あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

【最速レビュー】『ブラック・ウィドウ』、物語を紐解く「5つ」のキーワード

(c)Marvel Studios 2021



ファン待望の『ブラック・ウィドウ』が2021年7月8日(Disney+での配信は翌日、7月9日)よりいよいよ公開。延期を繰り返しながら、満を持して映画館にマーベル・シネマティック・ユニバースが還ってきます。

2008年の『アイアンマン』からスタートしたMCU=マーベル・シネマティック・ユニバースは、いわゆる『アベンジャーズ』を冠した4タイトルを頂点にこれまで23作品の映画が公開されてきました。

映画の中ではあらゆる困難を乗り切るスーパーヒーローですが、新型コロナウィルス感染拡大には勝てず、『アベンジャーズ/エンドゲーム』からは2年2ヵ月以上、『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』から数えても2年以上、映画館にマーベル・シネマティック・ユニバースが登場しないという、大きい空白が生まれてしまいました。

サブスクリプションサービス・Disney+(ディズニープラス)で、映画の本筋と深く関わる内容の「ワンダヴィジョン」「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」「ロキ」が配信されていましたが、やはり映画館のスクリーンで“MARVEL STUDIOS”のロゴが見たいもの。

今回はひと足お先に鑑賞できたので、レビュー解禁に合わせて最速で本作を紐解きます。

※『ブラック・ウィドウ』本編についてはネタバレはしておりませんが、2019年の映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』につきましては一部ネタバレ要素に触れています。

 ブラック・ウィドウのこれまで

2010年公開の『アイアンマン2』でスカーレット・ヨハンソンが演じる形でMCUに初登場したブラック・ウィドウ=ナターシャ・ロマノフ。

以降『アベンジャーズ』『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』『アベンジャーズ/エンドゲーム』と計7作品にメインキャラクターとして登場、『エンドゲーム』で彼女が下した決断には涙した人も少なくないでしょう。

映画『ブラック・ウィドウ』は『シビル・ウォー』と『インフィニティ・ウォー』の間の時期をメインにしつつ、ナターシャ・ロマノフの少女時代から、特務機関“S.H.I.E.L.D”のエージェントになりたてのころのエピソードを絡めつつ、彼女が“家族”というものにどれだけ強い思いを抱いていたか?『エンドゲーム』での彼女の決断の裏側に何があったのか?が描かれています。



主演はもちろんスカーレット・ヨハンソン。10年に渡ってブラック・ウィドウを演じてきた彼女のMCU卒業作品でもあります。

共演には『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』でアカデミー賞にノミネートされたフローレンス・ピュー。さらに、アカデミー賞女優のレイチェル・ワイズ、デヴィッド・ハーバー、O.T.ファグベンル、MCUに“サンダーボルト”ロス将軍役で複数回登場しているウィリアム・ハートなどが顔を揃えています。

監督のケイト・ショートランドは『キャプテン・マーベル』のアンナ・ボーデンに続き二人目のMCU女性監督となります。今年公開予定のMCU大作『エターナルズ』も『ノマドランド』クロエ・ジャオ監督がメガホンをとっていて、アメコミ大作映画にも女性クリエイターの進出が目立っています。(DCコミックの『ワンダーウーマン』シリーズも女性監督のパティ・ジェンキンス監督作品ですね)

あらすじ



物語は『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』の直後から始まり、ヒーローの活動について制約を定めたソコヴィア協定を巡ってキャプテン・アメリカとアイアンマンが対立し、アベンジャーズは内部分裂(シビル・ウォーは内戦を意味します)した状態にあります。

最終的にキャプテン・アメリカの側につき、追われる身となったブラック・ウィドウ=ナターシャ・ロマノフは世界各地を転々とする中で“家族”と再会します。

アベンジャーズを“家族”と呼び、クールな表情を崩すことのなかったブラック・ウィドウですが、実は彼女にはかつてアベンジャーズとは違った“家族”を持っていたのでした。

そして、ブラック・ウィドウは自身の過去にも深く関わる事柄を知るに至り、妹のエレーナ、母親のメリーナ、父親でロシア(旧ソ連)のキャプテン・アメリカことレッド・ガーディアンでもあるアレクセイと再会を果たします。



全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 映画ブラック・ウィドウを紐解く5つのポイント

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録