山崎努さんの裸トークで盛り上がった!?映画『駆け込み女と駆け出し男』トークイベント

DSC08173_750
10月25日(日)に新宿ピカデリーにて東京国際映画祭のイベントの一環として、映画『駆け込み女と駆け出し男』のトークイベントが開催され、原田眞人監督と樹木希林さんが登壇ました。

今作は井上ひさしの歴史小説「東慶寺花だより」を原案に、離縁を求めて幕府公認の駆け込み寺である東慶寺に訪れる女たちと、聞き取り調査をする御用宿・柏屋の主の源兵衛(樹木希林)や居候の中村信次郎(大泉洋)など彼女たちを取り巻く人々を描いた人情劇。

名作を継承したテンポのいい時代劇

MCが「この映画には忘れてしまいがちな日本の美意識みたいなものが詰まっていて、特に若い方に観ていただきたい。難しい分かりづらい言葉もあるけれども、リズム感が心地いい」と今作を選んだ理由を語ると、原田監督も日本映画の時代劇のいい部分を忘れないようにしたいと思ったと話し、「例えば、お吟役の満島ひかりが具現してくれた体のさばき方ひとつにしても粋な芸者さんっていう。そういう動きは大映時代劇だと山本富士子さんだとか京マチ子さんだとか木暮実千代さんだとか、みなさんお上手だったんですよね。指導する監督さんもいたけど、今はフィルムとして残っているのでそういうものを観て研究して。それから『幕末太陽傳』のようなテンポのいい時代劇、あれが江戸っ子ですよね。そういうものを継承していきたいなと思って作りました」と具体的な例を出しつつ、目指したところをお話していました。
DSC08158_750
また本当は女性ながら男性として柏屋に立つ源兵衛を演じた樹木さん。
役柄に特別抵抗はなかったそうで、「現代ではああいうタイプの人は結構いますからね」と笑いを誘います。
先に話題にあがっていたセリフのテンポについても「ものすごい言葉の早さの中に、チャーミングな日本語もたくさん散りばめられていて。でもわからなくてもいいんじゃないか、って思いますね。いちいち引っかからなくても楽しめるんじゃないかと」と話し、御用宿のしきたりが説明されるシーンについても、源兵衛のセリフが長過ぎたために「みんなにセリフを差し上げました(笑)」とベテランの技で、監督をうまく誘導してセリフを減らしたことを明かしていました。

女性の活躍を描く次回作の展望も

源兵衛が男性の格好をしている女性だということから「名前を継ぐということも会ったと思うし、徳川家光の時に女性が二本差し禁止という御触れが出てるんですね。ということは、かなりの女性たちが二本差しをしていたということ。日本の歴史は勝者の歴史で、なおかつ男の歴史ですから、女性たちが活躍したケースというのは隠されちゃってるんですよね」と監督。
DSC08138_750
来年やるという戦国ものでは、女性の立場や役割が普通の戦国ものとは違うものになるだろう、と次回作の展望にも話が展開し、「集団時代劇をやる場合には『13人の刺客』でもなんでも、半分は女性にしますけど」という監督の発言に会場からは笑いが起こっていました。

「ハリウッドっぽいコメディの感覚を持つんですが」というMCからの指摘に対して、監督は「源兵衛さんが、原作では男だったのに女にしたというのは、ハワード・ホークスの『ヒズ・ガール・フライデー』があったからこそで、僕の好きなハワード・ホークスの世界なんですよね。そこに樹木さんがいて締めてもらったら、ハワード・ホークスが観ても喜んでくれんじゃないかと思いました(笑)」と回答。
また、冒頭のお吟とじょごのバディ感は、溝口健二監督の描く、木暮実千代さんと若尾文子さんの祇園の疑似姉妹の関係を意識しているとのことでした。


    ライタープロフィール

    大谷和美

    大谷和美

    高校2年の時に観た「バトルロワイアルⅡ」に衝撃を受け、映画の道を志すも、縁あって雑誌編集者に。特撮誌、若手俳優グラビア誌等の編集・ライター、WEB編集者を経て、現在はフリーランスで活動中。人間の感情や社会の闇を描いた邦画が好きで、気づけばR指定のDVDばかり借りていることも。一方、元々好きだったライダー・戦隊などの特撮作品やコメディ映画も好んで観ます。他、元上司のバカタール加藤が主催するニコ生番組「崖の上の生放送」に準レギュラーで出演中。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事