家事への意識、妻への思いをぶっちゃける!『妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ』男のホンネ座談会

5月25日公開の『妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ』。橋爪功、吉行和子ら平田家のドタバタ騒動を描いた山田洋次監督が贈る家族コメディシリーズ、第3作目です。

(C)2018「妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ」製作委員会

今回、スポットが当たるのは幸之助(西村まさ彦)と史枝(夏川結衣)の長男夫婦。毎日家事に負われる中、“外に働きに出てみたい”、“フラメンコ教室に通ってみたい”と内心不満を抱えていた史枝ですが、ある日、泥棒に長年貯めたへそくりを盗まれ、その際の夫・幸之助の心ない言葉で我慢の限界に達し、家出をしてしまいます。

家事を一手に引き受けていた史枝がいなくなった平田家では、周造(橋爪功)らが慣れない家事に挑戦。しかし、うまくいくわけがなく、彼らは家事労働の大変さをただただ思い知らされることに──。

「主婦への讃歌」がテーマであり、家庭の主婦が担う家事がいかに大変であるかを垣間見ることができる本作ですが、仕事に忙しく家事を手伝う余裕がない…という男性陣にはどのように響いたのでしょうか?

そこで今回は、5月13日に行われた男性限定の試写会「奥さま感謝DAYイベント」に参加した既婚男性3名による座談会を敢行。映画の感想、奥さんへの本音、家事に対する意識などを語ってもらいました。

座談会参加者プロフィール

Kさん:40代 夫婦歴20年。奥さんの両親と同居中。子供あり。

普段家でやる家事は?:食べたものをさげる

Tさん:30代 夫婦歴8年。子供あり

普段家でやる家事は?:奥さんが忙しいときに洗濯など

Sさん:30代 夫婦歴5年

普段家でやる家事は?:ほぼやらない

4人の“夫”の中で共感を覚えたのは?

(C)2018「妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ」製作委員会

──『妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ』をご覧になったということで、まずは、感想をお聞かせください。

Kさん:橋爪功さんや西村まさ彦さんなど、芸風が好きな俳優さんがたくさん出ていてるのもあいまって、すごく面白かったです。本当にリアルに描いていて、共感できるところが多く、それが面白さにつながっているのかなと思いました。

Tさん:夏川結衣さんが演じる史枝さんが家を出ていく流れがすごく自然だったので、自分の家でもありえることだなと思いました。ああいう感じでケンカになることもあるかもしれないとすごく共感したので、妻を大事にしようという気持ちが強くなりました。

Sさん:家族構成が自分の家とはだいぶ違うので、そこについては「今後、そうなるかも」という感じで見ていました。

家事については、普段自分はまったくせず、正直「家事のほうが仕事より楽じゃないか」という気持ちは心のどこかにあったんですが、この作品を見て、主婦ならではの大変さというのがわかった気がするので、考え方を改めて、今後変わっていけたらと思いました。

──本作には4人の“夫”が登場しますが、自分に近い、共感すると思うのは誰でしたか?

Kさん:僕は、周造(橋爪功)です。共感したのは何もしないところですね。できないし、しない、でも文句は言うところが(笑)。

Sさん:僕も周造です。ただ、僕は文句はあまり言わないです。自分ができないぶん、やってもらっていることについてはすごくありがたいと思っているので、そこは泰蔵(林家正蔵)に近いところもあるかもしれません。

Tさん:僕は、周造にも似てるところがあって迷うんですが、女性に立場の近くて優しい庄太(妻夫木聡)ですかね(笑)。

──今回、ストーリーのメインになっている幸之助(西村まさ彦)には、共感するところはありましたか?

Sさん:仕事が大変というところは、同じ男性としてわからなくはないです。

Kさん:ただ、あそこまでは奥さんに言わないですね。

Sさん:そうですね。もう少しお互いへの思いやりがあれば、あそこまではならないのかなという気がしました。

Kさん:自分の家は奥さんの両親と同居していて、家のことは義理の母が全部やってくれているんです。

それを見ているので、家事で疲れている人に「家事は大変じゃないだろう」みたいなことを言ったら、絶対怒るし、もめるのはよくわかるので、幸之助は「なぜこんな刺激することばっかりいうんだろう? もめるに決まってるだろ」と思いました。そりゃ出ていくだろうなと(笑)。

家事への意識は変わった? 妻へ贈る花と言葉は?

(C)2018「妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ」製作委員会

──本作で主婦の史枝が我慢の限界に達して家を出てしまうのを見て、どう思われましたか?

