祝え!『平成ジェネレーションズ FOREVER』の公開を!初日舞台挨拶超詳細レポート

<登壇者>仮面ライダージオウ/常盤ソウゴ:奥野壮、
仮面ライダーゲイツ/明光院ゲイツ:押田岳、
ツクヨミ:大幡しえり、ウォズ:渡邊圭祐、
仮面ライダービルド/桐生戦兎:犬飼貴丈、
石動美空:高田夏帆、
仮面ライダーグリス/猿渡一海:武田航平、
仮面ライダーローグ/氷室幻徳:水上剣星、ティード:大東駿介、
久永アタル:福崎那由他、
山口恭平監督

12月22日(土)、『仮面ライダー平成ジェネレーションズ』シリーズ最新作であり、同シリーズの最終作となる映画『仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』が全国公開され、東京・新宿バルト9にて初日舞台挨拶行われた。

舞台挨拶には『仮面ライダージオウ』から奥野壮さん、押田岳さん、大幡しえりさん、渡邊圭祐さん、『仮面ライダービルド』から犬飼貴丈さん、高田夏帆さん、武田航平さん、水上剣星さんのほか、本作で全ての平成仮面ライダーの歴史を消滅させようとするスーパータイムジャッカー・ティードを演じた劇場版ゲストの大東駿介さん、仮面ライダーファンでありながら仮面ライダーはフィクションであると告げる高校生を演じた福崎那由さん、本作のメガホンをとった山口恭平監督が登壇。

ウォズの失態にキャストから総ツッコミ


舞台挨拶冒頭の挨拶では、奥野さんが自身の演じるソウゴの口癖に合わせ「なんか、この映画大ヒットする気がする!」と挨拶をすると、押田さんも「早くおまえらに映画観せたくてウズウズしている」とゲイツの口癖に合わせた挨拶で会場を盛り上げる。しかし、続くツクヨミ役の大幡さんが普通の挨拶をすると、「何もせいへんの?」と大東さん。「ごめんなさい」と、大幡さんはかわいらしい一幕ものぞかせた。

一方渡邊さんは、ウォズの決め台詞に合わせ「祝え!『仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』上映の瞬間である」と言おうとして「祝え!仮面ライダージェネ…平成ジェネレーションズFOREVER」と、噛んでしまい「おい!」「一番やっちゃいけないやつ!」「一番やったらあかんやつ(笑)」と登壇者から総ツッコミを受け天を仰いだ。

気を取り直して言い直すも、「祝え!平成ジェネレーションズ FOREVER…」と言ったところで肝心の『仮面ライダー』が抜けたことに気づいて「また間違えた!」と自己申告。3度目の正直で無事言い切ると会場からは一際大きな歓声が上がった。

この流れを受けた仮面ライダービルド/桐生戦兎役の犬飼さんは「そういう感じの挨拶なんですね。忘れてましたね、僕たち」と、自分たちが初めて舞台挨拶をした頃と重ねて感慨深げに応え、「じゃあ、新鮮な気持ちで(決め台詞を)やろうかな」と、会場に背を向けて劇中の佐藤太郎のセリフ「夜は焼き肉っしょー!」を発すると見せかけてからの「勝利の法則は決まった!」の決め台詞で会場を沸かせた。

続く、石動美空役の高田さんも、ビルドファンにはお馴染みの「みんなのアイドル!みーたんだよ!」の掛け声で会場を盛り上げたるも、仮面ライダーグリス/猿渡一海役の武田さんは自己紹介程度のあっさりした挨拶をして、犬飼さんから「さらっといくんだ」とツッコミを入れられつつ、続いて仮面ライダーローグ/氷室幻徳役の水上さんが「ヒゲ役の水上剣星です」と、劇中での武田さんからの呼び名で自己紹介をして会場の笑いを誘い、ビルドチームの変わらぬチームワークと仲のよさを見せた。

改めて、公開を迎えた率直な気持ちを聞かれた犬飼さんは「ジオウチームとビルドチームで映画というのは初めてなんですけど、どういう化学反応が起きているのか。僕たちもまだ観れてないので、すごく楽しみです」と、映画としては初めてとなるジオウチームとの共演作への期待を語った。

初めての映画公開を迎えた奥野さんは「(この映画を)早く届けたい、皆さんに届けたいという気持ちがあったので、ドキドキとうれしさとで胸がいっぱいです」と、満足げな笑顔で応えた。

