レジェンドの裏話満載!「仮面ライダー平ジェネFINAL」大ヒット御礼舞台挨拶詳細レポ


12月29日(金)、映画『仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー』大ヒット御礼舞台が東京・新宿バルト9にて行われました。

平成レジェンドライダーがオリジナルキャストのまま、その後の姿として登場することでも話題を呼んでいる本作。舞台挨拶には仮面ライダーシリーズには6年ぶりとなる仮面ライダーオーズ/火野映司役の渡部秀さんとアンク役の三浦涼介さん、仮面ライダー鎧武/葛葉紘汰役の佐野岳さん、仮面ライダーゴースト/天空寺タケル役の西銘駿さん、本作が映画初監督となる上堀内監督の5名が登壇。

登壇した平成レジェンドライダーたちが口々に「ただいま!」と仮面ライダーシリーズへの復帰を込めた挨拶をすると、会場からは「おかえりー!」の声援と大きな拍手が巻き起こり、冒頭から熱気に包まれた舞台挨拶となりました。

フリーター神様の人生クランクアップ!?

挨拶後のトークタイムは、仮面ライダー鎧武/葛葉紘汰役の佐野岳さん、仮面ライダーゴースト/天空寺タケル役の西銘駿さん、上堀内監督の3名による前半と、仮面ライダーオーズ/火野映司役の渡部秀さんとアンク役の三浦涼介さん、上堀内監督による後半に分けて行われました。

前半では、まず、3年ぶりの復活が決まった際の感想を聞かれた佐野さんが「前回出られなかった分、今回出られてうれしい。無事(仮面ライダーに)戻って来られてうれしかった」と率直な感想をコメント。

これに対し、助監督時代からの付き合いである上堀内監督が、現場で「紘汰じゃない!」とダメ出しをしたエピソードに触れて「(雰囲気が変わっていて)心の中で『おっ、ちょっとした登山家が来た』と思ってた」と吐露して会場を沸かせます。

続けて、登場シーンに関して上堀内監督から「(テレビ本編で)神様になっちゃったから、大変だったよね」と振られると、「そもそも神様で出てくるのか、どうしましょう?と、監督とも相談してた。でも、(ファンが)見たいのは元気な紘汰だったり、神様になる前の紘汰なのかなと話し合わせて頂いて、神様だけど格好はああいう形にさせて頂きました」と裏話を披露。

これについて上堀内監督も「実は(テレビ本編でも)あまり神様の紘汰と会ってないんだよね。だから尚更アルバイト紘汰の方を見たかった。(神になって地球に)戻ってきてもフリーター装うんだって(笑)」と、自身の希望もあったことを明かします。

また、アクションシーンについて聞かれた佐野さん。並行世界移動装置の「エニグマ」が現れるシーンについて、「元々、手を振りかざすだけだったんです。でも、折角だからアクションしたいなと、監督に相談したら、当日トランポリンが用意されてました」とエピソードを紹介。

すると、上堀内監督が会場のお客さんに向けて「橋の上で飛んでたじゃないですか、あれ、本当にあのまま橋の上で飛んでるんですよ」と明かすと会場からはどよめきが起きます。

上堀内監督が「ちょっと鈍かったらピョーンと行って、そのままダムの下に落ちてたね(笑)」と続けると、佐野さんが「人生クランプアップでしたね」と返して会場を沸かせます。これには上堀内監督も「違う意味で成長したね〜(笑)」と楽しげでした。

続けて、アクションシーンに関して佐野さんが「久しぶりにライダーキックさせてもらって、久しぶりに(スーツアクターの)高岩(成二)さんともお会いできてうれしかった。鎧武スーツにも高岩さんが入ってくれたので、個人的にすごくうれしかった」と感慨深げに語リます。

司会を務めたプロデューサー・高橋一浩さんは「レジェンドライダーが来るので、変身だけは高岩さん全部お願いしますと言って、無理して来てもらった」と裏話を。上堀内監督から「ぶっちゃけますね、あのMCの方(笑)」とツッコミが入る一幕も。

本物のレジェンドになって帰ってくる


西銘さんは「僕はみなさんから『4回死んでるゴーストって凄いね』ってよく言われるんですけど、神様(佐野さん)を前にすると弱いんじゃないかなと、オーラで負けないように今日も赤い衣装で頑張って来ました。(撮影時も)2年ぶりの変身ということで、すごく気合い入れて現場に行きました」と、そうそうたるレジェンドメンバーに加わった事に、恐縮しきりといった様子。

これに対し、現場での西銘さんについて聞かれた上堀内監督は「変わんねえなと思った。現場で会うと『おはようざまーっす!』っていう感じで、う〜ん、いつもの西銘〜と思った。ただ、変身はカッコ良かったですよ。目つきが違う、やっぱり死ぬのを繰り返すと違うのかなと思った(笑)」と、西銘さんのテレビ本編の頃と変わらない元気な部分と成長した部分の対比をコメント。

これに対し、「何回か消滅させて頂いているので…」と、西銘さんが司会の高橋プロデューサーに恨めしそうに訴えると、「こっち見ないで、今日はMCだから」と切り返されて撃沈。会場には笑いの渦が起こりました。

久し振りに仮面ライダーの現場に帰ってきた感想を聞かれた佐野さん。

「僕が鎧武をやってた当時、カミホリさん(上堀内監督)は助監督だったんで、(監督になって)すごくうれしかった。でも、現場で『監督』と呼ぶのは恥ずかしかった」と、当時を知る上堀内監督の初監督作への出演がうれしくもあり、照れ臭くもありといった本音を明かし、「(上堀内監督は)当時からライダー愛があって、僕たちに寄り添ってくれていた。色々相談すると役者の気持ちをくんでくれて、すごくありがたかった。監督になって、一層愛情が増していて、僕たちのパートも変身シーンも役としての葛葉紘汰としても(単なるゲストではなく)しっかりと扱ってくれたのでうれしかった」と続けて、会場からは大きな拍手が起きます。

これに対し、上堀内監督も「まず、顔が違うんですよ。当時のフリーターが似合っていた紘汰が、顔つきがキリッとして人としても役者としても伸びて帰ってきてくれたのがうれしかった」と応えます。


最後に、西銘さんが「2年ぶりに『平成ジェネレーションズ FINAL』に戻って来られてうれしかった。ライダーの先輩方は本物のレジェンドで、僕はまだまだだなと思った。僕は仮の状態のレジェンドなので、本物を身に付けて10年後、20年後にキリッとした素晴らしい顔つきで戻ってきたいと思っています」とレジェンドとして一層の成長を誓います。

また、佐野さんも「平成ラストという大作に出られて、本当にうれしく思っています。今後も色々なところで皆さんとお会いできるように頑張って行きますので、仮面ライダーと佐野岳をよろしくお願いいたします」と新たなステージへ向けた決意を語ってトークタイムの前半を締めくくりました。

トークタイム後半では、佐野さん、西銘さんに変わって、渡部さん、三浦さんが登壇され、赤裸々なトークが展開されました。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com