ジミー大西「中尾明慶は“1000%ジミー”」沖縄国際映画祭爆笑会見


2017年3月21日(水)、「島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭」の概要発表会見が吉本興業・東京本部にて開催されました。

 オープニングアクトとして登場したのは、おーきな祭ダンス応援団+よしもと沖縄41市町村全力応援芸人+ゆりやんレトリィバァさん。華麗なダンスを披露。

今年は過去最大規模!山原エリアや離島にも会場設置

今年で第9回目となる沖縄国際映画祭。那覇市の波の上うみそら公園をメイン会場に、沖縄県各所で映画・お笑い・音楽・スポーツなど、さまざまなイベントが過去最大規模の12市町村・20カ所以上の会場で開催。

今年は初めて沖縄県北部の山原(やんばる)エリア、さらに、離島の石垣島、宮古島などにも会場が設置されます。

会見は、沖縄出身のコンビ・ガレッジセールと木佐彩子さんの司会で進行。映画祭の上映作品のキャストや、イベントに参加する芸人たちが続々登場しました。

まず登場したのは、会見のために沖縄からはるばるやってきた、よしもと沖縄41市町村全力応援芸人の面々。

一人ずつ挨拶をするも、最初の比嘉さん(初恋クロマニヨン)がボケたため、後に続く人たちも必死でボケを繰り出す羽目になり、やりきれた人もいれば、あきらめる人も。

最後、キャプテンの宮川たま子さんが「どうも、安室奈美恵です〜」とボケたときも、ボケられなかった人は、そのくやしさでちょっとリアクションが薄かった模様。

でも、みなさん奮闘しようとしていた雰囲気は十分伝わりましたよ!

間宮祥太朗、稲葉友らが登場。しずる・池田は映画に「出てないでやんす」?

映画祭で上映される作品のキャスト陣として舞台に上がったのは、木村祐一さん、間宮祥太朗さん、稲葉友さん、川村ゆきえさん、しずるの池田一真さんと村上純さん。

笑福亭仁鶴さんら107人の芸人にインタビューをしたドキュメンタリー『ワレワレハワラワレタイ ウケたら、うれしい。それだけや。』で聞き手をつとめた木村祐一さん。

「内容は逆に笑いはないです。僕が前で怖い顔をしていますから(笑)」と話しつつも「オリエンタルラジオ、ピース、渡辺直美など初公開の人もいるので」とアピール。

なお、木村さんは、GACKTさん主演の『カーラヌカン』にも出演しています。

間宮祥太朗さん主演の『お前はまだグンマを知らない』は、群馬県愛にあふれた“グンマー”たちが登場する作品。

「原作者の井田先生にインタビューをしたとき、圧倒的な熱量の群馬愛を感じた」たエピソードも明かした間宮さんですが、自身の出身地を聞かれると「横浜です」とあっさり白状。

そのあたりもネタにしていきたいそうです。

『N.Y.マックスマン』で主役を演じた稲葉友さん。

「仮面ライダーやスーパー戦隊シリーズに出ていた人がぞろっと集まっていたので、各世代のいろいろなヒーローが混ざり合っていたので面白い空気ができあがっていた」と撮影現場を振り返りました。

これは、特撮ファンにはたまらない作品となっていそうですね!

福島県棚倉町を舞台にした『豆腐の角に頭ぶつけて生きる〜#TANAGURA〜』で豆腐屋の娘を演じた川村ゆきえさんは、豆腐をぶつけるシーンで苦労をしたそう。

「やわらかいかなと思ったら、すごく弾力がありはねかえるので、ポジションの取り方がとても大変でした」とコメント。

耳かきをめぐる三角関係を描いたコメディ『耳かきランデブー」出演者として登壇したしずるの二人。

ところが、会場で映し出された画像に映っているのは村上さんのみで、池田さんは「あっしは出てないでやんす」と、作品には全く出演していないことを告白。

「あっしは村上の旦那の付き添いでやんす。社員さんに「なんで来たんだって』いわれましたが、あっしが聞きたいでやんす」となぜか江戸口調で弁明する池田さん。

ガレッジセールに「思いつくままでいいんですが、撮影現場の雰囲気はいかがでしたか?」と聞かれると、「大変ギスギスした現場で…」と話しだし、これに、村上さんが「してないよ!ほっこりした現場でした」と突込み、会場を笑わせていました。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事