Kさん:たいしたことではないと思われていることが大事件になってしまうわけですよね。そうなっても仕方ない状況があり、相当切れたんだろうなとは思いました。

ただ、自分自身そういう経験がないので、奥さんが急に出ていってしまう瞬間というのはちょっと想像し難いところもありました。

Sさん:今日のイベントで、奥さんたちの本音がスクリーンで紹介されたんですが、「お前らもやれ!」みたいな言葉もあって…。

そういう言葉を書くようにさせてしまったのは旦那さんだと思うんですが、あれを自分の妻が書いていたらショックだなと感じましたね。そうなる前に家事をやろうと思いました。

──史枝の家出によって、周造らが家事をする羽目になりましたが、万が一、ああいった状況になったら、みなさんどうなると思いますか?

Kさん:自分の場合は義理の母が家事をしてくれているのですが、母が一日帰ってこなかっただけで、すごく部屋が汚くなると思います。

Tさん:家の中で物の場所が全然わからないので、それが不安ですね。ハンコがどこにあるのかとか、薬がどこにしまってあるのかとか、洗剤がどこにあるのかとかであたふたしそうな気がします。

料理はしたことがあるので、そこだけはなんとかなると思うんですけれど時間がかかるだろうし、部屋も汚くなるんじゃないかと思います。

Sさん:僕もドライバーを探すのに2時間かかったことがあって、妻から「私が死んだらどうなるかわからない」と、しょっちゅう脅しのように言われています(笑)。それは、僕に対する「(家事を)やれ」って意味でもあると思うんですが。

──今回、本作を見て家事については意識は変わりましたか?

Kさん:さすがに、変わらないといけないなと感じましたね。

Sさん:そうですね。「今日は帰ったら夕飯作ろうかな」という気概が芽生えました。理想は妻夫木さん演じる圧太ですね。意識を変えていかないとすぐに戻ってしまうと思うので、大変かもしれないですが。

Tさん:僕も家事を手伝おうかなというのと、奥さんにお礼を伝えようと思いました。

Sさん:確かに、言葉などで表現するのが大切かもしれないですね。

──劇中でも、史枝が傷ついてしまったのは、夫からの気遣いのある言葉がなかったというところがあったと思うのですが、普段、みなさんは奥様に感謝などを言葉で伝えていらっしゃいますか?

Kさん:そもそも普段それほど話すことがあまりないので…何かをとってくれたときに、「ありがとう」と伝えるくらいでしょうか(笑)。

Tさん:いや、それくらいは誰でも言える(笑)。でも、僕自身も普段ちゃんと感謝を伝えきれていないと思います。

Sさん:なるべく言うようにはしているんです。「ごはんがおいしい」とか、妻が仕事の前にゴミ出しをしてくれたら「ありがとう」とか、小さいことでも伝えれば円満になるんじゃないかと思うので。

──今回、みなさん、映画を見て家事へ意識が変わったということで、お家で具体的にはどんな家事をこれからやっていこうと思いますか?

Sさん:正直洗濯機の使い方もわからず、ゴミ出しも分別を間違えて怒られたりしているので、ゴミの分別を覚えるところから始めたいと思います。

Tさん:昔、手伝おうとしたときに食洗機の使い方とか洗濯の仕方を間違えて注意されて、それで「もうやらないでおこう」ってなってしまったんです。でも、そういう気持ちではいけないと思ったので、まず自分でも勉強して、注意されず本当の意味での手伝いができるようになりたいです。

Kさん:犬を飼っていて家の中でフンをしたときに義理の母が片付けているんですが、今後は自分がフンの始末をして、ペットの面倒をきちんと見ようかなと思います。

──では、最後に本作のタイトルにもちなんで、奥様に感謝の気持ちをお花や言葉で贈るとしたら、どんなお花、言葉を贈りたいかを教えてください。

Tさん:花にあまり詳しくないので、ミーハーな感じもありますが、赤い薔薇と一緒に「いつもありがとうございます」という言葉を贈りたいです。

Kさん:僕も赤い薔薇ですね。奥さんに元気に仕事を続けてほしいので、贈る言葉は「身体を壊さないように」でしょうか。

Sさん:奥さんが花が好きで、いつもラナンキュラスを飾っているんですが、僕から買っていったことは一度もないので、買っていったら何か変わるんじゃないかなと思います。「いつも感謝しています」という言葉を添えて渡したいですね。

──それぞれの心がこもったお花とメッセージをいただいたところで、座談会終了とさせていただきます。本日はありがとうございました。

(撮影:大谷和美、文:田下愛)

関連記事

山田洋次監督が現場で大爆笑!その理由とは?『妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII』徳永ゆうき インタビュー
妻の文句に男性陣タジタジ…『妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII』男性限定イベントレポート
『妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ』妻夫木聡とピアニスト近藤嘉宏の共演シーンが解禁!
『妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ』シリーズ恒例、家族会議シーンが解禁!
妻夫木「家事は手伝います。」、『妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ』完成披露試写会レポート!

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com