『家族を想うとき』フランチャイズに翻弄される家族の絆を描く名匠ケン・ローチ

 (C)Sixteen SWMY Limited, Why Not Productions, Les Films du Fleuve, British Broadcasting Corporation, France 2 Cinéma and The British Film Institute 2019

映画ファンならケン・ローチ監督の名前は先刻ご承知のことと思われます。
1967年『夜空に星のあるように』で監督デビューを果たし、第2作『ケス』(69)でカルロヴィヴァリ国際映画祭グランプリを受賞。以後、ほとんどの作品が何らかの映画賞を受賞し続けているイギリス映画界の名匠です。

特にカンヌ国際映画祭とは相性がよく、『ブラック・ジャック』(79)『リフ・ラフ』(91)『大地と自由』(95)で国際批評家連盟賞、『ブラック・アジェンダ/隠された真相』(90)『レイニング・ストーンズ』(93)『天使の分け前』(12)審査員賞、そして『麦の穂を揺らす風』(06)『わたしは、ダニエル・ブレイク』(16)ではパルムドールをそれぞれ受賞。

描く内容も労働者や社会的弱者に寄り添いながら、反骨の姿勢を決して崩すことのない一貫性が幅広い層に支持され続けている所以なのかもしれません。

実は『わたしは、ダニエル・ブレイク』を発表した後で引退を宣言した彼ですが、やはり社会の過酷な現実を目の当たりにして、再びメガホンをとることになりました……

《キネマニア共和国~レインボー通りの映画街422》

そんなケン・ローチ監督の最新作『家族を想うとき』が12月13日より公開。今回もまた弱者に寄り添いつつ、社会の闇を訴えながら、家族のつつましやかな絆を描出していくのでした!

1日14時間労働の中で
バラバラになっていく家族

『家族を想うとき』の舞台はイギリス、ニューカッスル。

主人公はあまり世渡りが上手くなさそうな一家の夫リッキー(クリス・ヒッチェン)。

マイホーム購入を夢見る彼は、一念発起して1日14時間労働のフランチャイズ宅配ドライバーの仕事に就くことになりましたが、事業用のバンを買う資金のために、妻アビー(デビー・ハニーウッド)の車を売ることに。

介護福祉士の仕事をしているアビーは車を手放したことで各介護先までバスで通うことになって、ますます家を空ける時間が多くなり、16歳の息子セブ(リス・ストーン)も12歳の娘ライザ・ジェーン(ケイティ・プロクター)もどこか寂し気ではあります。

フランチャイズ宅配の仕事はリッキーが予想していた以上に厳しいルールに縛られまくったもので、ドライバーと本部のマロニー(ロス・ブリュースター)の日々のトラブルも絶えません。

リッキーが疲れ果てて帰宅すると、いつのまにかセブが学校をさぼって“グラフィティ”なる壁の落書きに夢中になっていることが発覚し、叱る父とすねる息子の対立が始まっていきます。

やがてリッキーとアビーはセブが喧嘩で相手に怪我を負わせたことで学校から呼び出しを受けますが、リッキーは仕事を休むことができず、ますます父子の溝は深まっていきます。

家族がバラバラになっていくことを憂えたリッキーは思い立ってマロニーに1週間の休暇を頼みますが、フランチャイズのシステムとして休むためには代理のドライバーを立てなければならず、それが無理なら1日100ポンドの罰金を払わなければなりません。

代理を立てられないまま、やむなく働き続けるリッキーでしたが、セブの反抗はますますエスカレートしていき……。

そしてさらに、家族に思いがけない事件が……!


    ライタープロフィール

    増當竜也

    増當竜也

    増當竜也 Tatsuya Masutou 鹿児島県出身。映画文筆。 朝日ソノラマ『宇宙船』『獅子王』、キネマ旬報社『キネマ旬報』編集部を経て、フリーの映画文筆業に就く。 取材書に『十五人の黒澤明』(ぴあ刊)、『特撮映画美術監督・井上泰幸』(キネマ旬報社刊)など。 編集書に『40/300 その画、音、人』(佐藤勝・著)『神(ゴジラ)を放った男/映画製作者・田中友幸』(田中文雄・著)『日記』(中井貴一・著)『日記2』(中井貴一・著)『キネ旬ムック/竹中直人の小宇宙』『同/忠臣蔵映画の世界』『同/戦争映画大作戦』(以上、キネマ旬報社刊) その他、パンフレットやBD&DVDライナーノートへの寄稿、取材など多数。 ノヴェライズ執筆に『狐怪談』『君に捧げる初恋』『4400』サードシーズン(以上、竹書房刊) 現在『キネマ旬報』誌に国産アニメーション映画レビュー・コーナー『戯画日誌』を連載中。近著に『映画よ憤怒の河を渉れ 映画監督佐藤純彌』(DU BOOKS刊)がある。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com