入江甚儀、葉山奨之ら登壇『流れ星が消えないうちに』プレミア試写舞台挨拶

2015年11月21日(土)より全国ロードショーとなる『流れ星が消えないうちに』の女性限定のプレミア試写が東京・新橋にあるスペースFS汐留にて開催された。上映の前後には本作で波留さんが演じる主人公・奈緒子の新旧恋人役をそれぞれつとめた入江甚儀、葉山奨之らが登壇すうる舞台挨拶おもおこなわれた。

注目の女優、波留主演『流れ星が消えないうちに』プレミア試写

nagareboshigakienaiuchini_main1

映画『流れ星が消えないうちに』は、発行部数30万部を超え、広く親しまれている橋本紡の同名小説を映画化した、ヒューマンラブストーリー。5週連続視聴率20%を超えで話題のNHK朝の連続テレビ小説『あさが来た』でヒロインを務める波瑠が主演を務め、さらに入江甚儀、葉山奨之、黒島結菜など注目の若手俳優たちが集結した話題作となっている。監督・脚本は、本作が長編2作目となる柴山健次監督。

nagareboshi_butai
(写真左から、柴山健次監督、渡辺早織、入江甚儀、葉山奨之、塩ノ谷早耶香)

上映前の舞台挨拶では、場内に設置されたスーパープラネタリウム・メガスターによる星空の投影がおこなわれ、満点の星のなかキャスト陣が登壇。

流れ星が消えないうちに プレミア試写 舞台挨拶

本作で波留演じる奈緒子の現代の恋人役・川島巧を演じた入江甚儀は「撮影から約1年位経つんですけど、まだなんか抜けきってないところがあるんですよね。なんかちょっとまだ引っ張られている感じで。そんな好きな映画を今日初めて皆さんに観てもらえる日を迎えて、本当に幸せに感じます」と、初の関係者以外への上映によろこびのコメント。

流れ星が消えないうちに プレミア試写 舞台挨拶

奈緒子のかつての恋人役・加地径一郎を演じた葉山奨之は「本日は女性限定ということで、非常にテンションがあがっております。なんかいいっすね」と挨拶し、会場につめかけた女性陣からは拍手が巻き起こっていた。

加地とともに命を落としてしまう日本人女性役を演じた渡辺早織は「この映画は、すごくロマンチックで優しく、丁寧で、胸がギュッとなるところもあるんですけれど、今日観て、大切な人に話して、一緒に観て頂きたいです」と挨拶。

本作に関して、なぜ映画化しようとしたのかと聞かれた柴山健次監督は「3年前に本屋で表紙を見て、冒頭の台詞で、姿勢を正して読まなきゃいけないと思った。冒頭から期待を裏切らず、撮りたい撮りたいと思い続けるような話だった。これを映画にしないと映画監督になった意味がないと思う位で、その想いを原作の先生に手紙を出しまして、許可をいただきました」と、映画化になった経緯をあかした。

そして本作の主題歌『流れ星』を歌った塩ノ谷早耶香、さらに挿入歌『柔らかな舞台』を歌った桐嶋ノドカも壇上に現れ、塩ノ谷早耶香は「映画を先に拝見して、監督と沢山やりとりをさせて頂きながら歌詞を私自身が書かせていただいたので、長い期間かけて作らせていただいたからこそ、思い入れも強くなったし、映画で感じたメッセージが詰め込まれた曲です」と曲への思いを語り、さらにフォトセッション後には生で『流れ星』が披露された。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com