『メッセージ』のラストは鮮烈!すごく良かった。

2017年5月19日に公開された映画『メッセージ』を観てきました。個人的に前から楽しみにしていた映画だったのですが、すごく良かったです。

ある日、巨大な飛行物体が地球にやってきた。その目的は……?

まずはあらすじからご紹介したいと思います。

ある日、突然巨大な飛行物体が地球に現れました。それは世界各地に同じものが同時に。

言語学者のルイーズ(エイミー・アダムス)は国家から飛行物体の中に住む謎の生命体から発せられる音や波動から彼らの言語を解析するよう協力を依頼されます。

あわせて招集された物理学者のイアン(ジェレミー・レナー)と協力して、ルイーズは彼らの言語を少しずつ解析していきます。
そして、ルイーズは謎の生命体に「なぜあなたたちは地球に来たのか?」を聞く。彼らが話したその地球に来た目的とは……。

『メッセージ』はこれまでにないSF映画。ラストは感動へと誘われます

あらすじにもある「突如現れた飛行物体」「謎の生命体」というキーワードからも連想されますが『メッセージ』はSF映画。

ある日突然宇宙から飛行物体が……というSF映画のあるあるから始まりますが、「人間 VS 地球外生命体」という戦争映画のようなものではありません。

この『メッセージ』はよくあるSF映画のストーリーではなく、宇宙人との交流とその謎に迫るストーリーがメインとなっています。

そして、ストーリーの後半はヒューマン映画の色が強く出てきます。物語が大きく動いていく後半は特に目が離せなくなります。

少しずつ”彼ら”が何を話しているのかがわかってきたルイーズは彼らの目的を聞き、その目的について考えます。その目的を聞いたときにルイーズは何をするのか。

そして、最終的に彼女が取る行動で感動の波紋が広がります。

メッセージ

全てがラストにつながる!この物語をあなたはどうとらえる?

この『メッセージ』のストーリーは本当にすごく良くできているなぁ……と驚きました。
ストーリー中に出てくるいろんな出来事がラストでつながった瞬間に「そういうことだったのか!」と言ってしまいました。

亡き子供と共に過ごした思い出がフラッシュバック。
映画『メッセージ』の冒頭はそんなシーンから始まります。

フラッシュバックする記憶はとても鮮明。最初は少しずつそのシーンが出てきますが、言語の解析が進むにつれ、ルイーズの悲しい記憶がたびたび脳裏に浮かぶようになります。このたびたび出てくる場面はラストにつながっていきます。

また、物語の中盤にあるルイーズとイアンが夢について語るシーンはまさにキーとなる場面ではないかと思いました。

ネタバレになるので、あまり多くは語らないことにしますが、”ヘプタポッド”と呼ばれる彼らの伝えたメッセージは非常に考えさせられる内容でした。

その伝えたメッセージを巡って繰り広げられる展開についても今の世界情勢について描かれているのでは……?と思ってしまうところもあります。

劇中の場面を切り出せば、その数だけいろんな視点で観ることができる映画となっているのではないかと思いました。

友達や恋人と一緒に観て、いろいろと「あの出来事はこうじゃない?」というようにいろんな語り合うのも良いかもしれません。

(文:澤田孝志)

関連記事

新海誠、好きです―映画『メッセージ』コメント到着
新海誠監督が『メッセージ』を見て語ったこと
『メッセージ』の答えは、あなた自身の中にある

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com