本当に面白かった2017年のマンガの実写映画化作品ベスト10!「実写化はダメ」なんて言わせない!

もう2017年も終盤。映画ファンが年間ベスト10の選定に悩みに悩む時期ですが、今年はマンガの実写映画化作品も豊作であったことをご存知でしょうか? ここでは、筆者が独断と偏見で選んだ「本当に面白かった!」と思った2017年のマンガの実写映画化作品ベスト10を紹介します!

※1年前に書いた筆者が書いたまとめ記事はこちら↓
期待できる?それともイヤな予感しかしない?2017年公開の漫画の実写映画化作品まとめ!
失敗作?それともファンも納得の傑作?2016年の漫画の実写映画化作品の総括!

10位 『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章

(C)2017 映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」製作委員会(C)LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社

公開前には配役やパッと見のイメージにネガティブな意見もみられましたが、いざ公開されてみると好評が相次いだ作品です。原作からの物語の再構成が抜群に上手く、新田真剣佑演じる虹村億泰(不良高校生)のハマりっぷり、スタンド(超能力)のCGのクオリティの高さは絶賛するしかありません。

“次回作におあずけ”されてしまった伏線が多いこともあり、個人的には続編を熱望しているのですが……今のところ発表はされていません。(ヤンデレになった小松菜奈をもっと観たい!) Blu-ray&DVDは2018年3月23日に発売予定ですので、原作ファンはもちろん、役者のファンも、騙されたと思って観てみてください。

※シネマズ by 松竹のこちらの記事もおすすめ!↓
原作ファンはあり?なし?実写版『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』

9位 『銀魂』

銀魂 メイン

(C)空知英秋/集英社(C)2017「銀魂」製作委員会

何が面白いって、「実写にすると◯◯だな!」「この写真どこかで見たことあるぞ!」といった、実写映画化そのものや役者本人をイジったギャグの数々。終盤にあった訴訟を恐れない限界ギリギリのパロディにもゲラゲラ笑えて幸せでした。

超豪華キャストが全力でバカをやっていることや、公開前に「実写化してどうもすみませんでした!」と福田雄一監督が謝ったり、小栗旬や菅田将暉による謝罪動画もアップされるという誠実(?)な宣伝も手伝ってか、2017年の実写邦画の中でNO.1の特大ヒットを記録。興行面でも評価面でも大成功作になりました。

難点を挙げるのであれば、ギャグが面白すぎるせいもあり、シリアスパートが間延びしてしまった印象があることでしょうか。しかし、シリアスパートにおいて“笑顔を見せない”悪役で堂本剛が抜群の存在感をみせているのでファンは必見でしょう。Blu-ray&DVDは現在発売中、公開が決定した続編にも大期待です!

※シネマズ by 松竹のこちらの記事もおすすめ!↓
笑えた?笑えなかった?賛否両論の映画『銀魂』その要因はどこに?

8位 『斉木楠雄のΨ難』

斉木楠雄のѰ難

(C)麻生周一/集英社・2017映画「斉木楠雄のΨ難」製作委員会

前述した『銀魂』と同じく福田雄一監督×原作は少年ジャンプ連載中のギャグマンガという組み合わせで、『銀魂』の発表の後に情報公開されため、福田監督が「集英社っ! 明らかに発表のタイミング間違ったよね!?」とぶっちゃけたことも話題になりました。

この映画を語るには、絶対に橋本環奈の(『銀魂』よりもさらに限界突破した)“顔芸”を語らねばいけません。「顔芸だけで笑わせるなんてどうなんだ」と思っているそこのあなた、日本最高峰の美少女に良い意味で「ウゼェw」とツッコミながらゲラゲラ笑えるので、細かいことはどうでもよくなりますよ(※褒めています)! 山﨑健人の無表情のツッコミ役、38歳にして高校生役を演じた新井浩文もハマりすぎて最高です。

徹底的にくだらない(※褒めています)中身のない内容(※褒めています)であるため映画ファンからは賛否両論でしたが、ここまでギャグに振り切った内容であるならスガスガしいというもの。良い意味で「豪華キャストによる、笑えればそれでOKなコント集」として観ることをおすすめします。

※シネマズ by 松竹のこちらの記事もおすすめ!↓
『斉木楠雄のΨ難』見所は橋本環奈の可愛さと顔面芸!更にあの人まで登場!

