ニュージーランドの「ホビット村」超完全レポート!!後編

■「映画ロケ地巡り」の記事

前編はこちら!!
ニュージーランドの「ホビット村」超完全レポート!!前編

ニュージーランドのマタマタにある「ホビット村」に足を運んだ東。
カメラのシャッターが火を吹いてばかりのこの理想郷で、絶対に撮るべきフォトスポットを紹介します。

写真なんかどうでも良い!“すべては心のシャッターに刻むのだ!派”の人も、ここだけはせっかくなので写真に収めてください。
なぜなら自慢できます・・・(笑)。

それでは抑えたいフォトスポット・・・HERE WE GOOOOOO!!!!(ラ◯ク王国風)

まず、どう考えても外せない!

・袋小路屋敷(ビルボとフロドの家)

目印は、手前の「パーティーの関係者以外立入禁止」の看板です。ガイドさんの英語がわからなくてもこれだけわかれば問題なし。LOTR,ホビット共に主人公の家という設定のここは抑えておきましょう!

続いて、
・サムの家

LOTRでフロドと道中を共にし、助けてきた庭師・サム。カレの家の目印は黄色いドア。そしてサムは庭師ですよね?なのでここの家の前はお花がきれいです!(そういうこだわりもすごいですね!)果物や薪もあり、温かみを感じます。

更には、
・パーティーツリー

この大きくて特徴的な木の下ではビルボの誕生日パーティーが開かれましたね。胸アツ!ビルボはこの木の下でスピーチをしましたよね!なんとこの木自体、樹齢100年なんだとか。是非、写真を撮っておきましょう。
ちなみにその近くにあるシーソー、実際に試せますよ。20年ぶりくらいのシーソーを楽しみました・・・。

フォトジェニックな写真を撮るなら、
・めがね橋をいれた景色

出陣の際も、見えましたよね。

そんな感じで楽しくホビット村を回ってきたワタシ。
こう思うと結構歩いたようなのですが、前後左右ところどころにホビットたちの釣具や、村のお知らせの看板、

キュートなミニサイズの洗濯物たち、

などなど、
こだわりのみどころがたくさんあってお楽しみが多くって全く疲れませんでした!

そして最後には、劇中にも登場するパブ「グリーン・ドラゴン(緑竜館)」で一休み。

こちらで15分ほど休憩できますよ。

度重なる興奮により松岡修造のようにあつくなってしまった体を冷ますべく選んだドリンクは「自家製」ジンジャービア。
ココで飲む「ジンジャービール」辛口で最高に美味しかった。ノンアルコールです。アップルサイダーも人気メニューらしいですがこっちは逆にアルコール入り。名前に注意!
カウンターの上にグリーンドラゴンいましたので要注意ですよ!(熱)

あ、ここにも知っ得情報、載せておきますね。
実はグリーンドラゴンには、こっそりコスプレアイテムが有ります!!

角の壁にひっそりと掛かっています・・・。
これ、知ってると気軽に記念写真が撮れますよ( ˘ω˘)
人生、思い出作り、せっかくなのでカメラに収めるのも良いでしょう♪
着用は無料です。

グリーンドラゴンを最後に、ホビット村ツアーは終了となりました。
ホビット村の入り口でお土産も買えますよ。
文房具にお洋服にワインなどなど品揃え豊富なLOTRグッズに絶対に何か買いたくなっちゃいます!(笑)

目の前に広がるホビットの世界は想像以上に美しく空気さえも美味しかったです。映画の世界がそのまま広がっていました。

ワタシも「旅の仲間」に迎え入れてもらった気分。
終わってしまうのが寂しかったですし、できればこちらに住みたいと思いました。いつかエルフ語をマスターして再訪したいです。

そんなこんなでワタシのホビット村レポートを終了したいと思います。
楽しんでいただけたならワタシも嬉しい。

ワタシのInstagramではホビット村で撮影した美しすぎる動画もUPされていますのでそちらもチェックしてみてください(*´∀`)
こちら!

それでは、お付き合い頂きありがとうございました。
映画ソムリエの東でした。ニュージーランドのロケ地、まだまだ紹介しちゃうよ!

■「映画ロケ地巡り」の記事をもっと読みたい方は、こちら

(取材・文:映画ソムリエ 東紗友美

関連記事

ニュージーランドの「ホビット村」超完全レポート!!前編
パリと映画 『アメリ』のロケ地を巡る
『ミッドナイト・イン・パリ』から読み解くウディ・アレンのパリ
日本でイチバン007を感じられる場所、どこか知ってる?ボンドになりたい人、必見!!
『君の名は。』瀧くんに出会うため、彼のアルバイト先まで行ってきた!編〜「食べて、祈って、ロケ地見て」〜

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com