セクハラ疑惑の弁明も!?『駆込み女と駆出し男』の大ヒットで大泉洋さんらが舞台挨拶

映画『駆込み女と駆出し男』の大ヒット御礼企画として2015年6月4日、原田眞人監督と主演の大泉洋さん、共演で東慶寺の院代・法秀尼(ほうしゅうに)役が好評の陽月華(ひづき はな)さんの3人がTOHOシネマズ日本橋で舞台挨拶を行いました。

1

6

8

観客席のお客さんに大入り袋を配りながら入場した3人。大泉さんはマイクを持ち盛り上げながらのサービスで大泉さんから直接袋を受け取ったお客さんは満面の笑み。大泉さんらしい楽しい雰囲気が作り上げられて舞台挨拶が始まりました。

12
原田監督は「観客動員が100万人を越えたときに、またこういう感じで(舞台挨拶を)できると思いますので」と力強い挨拶。「末永くよろしくお願いします」と作品への愛情を語りました。

2

10億を超える大ヒットが見込まれている本作。5回、6回と鑑賞するリピーターもいるという本作について大泉さんは、所属事務所の携帯サイトで届くファンメールが殺到していることを報告。回数の多さや年齢層の幅広さを実感しているようで、「寸暇を惜しんでメールを読んでいます!褒められるのが大好きなんですよ(笑)」とご機嫌です。
一方、現在放送されている朝ドラで大泉さんが演じるヒロインの父親役は、ダメな父親を演じていることもあって役の評判が悪く、「信次郎さん(大泉さんの映画上の役)が評判良くていいんですよ!」と映画の評判で癒されている様子でした。

セクハラ疑惑の弁明

10

「(役柄で身に着けていた)頭巾をかぶっていないと監督に『君は誰だ』と突っ込みを受ける」という陽月さんはシックな黒のワンピース。映画とはまったく異なる美しさを魅せました。

4

やがて舞台挨拶は、4月に開催されたプレミア試写会の際に語られた、薙刀の練習の際に大泉さんが協力したエピソードがワイドショーなどでセクハラ疑惑として取り上げられたことに言及。大泉さんの釈明会見の様相を呈してきました。

11

大泉さんが「薙刀の練習で陽月さんがエア(薙刀を持たずに素振りをするような練習)をしていたときに、僕の腕を持ちなさい、と言ったことがセクハラと言われたんですけれど・・・。真実もその通りなんですけれど、陽月さんがとても面白いひとで、いじればいじるだけ出てくるタイプですから、それで私はどう返すかなというのも楽しみで、化学変化を楽しみに言ってみたんです」と疑惑を半ば肯定しつつも弁明。

3

陽月さんも「私がすごく緊張していて、大泉さんが気を使ってくださって。女性ばっかりの作品だったので、みんなのアニキみたいで皆さんの緊張をほぐしてくださる存在で。」とフォローしますが大泉さんは「そんなにいなかったですけどね、緊張している人は」とせっかくのフォローも台無しにしてしまうありさま。

大泉さんは陽月さんの練習中の掛け声がとにかく面白かったようで、陽月さんをずっとイジっていた様子。それが思いもよらずセクハラ報道されたということで、疑惑の件は一件落着となったようです。

海外の映画祭出品も

本作は2015年6月10日にカナダで開催される「トロント日本映画祭」のオープニング作品として上映されること、上海国際映画祭でも話題作が上映されるパノラマ部門でも上映されることが報告されました。原田監督はトロント日本映画祭のためカナダ入りするそうです。

原田監督は「5日間ほどカナダにいます。オープニングなので楽しみです。英語字幕付きの上映は日本でも一度やっているのですが、そこに来てくださった外国の方の反応も非常によかったので、楽しみです」と語りました。

9

大泉さんは膨大なセリフ量だった橋本じゅんさん(近江屋三八役)とのやり取りの字幕がとりわけ気になるようでしたが、原田監督が「情報量を少なくして、生かすところを絞って、テンポよくいけるようにしようということにしました」と説明すると大泉さんは「オレ(字幕上では)たいしたこと言ってないのに(映像上では)やたらしゃべっているように見えるの?」と困り顔。そこは「信次郎のかっこよいセリフは伝わるようにしています」という原田監督の説明で納得しました。

200万人動員したら

最後に原田監督は観客へ向けて挨拶。
「過去の時代劇、素晴らしいものが沢山あるんだけれどみんな見なくなっちゃった、忘れちゃった。言葉と歴史を学ぶということ日本映画の古いものも見ていただけるといいなと思っています。これからも時代劇を作ります。観客動員が200万人作ればこの続編も作ります。応援してください!」と宣言し観客からは大きな拍手が巻き起こりました。

『駆込み女と駆出し男』

映画『駆込み女と駆出し男』は2015年5月16日公開。江戸時代に女性から離婚を申請できる数少ない機関であった駆込み寺の鎌倉・東慶寺を舞台にした、ワケあり女性と東慶寺の御用宿の居候で駆出しの医者・戯作者の人情味溢れる物語。

四季を描いた美しい映像と主演の大泉さんの圧巻のセリフ回しが見どころです。

サムネイル

公式サイト:『駆込み女と駆出し男

(文・写真 奥野大児)

関連リンク

原田監督の熱いこだわりに触れた!『駆込み女と駆出し男』ティーチインレポ
大泉洋主演・映画『駆込み女と駆出し男』鑑賞前に読みたい書籍4冊
大泉洋が駆ける?!映画『駆込み女と駆出し男』舞台・鎌倉東慶寺を散策してきた
時代劇のロケ地として頻繁に利用されている、近江八幡の八幡堀を散策してきました
時代劇『駆込み女と駆出し男』で熱演!主演・大泉洋のこれまでの歩みまとめ
大泉洋「僕の腕を握って…」映画『駆込み女と駆出し男』プレミアム試写会舞台挨拶
この役はもう大泉洋しかいない…|映画『駆込み女と駆出し男』完成報告会見レポ


    ライタープロフィール

    奥野 大児

    奥野 大児

    現代ものやSFなどの映画はあまりわからないけれど、時代劇と海外ドラマはなぜか見ている1971年生まれのフリーライター・ブロガー。とりわけ必殺シリーズおよび「鬼平犯科帳」「御家人斬九郎」の ・悪人が悪人を裁く ・良い人も悪いことをすることがある ・松平家の御紋が通用しない といった設定が大好き。 映画の時代劇の映像の暗さを楽しむために、部屋を真っ暗にして堪能している。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com