7位 『亜人』

(C)2017映画「亜人」製作委員会 (C)桜井画門/講談社

とにかく「アクションがノンストップで展開」「綾野剛が全力で笑わせにかかる」という2大特徴で大満足した作品です。原作映画から大胆な省略をすることで、109分というタイトな時間でまとめあげ、エンタメに特化した内容になったことも賞賛すべきでしょう

「本広克行監督がよくやる興ざめも良いところのカメオ出演や不自然な演出がある」「描写を省略しすぎてツッコミどころが多い」という難点もありますが、アクションに全振りしている内容なのでそれほど気になりません。役者のファンには大プッシュでおすすめします。

※筆者はこちらの記事も書きました↓
『亜人』は綾野剛が全力で笑わせにかかる快作!ぶっ続きアクションと、原作からの見事な“省略”を見逃すな!

6位 『無限の住人』

無限の住人 福士蒼汰

(C)沙村広明/講談社 (C)2017映画「無限の住人」製作委員会

原作の特徴を端的に述べるなら、時代劇、復讐譚、チャンバラ活劇、残酷描写も多め、ということ。これが『十三人の刺客』や『一命』などのエグめの時代劇を撮ってきた三池崇史監督の悪趣味さ(※褒めています)と相性が良すぎでした。大きな売りになっている1人VS300人(全員敵)のクライマックスも圧巻!

木村拓哉のやさぐれた演技は不死身の主人公にベストマッチ。福士蒼汰、戸田恵梨香、満島真之介、市川海老蔵、市原隼人という豪華キャストが、次々と刺客として立ちはだかって来るのもたまりません。演出や話運びに少し冗長なところもありますが、こちらも原作ファン、役者のファン、三池監督のファンには観なくてはならない1本と言えるでしょう。Blu-ray&DVDは現在発売中です。

※シネマズ by 松竹のこちらの記事もおすすめ!↓
『無限の住人』で世界を席巻する、木村拓哉の不死身のスターパワー

5位 『東京喰種トーキョーグール』

東京喰種 トーキョーグール 新メイン

(C)2017「東京喰種」製作委員会

“原作からの再構成”と“美術と演出”がマンガの実写映画化作品の中でもトップクラスと言えるのが、この『東京喰種トーキョーグール』。大迫力のバトルシーン、原作のエピソードを無理なくまとめあげていること、残酷描写からも逃げていないなど、あらゆる方面から誠実さを感じられる力作に仕上がっていました。

特に感動したのは、蒼井優の“まさか”の役と、その後の“ハンバーグが食べられなくなる”シーンでしょうか。原作よりもさらに切羽詰まった“逃れない”哀しみに満ちており、窪田正孝の熱演も相まって夢中で観ることができました。Blu-ray&DVDは12月20日発売予定です。

※筆者はこちらの記事も書きました↓
『東京喰種 トーキョーグール』窪田正孝が100点満点で500億点!キャストの素晴らしさと原作愛を全力で語る!

4位 『3月のライオン 前編/後編』

3月のライオン 後篇

(C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会

原作は様々な人間模様を並行して描く“群像劇”であったため、実写映画化は難しいな……と観る前は思っていたのですが、その不安が申し訳なくなるほどの完成度の高さを誇っていました。映画の後に原作を読んでみると、前後編それぞれで物語をまとめるために、工夫に工夫が凝らされていることがわかるでしょう。

主演の神木隆之介が素晴らしいのはもちろん、『SR サイタマノラッパー』シリーズの時と同じ人とは思えない凄味を見せつける奥野瑛太、負けるとDVを働いてしまう棋士を演じた甲本雅裕、サイコパスのクズオヤジを演じた伊勢谷友介など、脇を固める役者の存在感も並々ならぬものがありました。

監督は『るろうに剣心』シリーズや『ミュージアム』などのマンガの実写映画化作品で高い評価を得てきた大友啓史。原作のコメディシーンがかなり少なくなっていることには賛否両論がありましたが、個人的には監督の個性に合わせた結果であると納得できました。Blu-ray&DVDは前編、後編ともに発売中です。

※シネマズ by 松竹のこちらの記事もおすすめ!↓
「3月のライオン」実写版映画が心配でたまらないあなたに、今語ることが出来るいくつかの事柄。

※お気に入りの作品はありましたか? ベスト3の発表は次のページへ!

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com