さんみゅ~初主演映画 『JK中野~退屈な休日~』撮影現場ルポ!

■「キネマニア共和国」

“アイドル戦国時代”と呼ばれて久しい今のアイドル業界ですが、ここに至って久々に、日本映画界が誇る80年代アイドル映画の香りをたたえた作品が誕生しそうな予感です。

《キネマニア共和国~レインボー通りの映画街 vol.45》

アイドル・グループ“さんみゅ~”主演の映画『中野JK~退屈な休日~』の撮影現場を訪問してきました!
さんみゅ~勢揃い!

懐かしくも明るく清楚なオーラを漂わせる
7人のアイドル・グループ!

さんみゅ~は1980年代のアイドル文化華やかなりし頃に松田聖子や早見優、岡田有希子など数々のスーパーアイドルを輩出したサンミュージック・グループが送り出した7人組(木下綾菜、小林弥生、新原聖生、西園みすず、野田真実、長谷川怜華、山内遥)のアイドル・グループです。

13年にメジャー・デビューを果たし、現在9枚目のシングル『トゲトゲ』がオリコンウィークリーランキング第5位にランキングされるなど精力的に活躍中の彼女たちは、どこか80年代正統派アイドルの懐かしくも明るく清楚なオーラを漂わせつつ、今の時代に見合った「静」と「動」のメリハリを利かせた心地よい新しさを伴いながら多くのファンを魅了し続けています。
①CDシングル『トゲトゲ』さんみゅ~最新CDシングル『トゲトゲ』好評発売中。
なお、TypeA & 通常盤カップリング曲『僕はココにいる』が映画主題歌、TypeBカップリング曲『Good Bye~笑顔のままで~』が挿入歌となります。

さて、そんなさんみゅ~が初主演する映画『中野JK~退屈な休日~』ですが、簡単に記すと彼女らが扮する女子高校生たちが学校をさぼって1日中、中野の街を闊歩するという不思議感覚の作品です。

監督は中田圭。『ホーク/B計画』(98)『新宿インシデント』(08)など香港映画界に精通する俳優として、また『0&1』(01)『非金属の夜』(13)など数々のクール&バイオレンス映画の演出で定評のある彼ですが、アイドル映画はおろか血が流れない映画はこれが初体験⁉

もっとも大の映画ヲタクが高じて映画界に飛び込んだ彼の映画的知識は他の追従を許さないものがあり、今回も「街と少女」をモチーフに、フランスのエリック・ロメール監督作品のような、夏のまばゆくも淡い光の下で少女たちを活写しつつ、日本映画界が誇る80年代アイドル映画をリスペクトしたものにしたいと意欲を燃やして本作に取り組むことになりました……。

緊張の中にもほっこりほんわかな
初日の撮影現場

8月も半ばを過ぎた某日午前7時半、中野の駅から近い中野四季の森公園にスタッフ&キャストが集合。夏真っ盛りでさぞ暑かろう……と覚悟していたら、この日は朝まで雨で、意外やヒンヤリ⁉ 「暑くて汗かくより、このくらいのほうが撮影しやすくていいですよ」と、初日を迎えて緊張の中にも余裕がうかがえる中田監督。

まもなくして、さんみゅ~の木下綾菜、西園みすず、野田真実のお三方が到着。それまでぐずついた天気でどんより気分だった現場の空気が、パアッと一気に明るく爽やかに変わったのに、まずびっくり(これがアイドルのオーラというものか!)。
②木下綾菜学校をエスケープして街に繰り出すノーテンキな主犯みゆき(木下綾菜)

③西園みすずみゆきに振り回されながらも、突っ込みは欠かさないまみ(西園みすず)

④野田真実一見周囲に流されているようで、美味しいところはいただくともみ(野田真実)

