あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

「ボス恋」「#リモラブ」間宮祥太朗、「知ってるワイフ」松下洸平など…一途な姿に惚れる、愛すべき“当て馬”たち



「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」より ©TBS

今期(2021年冬ドラマ)では、間宮祥太朗演じる「オー!マイ・ボス 恋は別冊で」の中沢先輩、松下洸平演じる「知ってるワイフ」の津山など、かっこいいだけでなく行動や言葉が人間として素晴らしい、魅力的過ぎる“当て馬”役たちが話題に挙がりました。私も例にもれず、なぜヒロインはこの人を選ばないんだろう? 幸せになってほしいと思っていました。

過去の恋愛ドラマでも、たびたび“当て馬”役の俳優の演技や切ない運命、報われなくてもヒロインを一途に愛す姿勢がピックアップされてきました。そこで今回は、今期ドラマの二人をはじめ“当て馬”として印象的だった役や俳優、作品について紹介していきたいと思います。

“私が付き合いたい”の声多数、今期ドラマの愛すべき“当て馬”たち

間宮祥太朗…「オー!マイ・ボス 恋は別冊で」中沢役




「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」より ©TBS

主人公・奈未の職場の通称“ドS先輩”。キツめの外見と言葉からは裏腹に、人格が素晴らしすぎるし、名言連発だしもはや神に近い存在。

まず仕事に対して真面目で、ファッション誌に配属されたものの、元々いたカルチャーがすごく好きなことが伝わってくる。奈未(上白石萌音)をはじめとした後輩たちに親切に資料を貸してくれたりアドバイスしてくれたりするし、ピンチになったら助けてくれるし絶対恩着せがましくしない。

そして恋愛においても正々堂々としている。恋敵である潤之介(玉森裕太)に度々奈未を好き宣言、あんたには負けない宣言などをしフェアに戦った。

特に長野で落とし物をした奈未に付き合って帰りのバスを逃してしまい、やっと見つけた宿に一部屋しか空きがないとわかると「俺がお前の彼氏だったら他の男と同じ部屋に泊まられたら嫌だから」と他を探すと言って出ていき、実際は奈未の落とし物を河原で朝まで探していた。落とし物が潤之介からのプレゼントと知っているのにだ。もはや聖人か神の域である。明け方やっと見つけたブレスレットを届けに旅館へ行くと、そこには抱き合う奈未と潤之介の姿が……そっとかばんの横にブレスレットを置いて去るのです。こんな泣ける話があっていいのでしょうか。

さらに、その後も変わらず奈未に親切にし続けてくれる。最終回では落ち込んだ様子の潤之介を飲みに誘って励まし、奈未の背中を押すという、普通の人間なら精神崩壊しそうな状況でも常に正しい行動をし続けた神だった。作中で奈未は彼の名言日めくりカレンダーを出版しているが、複数買いするので実際に商品化していただきたい。

ちなみに髪型も間宮祥太朗の良さをめっちゃ引き出している髪型だったと思う。
単に中沢のほうが奈未のことを好きだということが伝わる機会も少なかったし、潤之介のほうが奈未にとってドラマティックな出会いやシーンが多かっただけだと思う。きっともっと中沢先輩に会った人がいるから幸せになってほしい。

松下洸平…「知ってるワイフ」津山役




「知ってるワイフ」より ©フジテレビジョン

今期の心から幸せになってほしい“当て馬”その2である。主人公・元春の同期にして親友の津山役。

元いた世界では既婚で双子の父親だったが、妻の澪(広瀬アリス)とうまくいかない元春が「相手を変えればおれば幸せになれる」という限りなく自己中な考えによって過去を変え、さらに変わった後の世界で、恋人(元の世界の妻)を空港まで追いかけようと乗ったタクシーを元春に強奪されたために独身となってしまう、本人は人生を変えられたことなど知る由もないですが不憫な人なのです。

だが彼が不憫なのはそこだけではない。変わった後の世界でこれまた独身となった澪のことを好きになり、友人である元春(ちゃっかり澪の他に気になってた女と結婚)にも相談。元春は自分が望んで過去と結婚相手を変えたにも関わらず、澪が他の人とくっつくのが面白くなくて阻止するというクソ行動に出ます。

澪に告白するも答えは保留、「いい人だけどキュンとしないんだよなぁ」と言うも、おそらく元春への想いを断ち切るために最終的に告白をOKします。この時点で結構ひどい。しかも結局元春が離婚したと知った澪に振られてしまう。優しく「これで気まずくなるなんて嫌だよ」と言ってくれるが、友達の前では泣くという健気さ(ちなみにこのとき、離婚して住む場所がなくなった元春は津山の家に居候しているし、元春にもすごく優しい)。

澪と元春がキスしたと知った時は(実際は澪が強引にしたのだが)激高し彼を殴りつけたものの、その後元春が仕事で窮地に立たされたときは確認を取ったり、手掛かりになりそうな情報をつかんできてくれたり、客先に元春の仕事ぶりを証言してくれるよう頼みに行ったり(しかも澪と一緒に)と、これまた涙ちょちょぎれそうないい人です。徳を積みすぎです。

部屋もめっちゃおしゃれ。部屋を見ただけでモテそう。幸せになってほしい。

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 記憶に新しい、イケてる“当て馬”たち

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録