『美女と野獣』が興収114億円を突破し、歴代21位に!

先週末(2017年6月17日~18日)の全国映画興行ランキング(興行通信社発表)の詳細をお届けします。

全国映画興行ランキング


1位(→)『22年目の告白−私が殺人犯です−』

2位(↑)『美女と野獣』
3位(↓)『昼顔』
4位(NEW)『こどもつかい』
5位(NEW)『劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女』
6位(NEW)『キング・アーサー』
7位(↓)『花戦さ』
8位(↓)『ちょっと今から仕事やめてくる』
9位(↓)『LOGAN/ローガン』
10位(↓)『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』

藤原竜也主演の『22年目の告白−私が殺人犯です−』が土日2日間で動員18万7000人、興収2億6200万円をあげ2週連続で首位を獲得しました。

(C)2017 映画「22 年目の告白-私が殺人犯です-」製作委員会

また、『美女と野獣』が前週の3位から2位へと順位を上げ、興収114億円を突破。興行ランキングの歴代ランキングでは21位へ浮上しました。
美女と野獣 場面写真1

(C)2016 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

滝沢秀明主演の『こどもつかい』は初登場4位に登場。土日2日間で動員12万人、興収1億5000万円をあげました。
こどもつかい

(C)2017「こどもつかい」製作委員会

シリーズ累計発行部数790万部突破の人気ライトノベルから、2014年にテレビアニメ化された『劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女』は5位に初登場。59館という小規模公開ながら土日2日間で動員10万7000人、興収1億6300万円をあげる大ヒットとなっています。

また6位も初登場。『シャーロック・ホームズ』のガイ・リッチー監督が、アーサー王伝説をモチーフに手がけたソードアクション『キング・アーサー』がランクインしました。
キング・アーサー

(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.

以上、今週のランキング(詳細)でした。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com