2018年公開のマンガ実写映画化まとめ!名作の予感ばかり!?

Photo credit: blondinrikard via Visual Hunt / CC BY

2018年も早くも1ヶ月が経ちました。話題作が続々と公開されており、その中には日本が誇る娯楽であり文化であるマンガを原作とした映画も数多くあります。ここでは、2018年に公開されるマンガの実写映画化作品をまとめてみます!

※昨年のまとめはこちら
期待できる?それともイヤな予感しかしない?2017年公開の漫画の実写映画化作品まとめ!

『ちょっとまて野球部!』(2018年1月27日公開 ※上映中)

ちょっとまて野球部! ポスター

(C)2017ゆくえ高那・新潮社/「ちょっとまて野球部!」製作委員会

監督:宝来忠昭
主演:須賀健太、小関裕太、山本涼介

高校3年生最後の夏が過ぎ、残された野球部員たちが織りなすほのぼのコメディ作品です。原作はボンクラな男子高校生らしいクスクス笑えるやりとりで大部分が構成されていました。映画においてもスポ根ドラマではなく、部活内のすったもんだが主軸となっていそうです。

『不能犯』(2018年2月1日公開 ※上映中)

(C)宮月新・神崎裕也/集英社 2018「不能犯」製作委員会

監督:白石晃士
主演:松坂桃李、沢尻エリカ

マインドコントロールを使ってターゲットを狙う殺人鬼と、それを追う女性刑事の対決を描いたサスペンススリラーです。『エイプリルフールズ』や『彼女がその名を知らない鳥たち』などでクズ演技が高く評価された松坂桃李のさらなる飛躍にも期待したいところ。共演者も『ちはやふる』の新田真剣佑や『全員死刑』の間宮祥太朗など豪華です。監督が『貞子vs伽椰子』の白石晃士ということで、エッジの効いた作品になっていることはほぼ間違いないでしょう。

『羊の木』(2018年2月3日公開)

監督:吉田大八
主演:錦戸亮

寂れた漁村が過疎問題を解決するために元受刑者を受け入れ、“町にやってきた6人の中の誰かが殺人犯だ”という疑心暗鬼が起こるヒューマンミステリーです。映画ファンから絶賛された『桐島、部活やめるってよ』の吉田大八監督が良い意味でのイヤな雰囲気をどのように作り出すか、北村一輝、優香、市川実日子、水澤紳吾、田中泯、松田龍平という豪華共演者にも注目です。

『金沢シャッターガール』(2018年2月9日公開)

監督:寺内康太郎
主演:小牧那凪(芸名“のえる”でクレジット)

女子高生たちによる東京の街歩きと隠れスポット撮影を描いた『東京シャッターガール』は、2013年に3人の監督によるオムニバス作品として映画化されていました。その姉妹編を原作とした本作は、金沢在住の現役高校生を中心にしたキャストが出演し、オール石川県ロケを敢行しています。青春映画としての魅力にも期待しています。

『リバーズ・エッジ』(2018年2月16日公開)

監督:行定勲
主演:二階堂ふみ、吉沢亮

原作は若者たちの性や鬱屈した生活を赤裸々に描き、1990年代にカルト的人気を博した作品です。映画も、人間の死体を見つけた秘密を共有してしまう物語を主軸としながらも、過食障害のモデルや、父親の分からない子どもを妊娠する少女などを並行して描く群像劇になっているようです。R15+指定ならではの過激な描写もあることでしょう。『世界の中心で、愛をさけぶ』や『ナラタージュ』の行定勲監督と原作の相性も良さそうです。

『チェリーボーイズ』(2018年2月17日公開)

監督:西海謙一郎
主演:林遣都、栁俊太郎、前野朋哉

25歳にして童貞なボンクラ青年3人組によるコメディ映画です。情けない自分を変えるために一念発起して“脱童貞作戦”に乗り出す、というあらすじにはグッと来るものがありますね。脚本を担当するのは『アズミ・ハルコは行方不明』やテレビドラマ『バイプレイヤーズ』などで監督を務めている松居大悟です。

『花は咲くか』(2018年2月24日公開)