ジオウチームの見どころはソウゴ、ゲイツ、ツクヨミのキャラ変

この映画の見どころについてジオウチームでのクロストークを求められた奥野さんが「ソウゴとゲイツとツクヨミがそれぞれ(本来とは)別のキャラクターになっているのがひとつの見どころになっています」と語る。それに対し大幡さんが「全然別のキャラクターだよね」と相づちを入れたところで、ビルドチームであるはずの犬飼さんが「そうね、ジオウとしても映画は初めてだから…」と会話に割って入りジオウチームを困惑させると、武田さんが「いけいけ、今日はビルドVSジオウだから」と煽って会場に笑いの渦を起こした。

気を取り直してトークを再開しようとするも、事の成り行きを見守っていた大東さんの笑顔に含みを感じた奥野さんは気になってトークに集中できない様子。
そんな大東さんがジオウチームに「みんなはもう(この映画)観たの?」と質問すると、「昨日観ました。(ジオウチームの)4人で」との答えにビルドチームから「僕らまだ観てない」とクレームとも思える声が上がり、自身も未鑑賞である大東さんからは「なんかもう差がついてる」との恨み節が出た。

続けて犬飼さんが「どんな感じだったんですか?」と奥野さんに問いかけると、既に映画を観た自分たちにプレッシャーをかけていると勘違いした奥野さんが「怖い怖い怖い」と笑いながら後ずさりして、「俺だけに任せんとって」とジオウチームの仲間に助けを求める一幕も。
本当にどんな出来栄えなのかを聞きたいのだと犬飼さんに説明された奥野さんが「演じてた僕ら自身が鳥肌が立つような映画になってます」と応えると、武田さんからは「自画自賛だな!」「流石だよ。いいよ、いいよ。いけいけ、もっといけ」とエールとも発破ともとれる言葉が掛けられていた。

同じくこの映画の見どころを聞かれた押田さんは「前半にコメディー調のシーンがあるんですけど、(テレビシリーズでの)いつものキャラとは全然違うキャラを演じているので、そこがひとつの見どころかなと思います」と、テレビとは違ったキャラ作りの魅力を上げてコメント。
次に話を振られた大幡さんは「びっくりサプライズがあるよね」と、本作に仕掛けられたサプライズ演出を上げると、「マジで、そんなのあるの!? 俺らマジで観てないから分かんない!」と武田さんがオーバーリアクションで割って入り、「駿介(大東さん)も観てないでしょ? 多分、若手とおじさんで分けられてる気がする」と発言して会場の笑いを誘った。

おじさんという言葉を受けて大東さんが「おじさん、っていうか先輩ライダーと共演してどうだったですか?」と、奥野さんに問いかけると「(テレビシリーズの)1〜2話でも共演させてもらっているので、(そこから)ちょっと成長した姿を見せられたらなあという思いで現場に挑んだんですけど、僕たちが成長したみたいな話を全然されてなくてちょっとショックを受けています」と、少し寂しげな心境を吐露。これに対して犬飼さんは「いや、分かんないですよ。そんな成長とか言われても…」と困惑した様子で応えつつ、「でも、(初めて)会った頃よりも体つきも目つきもたくましくなったかなというのは感じましたよ」とフォローしていた。

そんな弱気な態度を見せる奥野さんに対し、武田さんが「奥野くん、主役なんだからもっと堂々して!」と檄を飛ばすと、大東さんが「お前ら裏で圧力かけてるな!?」とツッコミ。慌てた武田さんは「かけてない! かけてない! さっき『あいつら、絶対ぇひと言もしゃべらせない』とか言ったけど、ふざけて言ってるだけで間違った伝わり方してる」と、弁解すると会場に笑いが起こる。

改めてこの映画の見どころを聞かれた渡邊さんが「やっぱり、この3人(ソウゴ、ゲイツ、ツクヨミ)が…」と話し始めると、「同じ事しゃべるなよ」と、奥野さんからのツッコミが入る。他に思いつかずに困った渡邊さんが思わず「でも、そこ以外ない気がして…」と、しどろもどろになると、すぐ隣にいた山口監督が「それ以外ないって事はないだろ」と詰め寄り会場を沸かせた。

焦った渡邊さんが「ああ、あとはエンドロールのところですよね」と山口監督に同意を求めるも、「エンドロール!?」と聞き返されて撃沈。
しかし、これに対して押田さんが「エンドロールでクジゴジ堂に帰るシーンがあるんですよ。4人で揃って、っていうのはテレビシリーズではやった事がなくて、映画で初めてなので、そこぜひ観て欲しいなと思います」と説明してフォローした。これで気を取り直した渡邊さんが「昨日実際に観たら、僕らが(完成前の)取材で話していた事と違ってました。取材では難しい内容だって、みんなで言っていたんですけど、1回観るだけで全然理解できちゃう内容というか、すっと入ってくるような物語だったので、そこも是非注目して観ていただきたいと思います」とジオウチームのトークをまとめた。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com