橋本環奈、女優として躍進。『午前0時、キスしに来てよ』『シグナル100』

2013年の秋、1枚の写真がインターネットで拡散されたことで“1000年に一人の美少女!”として注目され、地元・福岡から一気に全国区に躍り出ることになった橋本環奈(このときまだ中学3年生)。

その可愛らしさは今更こちらがどうこう言うものではないほどではありますが、もともと彼女は女優志向だったようで、福岡時代に是枝裕和監督の『奇跡』(11)で映画デビューを果たし、ブレイク後は『セーラー服と機関銃―卒業―』(16)で初主演。続けて青春映画の佳作『ハルチカ』(17)で吹奏楽部のフルート少女を好演していました。

(C)2019映画「午前0時、キスしに来てよ」製作委員会

そんな橋本環奈の女優としてのステップアップは、福田雄一監督との出会いにあったように思われます。

『銀魂』(17)『銀魂2 掟は破るためにこそある』(18)で原作漫画から飛び出してきたかのような人気ヒロイン神楽をはつらつと演じて従来の美少女的イメージをぶち破ったかと思えば、『斉木楠雄のΨ難』(17)では逆に自分が美少女であることを過剰なまでに意識している“おっふ”なマドンナを、TV「今日から俺は‼」では元ヤンのスケバンをそれぞれ好演するとともに、そのチャレンジングな姿勢に注目が集まりました。

2019年も既に『十二人の死にたい子どもたち』『キングダム』『かぐや様は告られたい~天才たちの恋愛頭脳戦』と映画出演。

そしてこの年末年始、とどめを刺すかのように2本の新作主演映画『午前0時、キスしに来てよ』と『シグナル100』が公開となります……

《キネマニア共和国~レインボー通りの映画街421》

全くジャンルを違えたこの2作、橋本環奈のさらなる魅力が引き出されています!

映画史に残るキス・シーンの数々!?
『午前0時、キスしに来てよ』

(C)2019映画「午前0時、キスしに来てよ」製作委員会

まず12月6日より公開の『午前0時、キスしに来てよ』はみきもと凛の人気コミックを原作とする青春恋愛映画です。

橋本環奈としては『かぐや様は告らせたい』に続く王道のキラキラ映画ですが、ここで彼女が演じるのは、一見カタブツながらも心の中はおとぎ話のような恋を夢見る乙女・花澤日奈々。

お話は、そんな日奈々が通う学校に映画のロケ隊がやってきて、その主演男優で人気アイドル・ユニットの元メンバーで超イケメンの綾瀬楓が日奈々に興味を抱いたことから、それまで平凡だった彼女の日常はガラリと変わっていきます。

楓を演じるのはGENERATIONS from EXILE TRIBEのボーカルで、『兄に愛されすぎて困ってます』(17)など俳優としても活躍中の片寄涼太。

今年は映画『PRINCE OF LEGEND』やTV「3年A組―今から皆さんは、人質です」に出演し、アニメ映画『きみと、波にのれたら』では声優にも挑戦していますが、同性から見ても「世の中はやはり不公平にできている!」と素直に敗北を認めざるを得ないそのイケメンぶりは溜息が出るほど(楓はおしり大好きキャラという設定なのに、セクハラ色が皆無というのも奇跡的!)。

しかもイケメンでなければ絶対に決めることのできない言動の一つ一つを実にスマートにこなせてしまう彼の存在感を目の当たりにしては、ヒロインならずともキュン死すること必至。

特に彼がマスクをつけたまま日奈々に交わすキスと、彼女の鼻の形に唇を合わせるかのような鼻かじキスには、往年の名作『また逢う日まで』(50)のガラス越しのキスを彷彿させるほどのものがあり(たとえが古い?)、まさに『ニュー・シネマ・パラダイス』(88)のキス・シーンを集めたフィルム・コマ集の中に加えてもらいたいほどの優れもの!

一方で橋本環奈はそれ以前が『銀魂』をはじめとするかっとび系異色ヒロインのイメージが強かっただけに、逆にこうした少女漫画原作ものならではのシンデレラ系ヒロイン日奈々を初々しくもロマンティックに体現し、女優としての新味を醸し出しています。

監督は『潔く柔く』(13)『四月は君の嘘』(16)『ひるなかの流星』(17)などの新城毅彦ですが、特に本作は彼のキャリアの中でも最良のものに思えます。

舞台となる鎌倉の風景の切り取り方もさながら、古き良き名画座を登場させるなど(建物がちと豪華すぎる気もしますが、まあそのあたりは映画のウソということで)クラシックなテイストをさりげなく描出し得ているあたりも、キラキラ映画の王道として似つかわしいものを感じさせられた次第です。


    ライタープロフィール

    増當竜也

    増當竜也

    増當竜也 Tatsuya Masutou 鹿児島県出身。映画文筆。 朝日ソノラマ『宇宙船』『獅子王』、キネマ旬報社『キネマ旬報』編集部を経て、フリーの映画文筆業に就く。 取材書に『十五人の黒澤明』(ぴあ刊)、『特撮映画美術監督・井上泰幸』(キネマ旬報社刊)など。 編集書に『40/300 その画、音、人』(佐藤勝・著)『神(ゴジラ)を放った男/映画製作者・田中友幸』(田中文雄・著)『日記』(中井貴一・著)『日記2』(中井貴一・著)『キネ旬ムック/竹中直人の小宇宙』『同/忠臣蔵映画の世界』『同/戦争映画大作戦』(以上、キネマ旬報社刊) その他、パンフレットやBD&DVDライナーノートへの寄稿、取材など多数。 ノヴェライズ執筆に『狐怪談』『君に捧げる初恋』『4400』サードシーズン(以上、竹書房刊) 現在『キネマ旬報』誌に国産アニメーション映画レビュー・コーナー『戯画日誌』を連載中。近著に『映画よ憤怒の河を渉れ 映画監督佐藤純彌』(DU BOOKS刊)がある。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com