切なくてきゅんとなる!ジョン・ヒューズ監督製作の青春ラブストーリー2選

2009年にこの世を去ったジョン・ヒューズ監督。大ヒットした『ホーム・アローン』の製作などで知られていますが、もともとは、青春映画の旗手として名を馳せた人です。

今回は、ジョン・ヒューズ監督が製作を手がけ、『隣のヒットマンズ 全弾発射』『リプレイスメント』などで知られるハワード・ドイッチ監督がメガホンをとった青春映画2本を紹介したいと思います。どちらも、恋する女子の姿がとても切ない珠玉の名作です!

身分違いの恋に悩む青春ストーリー『プリティ・イン・ピンク/恋人たちの街角』

プリティ・イン・ピンク/恋人たちの街角

「ピンクが似合う」というタイトルどおり、ピンクの服がぴったりはまるキュートなモリー・リングウォルド主演のこの作品。

貧しい父子家庭に暮らす主人公のアンディは、成績優秀でおしゃれな女の子。彼女は、同じ高校に通うお金持ちの御曹司・ブレーン(アンドリュー・マッカーシー)と恋に落ちます。幼なじみの不良少年・ダッキー(ジョン・クライヤー)が止めるのも聞かず、恋を貫こうとするアンディですが、ブレーンと自分の身分の差に苦しむことに。

【きゅんとなるポイントはココ!】初デートでおしゃれしたのに…

貧しい家に暮らすアンディ。高い服は買えないけれど、古着やお手製の服、小物を駆使しファッションでいつもおしゃれに決めています。
ブレーンとの記念すべき初デートでも、自分なりのおめかしをした彼女。しかし、いざ二人で出かけて、ブレーンが口にした言葉は、「着替える?」
そう、裕福なブレーンからすると、アンディの服装は、普段着にしか見えなかったよう。
ブレーンの問いかけに「着替えたわ」と答えるアンディ。
悪気のなかったブレーンはあやまりますが、アンディは顔を少し伏せます
憧れの彼とのデート、精一杯おしゃれしてきたのに…短いやりとりですが、アンディのかすかな胸の痛みがよく伝わってきます。

劇中でブレーンには普段着に見えてしまったようですが、この作品でのモリー・リングウォルドのファッションは、とてもカラフルでキュート。
公開当時、アメリカではモリーの格好を真似た“リングレッツ”と呼ばれる女の子たちが急増したそうですが、この映画のモリーのおしゃれは、今見ても参考になるところがあるはずです。


    ライタープロフィール

    田下愛

    田下愛

    フリーランス・ライター。雑誌、書籍、Webメディアで、幅広いジャンルの仕事をこなして活動中。ファンタジー映画が大好物で、『オズの魔法使い』『ナルニア国物語』『アリス・イン・ワンダーランド』など、魔法やおとぎの国を扱った作品にはすぐ飛びついてしまいますが、一方、『レインマン』のような人間をきっちり描いたドラマも好き。石ノ森章太郎先生をリスペクトする昭和特撮フリークでもあります。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com