過去がありますが、今でも夢をあきらめていません。

やがてスナックで酔っ払った市村が、うっかり歌手にしてやると言ってしまったことから、翌日彼らの控室に愛がやってきてしまいます。

すったもんだの末に、愛の歌を聴いてみようということになりますが、これがまた実に上手くて……。

果たして「山田修とハローナイツ」は愛をメンバーの一員にするのか? それとも冷たく見捨てるのか?

一方、メンバー内でもこれまでの確執が一気に噴出し、ついには独立騒動まで持ち上がってしまうのですが……。


    ライタープロフィール

    増當竜也

    増當竜也

    増當竜也 Tatsuya Masutou 鹿児島県出身。映画文筆。 朝日ソノラマ『宇宙船』『獅子王』、キネマ旬報社『キネマ旬報』編集部を経て、フリーの映画文筆業に就く。 取材書に『十五人の黒澤明』(ぴあ刊)、『特撮映画美術監督・井上泰幸』(キネマ旬報社刊)など。 編集書に『40/300 その画、音、人』(佐藤勝・著)『神(ゴジラ)を放った男/映画製作者・田中友幸』(田中文雄・著)『日記』(中井貴一・著)『日記2』(中井貴一・著)『キネ旬ムック/竹中直人の小宇宙』『同/忠臣蔵映画の世界』『同/戦争映画大作戦』(以上、キネマ旬報社刊) その他、パンフレットやBD&DVDライナーノートへの寄稿、取材など多数。 ノヴェライズ執筆に『狐怪談』『君に捧げる初恋』『4400』サードシーズン(以上、竹書房刊) 現在『キネマ旬報』誌に国産アニメーション映画レビュー・コーナー『戯画日誌』を連載中。近著に『映画よ憤怒の河を渉れ 映画監督佐藤純彌』(DU BOOKS刊)がある。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com