『愛してたって、秘密はある。』で福士蒼汰の魅力を堪能!5分でドラマ振り返りも

本日、日曜22:30からの放送で最終回を迎える、日本テレビ系ドラマ『愛してたって、秘密はある。』。

主演の福士蒼汰さんが26歳の司法修習生の黎(れい)を演じており、婚約者の爽(さわ)に川口春奈さん、ほかに遠藤憲一さん、鈴木保奈美さん、賀来賢人さんら豪華キャストが出演中です。

そこで、今回の「シネマズ女子部」では、これまでのドラマの振り返りと、主演の福士蒼汰さんの今作での魅力を語りたいと思います!

※1〜5話のあらすじはこちらから

5分でわかる「愛ある。」6〜9話のストーリー

「愛ある。」第6話

黎(福士蒼汰)が爽(川口春奈)に渡そうとした婚約指輪は、黎の両親の結婚指輪(死んだ父親のもの)にすり替わっていた。誰が仕組んだんのかわからないままだったが、黎は爽との結婚を認めてもらうために、就職活動に邁進していた。

「愛ある。」第7話

黎が父親代わりに心を開いてきた風見(鈴木浩介)に、爽が襲われた過去が発覚。当時も爽は無傷で解放されたが、原因には爽の父親・立花(遠藤憲一)が関係しているようだった。さらに、以前から続いていた黎への嫌がらせも収まることがなく…。

「愛ある。」第8話

爽を襲った過去について自首すると言ったきり、行方がわからない風見。黎の母親・晶子(鈴木保奈美)は、これまでの嫌がらせが風見によるものだったと思い込むが、果たしてどうなのか。問題が何一つ解決しないなか、立花は娘である爽と黎の結婚に反対を続けている。

「愛ある。」第9話

事態は一変。黎の父である奥森(堀部圭亮)を殺したと、黎をかばって自首した母親。そんな中、黎の手に渡った父親の日記。黎は、彼なりに葛藤を抱えていたことを知り、殺されるべき人ではなかったと後悔する。そこで黎は、いよいよ爽に「父親を殺したのは自分だ」と告げる。

『愛ある。』で見られる福士蒼汰の魅力!

福士蒼汰さんはこれまでには多数の作品に出演されていますが、1つの作品で、これだけ多くの表情が見られるのは初めてではないでしょうか。

大学で爽に出会ったころは常にうつむきがちで、今でこそスーツを着こなしていますが、私服も決しておしゃれ、華やかとは言えませんでしたね。

そこから爽と恋に落ち、彼女想いな優しさを持っていながら、男らしく、また「福士蒼汰」のイケメンぶりを最大限に活かした黎に変わっていきました。

全10話を通じて、全体的には不気味で怖い場面が多いですが、爽の家で一緒にご飯を食べたり、ウエディングドレスの下見に行ったりした場面は、恋人らしい甘い時間を過ごしていましたね。

そうして変化していく中でも、嫌がらせで送られてくるメールや送り物に恐れている表情や、警察、まわりの人に対して嘘を貫き通すところなど、爽には見せない表情も。さらに、仲の良い友人・安達(白洲迅)と揉めてしまう場面もありました。

9話で、母親が自首をする場面で、呼び止める表情は子どもらしくて、見ていてドキっとさせられる表情でした。さらに、日記を読んだことで新たに知った事実に呆然として、爽に本当のことを告げるまでも変化がありましたね。

最終回の予告でも、爽にキツく当たる場面が描かれており、黎としてこれまでに見たことのない表情を見せていました。

ずっと隠してきた事実が明かされることによって、どんな心境の変化があるのか、また、それを福士蒼汰さんがどのように演じたのかも気になるところです。

まだ数々の謎が残っている『愛してたって、秘密はある。』

登場人物が巧妙に関わりあっていて、みなが黎の父親が死んだ、一連の問題に何らかの関係を持っているので、実は9話を終えた今でもまだ明らかになっていない部分も多いのです。

その中でも、特に9話で気になったのは爽の恩師でもある弁護士・香坂いずみ(山本未来)ではないでしょうか。パラリーガルの山田(柄本時生)とともに仕事をしながら、爽を精神的にも、また司法修習生としても支えていたのが香坂です。

ところが、9話で登場した、ストーリーの鍵を握っている「日記」。黎の手に渡る前には、すでに爽が日記を読んでいます。ではその前は?

香坂の弁護士事務所にある、爽専用の机に、日記が置かれていたことが発端です。そこに置いたのはなんと、香坂。これは視聴者にはわかるようになっていますが、爽自身も、もちろん黎も気づいていないことでしょう。

9話だけでなく、その少し前から不穏な空気感を漂わせていましたが、香坂はどうなるのでしょうか。

また、もう一人気になるのが、爽の兄である暁人(賀来賢人)。9話では、これまで反発していた父親を身を挺して助けようとする姿も。ストーリーの序盤から、存在感を放っていましたが、やっと家族思いな一面を覗かせました。

タイトルにある通り、それぞれの愛と秘密がどんな風に終結するのか楽しみですね。愛があるからこそ、隠し通したかったはずの秘密が暴かれていく中で、それぞれのキャラクターはどんな決断をし、結末を迎えるのでしょうか。

そして、黎としての福士蒼汰さんがみられるのも、今日が最後。ぜひ、お見逃しなく!

(文:kamito努)

【「シネマズ女子部」バックナンバー】
第22回・『ハイキュー!!』劇場版総集編が公開!キャラクター&作品の魅力に迫る!!
第21回・レンタル彼氏って…?『星降る夜のペット』染谷俊之の魅力、見どころを語る
第20回・高橋一生の“イケメン度”を4つの観点から測ってみた

以前の記事はこちらから

関連記事

5分でわかる『愛してたって、秘密はある。』と福士蒼汰の魅力!
『愛してたって、秘密はある。』3文でわかる振り返り!これからでも楽しめるポイント3つも紹介
まだ間に合う!ドラマ『愛してたって、秘密はある。』をこれからでも見てほしい3つの理由
福士蒼汰は昭和のヤンキー姿でも爽やか!『仮面ライダーフォーゼ』【篠宮暁の特撮辞典・第6回】
「過保護のカホコ」遂に明日最終回!最終回の内容は…!?

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事