監督:谷本佳織
主演:渡邉剣、天野浩成

アラフォーのおじさんが大学生の青年と出会い、日本家屋に訪問していくうちに、その関係性が親密になっていくというBL(ボーイズラブ)作品です。『動物戦隊ジュウオウジャー』などの渡邉剣と『仮面ライダー剣』などの天野浩成のダブル主演作であるため、戦隊ものの役者が好き合うという内容にもなっていますね。原作は広告代理店の様子がとてもリアルであったので、そのディテールにも期待しています。

『ラーメン食いてぇ!』(2018年3月3日公開)

監督:熊谷祐紀
主演:中村ゆりか

タイトルだけ聞くとコメディかグルメマンガのようですが、実際の原作は人生に絶望した3者がラーメンに本気で救われていくという一風変わったヒューマンドラマでした(もちろんラーメンも食べたくなります)。確かに、食に対しての欲求は何よりも生きるための希望にもなるのかもしれませんよね。祖父のラーメン店店主役を石橋蓮司、遭難した料理評論家を片桐仁、主人公の親友を葵わかなが演じています。

『坂道のアポロン』(2018年3月10日公開)

監督:三木孝浩
主演:知念侑李

原作はテレビアニメ化もされた大人気作。長崎県の佐世保という舞台と、ジャズの音楽と、父を亡くした少年の心の変化が見どころになっていそうです。監督は『くちびるに歌を』や『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』などで映画ファンからも高く評価されていた三木孝浩ということで大いに期待しています。ディーン・フジオカと真野恵里菜も重要な役を演じているようです。

『ちはやふる 結び』(2018年3月17日公開)

監督:小泉徳宏
主演:広瀬すず

2016年に2部作で公開され、カルタ競技の迫力やキャストの熱演などで絶賛が相次いだ作品の続編です。監督や主要キャストもほぼそのままなので、その面白さはほぼ保証済みと言ってもいいでしょう。前作の物語から2年が経過しており、新入生として連続テレビ小説『あまちゃん』の優希美青や『ミックス。』の佐野勇人がキャスティングされている他、映画オリジナルキャラクターを『3月のライオン』の清原果耶、史上最強の名人を『森山中教習所』の賀来賢人が演じています。

『曇天に笑う』(2018年3月21日公開)

監督:本広克行
主演:福士蒼汰

原作はアニメ化だけでなく舞台化もされた大人気作。明治維新後の滋賀県・大津を舞台に、主人公を含む3兄弟、岩倉具視の直属部隊、最強の忍者集団それぞれが、人間に災いをもたらす大蛇を巡って三つ巴の戦いを繰り広げるファンタジー大作になっているようです。本広克行監督はかつて「……」と無言になってしまう作品を連発していましたが、近年では『幕が上がる』や『亜人』などで映画ファンからも評価されているようになっているので期待しています。

『ミスミソウ』(2018年4月7日公開)

監督:内藤瑛亮
主演:山田杏奈

田舎町で苛烈なイジメに合うばかりか、家族を焼き殺されてしまった少女の壮絶な復讐劇を描いた作品です。内藤瑛亮監督は同じくR15+指定がされたマンガの実写映画化作品『ライチ☆光クラブ』でも卓越した手腕を発揮していたので、今回も妥協のない作品になっていることでしょう。タテタカコの主題歌が流れる特報が秀逸な出来で、原作を読んでいた筆者はこれだけで泣きそうになってしまいました。『渇き。』や『ちはやふる』2部作でも素晴らしかった清水尋也の演技にも注目。個人的にはこの記事で挙げた映画の中でもナンバーワンの期待作です。

『いぬやしき』(2018年4月20日公開)

監督:佐藤信介
主演:木梨憲武、佐藤健

機械に改造されてしまった心優しい初老のサラリーマンと、容赦なく人々を殺していく青年との戦いが描かれたSFアクションです。監督は『GANTZ』2部作に続き同原作者の実写映画化を手がける佐藤信介、『アイアムアヒーロー』でもハイクオリティの画を作り上げていたので、その信頼度は半端なものではありません。伊勢谷友介、斉藤由貴、本郷奏多、二階堂ふみら豪華キャストが脇を固めています。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com