“殺カレ死カノ” “地獄少女”など脱キラキラ化し始めた日本の青春映画たち

(C)2019「羊とオオカミの恋と殺人」製作委員会 (C)裸村/講談社 

少女漫画やアニメなどを原作にティーンを中心にした可愛らしい恋愛ドラマを繰り広げていくキラキラ映画のジャンルは、日本映画の主流の一つとなって久しいものがあります。

もっともどんなジャンルであれ、あまりにも大量に作られすぎると飽きられてしまうのも本音のところで、キラキラ映画にしても過剰供給ゆえに興行成績が以前より振るわなくなってきているのも実情(とはいえ、12月に公開される橋本環奈主演の『午前0時、キスしに来てよ』みたいに、オススメしたい楽しい佳作も今なおちゃんと存在しています)

またキラキラ映画を楽しんでいた観客側も徐々に年齢を重ね、従来のノリからさらに一歩踏み込んだ青春恋愛映画を望んできているような気もしてなりません。

作る側もようやくそういったニーズを察知するようになったか、11月だけでも『殺さない彼と死なない彼女』『わたしは光をにぎっている』『羊とオオカミの恋と殺人』といった異色かつ珠玉の青春映画が公開……

《キネマニア共和国~レインボー通りの映画街419》

確実に時代が変わってきた感を抱かせる秀作ばかりなのでした!

3組の物語が感動の涙を誘う
『殺さない彼と死なない彼女』

(C)2019 映画「殺さない彼と死なない彼女」製作委員会

何とも不可思議なタイトルの映画『殺さない彼と死なない彼女』(現在公開中)ですが、これはTwitterに投稿された漫画家・世紀末の4コマ漫画を原作に、『ぼんとリンちゃん』(14)などの秀作で知られる小林啓一監督のメガホンで映画化したもの。

ここでは高校生が織り成す3つのエピソードが同時進行していきます。

何かと「殺すぞ」を口癖に退屈な日常を過ごしている少年・小坂(間宮祥太郎)と、リストカット常習者の死にたがり少女・鹿野(桜井日菜子)。

恋愛に奔放ながらもどこか不安定なきゃぴ子(堀田真由)と、彼女の幸せを願いつつ、ついつい憎まれ口を叩いてしまう親友の地味子(恒松祐里)。

地味子の弟であまり感情を表に出さない八千代(ゆうたろう)と、そんな彼にめげることなく熱烈ラブ・アピールを続けていく撫子(箭内夢菜)。

これら別々のエピソードがやがてひとつに絡まっていくのかいかないのか、といった筋の詳細などは作品の性質上記すことはできませんし、あまりこれ以上の予備知識は入れずに鑑賞したほうが得策ではありますが、かなり大胆不敵な作劇はそのショックも相まって、相当数の観客の涙腺を破壊してしまうこと必定。

何よりもそれぞれのエピソードが見事に現代性を帯びつつ、純粋であるが故に不器用にふるまってしまう思春期ならではの繊細な趣きを巧みに描出しています。

特筆すべきは野村昌平キャメラマンによる映像構築で、自然光を巧みに活かしながらの流麗なキャメラワークは個々の登場人物の心情の揺れまで見事に描出しています。

SNSでは既に絶賛のコメントが #殺カレ死カノ のハッシュタグとともに飛び交っています。


    ライタープロフィール

    増當竜也

    増當竜也

    増當竜也 Tatsuya Masutou 鹿児島県出身。映画文筆。 朝日ソノラマ『宇宙船』『獅子王』、キネマ旬報社『キネマ旬報』編集部を経て、フリーの映画文筆業に就く。 取材書に『十五人の黒澤明』(ぴあ刊)、『特撮映画美術監督・井上泰幸』(キネマ旬報社刊)など。 編集書に『40/300 その画、音、人』(佐藤勝・著)『神(ゴジラ)を放った男/映画製作者・田中友幸』(田中文雄・著)『日記』(中井貴一・著)『日記2』(中井貴一・著)『キネ旬ムック/竹中直人の小宇宙』『同/忠臣蔵映画の世界』『同/戦争映画大作戦』(以上、キネマ旬報社刊) その他、パンフレットやBD&DVDライナーノートへの寄稿、取材など多数。 ノヴェライズ執筆に『狐怪談』『君に捧げる初恋』『4400』サードシーズン(以上、竹書房刊) 現在『キネマ旬報』誌に国産アニメーション映画レビュー・コーナー『戯画日誌』を連載中。近著に『映画よ憤怒の河を渉れ 映画監督佐藤純彌』(DU BOOKS刊)がある。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com