暗い・だるい・激しい…松本潤が魅力的な映画『ナラタージュ』

ナラタージュ ロゴ

(C)2017「ナラタージュ」製作委員会

2017年10月7日(土)より劇場公開中の映画『ナラタージュ』。

葉山先生をさんが務め、その相手役・工藤泉を有村架純さん、三角関係ともとれる小野怜二を坂口健太郎さんが演じました。

筆者は原作となった島本理生さんの同名小説をすでに読んでいたので、ストーリー展開を知っていましたし、実際、映画を観て、原作に忠実な印象を受けました。

しかしまだ内容を知らない方には、あまり前情報を入れずに観て欲しい作品です。ですので、今回の「シネマズ女子部」では内容に触れず、松本潤さんの過去作品、そして『ナラタージュ』の葉山先生がどんなキャラクターなのかを探っていきたいと思います。

決して少なくはない、松本潤の“陰”な役

『ナラタージュ』を観て、「こんな松本潤、観たことない!」という印象を抱いている人も多いかもしれませんが、筆者はさほど驚きませんでした。というのも、これまでの松本さんの出演作を考えたときに、デフォルメされたキャラクターを多数演じてきた一方で、定期的に見られた“陰”なキャラクターも際立っていたからです。

過去作品と比べても『ナラタージュ』はその極みと言えるかもしれませんが、明るい、暗いとあえて2つに分けるとするならば、それほど珍しさはありません。

映画『僕は妹に恋をする』(2007)

小学館文庫 僕は妹に恋をする
妹と両思いで恋をする兄を演じた松本さん。高校生にありがちなクールなキャラクターとも取れますが、少なくとも決して明るい人ではありませんでした。その分、妹への切実な想いが浮き彫りになっていたとも言えます。

筆者は、『花より男子』シリーズをリアルタイム視聴しておらず、松本潤さんを初めて認識したのがこの作品だったので、余計に「暗め」なキャラクターに馴染みがあるのかもしれません。

ドラマ『スマイル』(TBS、2009)

松本さんはフィリピン人のハーフを演じ、新垣結衣さんが失声症を抱えた女性を演じていました。

松本さんが演じたビトは、表向き明るいのですが、日本人とフィリピン人のハーフであるという自身の背景にコンプレックスを抱いていましたね。さらに、無実の罪を着せられるなどの困難があることで、暗さ、気性の激しさ、弱さも描いていました。

映画『陽だまりの彼女』(2013)

陽だまりの彼女 (新潮文庫)

ファンタジー要素のある、少し不思議な出来事を描いた作品ですが、松本さんが演じた奥田は、気弱でどちらかと言うと隠な印象のキャラクターでした。

作品を通じて暖かく穏やかな作品ではあるのですが、結婚相手となった渡来真緒(上野樹里)の食欲がなく痩せていく部分では、心配のあまりつい声が大きくなってしまったこともありました。

その後、真緒がいなくなってからも、暗い日々のなかの、気落ちした奥田がいましたね。

ドラマ『99.9 ー刑事専門弁護士ー』(TBS、シーズン1 / 2016年4月クール、シーズン2 / 2018年1月クール)

99.9-刑事専門弁護士-(上)

シーズン1の時から感じていましたが、これもかなり背景の暗いキャラクターではないでしょうか。ただその詳細はシーズン1では明かされないままで、不透明な部分が多いですが、おそらく、暗い部分(過去)を持っているでしょう。

ただ表向きに余裕があって飄々として明るい様子は『スマイル』とも通じる部分があるかもしれません。
シーズン2は2018年1月スタートですので、待ち遠しいですね。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事