記念すべき最初の撮影シーンは、学校をさぼって公園にやってきたみゆき(木下綾菜)、まみ(西園みすず)、ともみ(野田真実)の3人が、ゾンビの真似をした小さな女の子(扮するは、監督の友人でもある映画評論家ジャンクハンター吉田さんの愛娘・吉田美桜ちゃん)に驚かされるシーン。
ただしこのゾンビちゃん、いや美桜ちゃん、恥ずかしがってなかなか監督の指示通りに動いてくれず、早くもトラブル勃発か⁉ と思いきや、そんな少々おむづかりのご様子を目の当たりにしたさんみゅ~の面々が「かわい~い!」の連発。
現場も妙にほっこりし始め、おかげで美桜ちゃんも徐々に打ち解けてきて、何とか撮影はクリア。

この時点で、撮影初日の緊張みたいなものも和らぎ、ほんわかした雰囲気が全体に漂い始めていきます。
子役の吉田美桜ちゃんと一緒に子役の吉田美桜ちゃんと一緒に

続いてはバスに乗っての撮影で、関東バスのゆるキャラ“かんにゃん。”がバス停にてお出迎え。ここでもさんみゅ~のお三方、思わず黄色い悲鳴をあげながら“かんにゃん。”に手を振り~の、抱きつき~の、写メを撮り~の、と大はしゃぎ!
また、そんな光景をスタッフが微笑ましく眺めつつ撮影の準備をし続けていくうちに、現場のほっこり気分は増していくばかりなのでした。

長回し撮影を果敢にこなす
演技への意欲

一方で彼女たち、少しでも時間があると台詞の読み合わせを始めたり、役に関する感情や仕草などなどわからないところは積極的に監督に質問したりと、なんとも意欲満々の姿勢。
実際、リハーサルの時点で台詞をとちることもほとんどなく、おかげで基本的にリハ1回本番1回でOKと、撮影の効率もすこぶるよいのです。

そんな彼女たちを見て「ここまでやれるのなら……!」と、中田監督は電車の線路沿いを3人が歩くシーンを、カットを割らずに長回しで撮ることを決定。

もともと80年代の日本のアイドル映画は、相米慎二監督の『セーラー服と機関銃』(81)を代表格に長回し撮影が非常に多いのが特徴で、その緊張感の中からアイドル個々のリアリティを醸し出していくものでしたが、彼女たちならそれが可能なのではないかという監督の賭けは……見事に成功!

お三方とも実に自然な佇まいで、どこかけだるい夏の散歩を体現してくれました。

これを機に、その後の撮影は長回しがどんどん増えていくことになりますが、彼女たちはまったく臆することなく、果敢に挑んではスタッフを感嘆させていくことになります。

■「キネマニア共和国」の連載をもっと読みたい方は、こちら


    ライタープロフィール

    増當竜也

    増當竜也

    増當竜也 Tatsuya Masutou 鹿児島県出身。映画文筆。 朝日ソノラマ『宇宙船』『獅子王』、キネマ旬報社『キネマ旬報』編集部を経て、フリーの映画文筆業に就く。 取材書に『十五人の黒澤明』(ぴあ刊)、『特撮映画美術監督・井上泰幸』(キネマ旬報社刊)など。 編集書に『40/300 その画、音、人』(佐藤勝・著)『神(ゴジラ)を放った男/映画製作者・田中友幸』(田中文雄・著)『日記』(中井貴一・著)『日記2』(中井貴一・著)『キネ旬ムック/竹中直人の小宇宙』『同/忠臣蔵映画の世界』『同/戦争映画大作戦』(以上、キネマ旬報社刊) その他、パンフレットやBD&DVDライナーノートへの寄稿、取材など多数。 ノヴェライズ執筆に『狐怪談』『君に捧げる初恋』『4400』サードシーズン(以上、竹書房刊) 現在『キネマ旬報』誌に国産アニメーション映画新作すべてのレビューをめざす『戯画日誌』、『衛星劇場プログラムガイド』誌に、毎月オンエアされる松竹映画名作群の見どころなどを紹介する『シネマde温故知新』を連載中。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com