ラスト2本! 中村吉右衛門版「鬼平」が主演150作フィナーレ

池波正太郎さんの不朽の人気時代劇『鬼平犯科帳』。二代目中村吉右衛門さん主演の現行シリーズが、2015年12月18日放送の『鬼平犯科帳スペシャル 浅草・御厩河岸』、2016年夏撮影で2016年末~2017年初頭に放送予定の『鬼平犯科帳スペシャル』で有終の美を飾ることが明らかになりました。

最終作の『鬼平犯科帳スペシャル』は前後編2本となり、この作品で中村吉右衛門さん主演の鬼平犯科帳は150タイトルを迎えます。

P00001762565

池波さん「原作にないものはやるな」

池波さんの遺言に「原作にないものはやってくれるな」という内容があったのはファンなら知るところです。1989年からテレビ放送が始まった中村吉右衛門さん版の鬼平では映像化可能なものはすべて放送し、複数の原作を組み合わせたり、1時間の枠で作ったドラマ版にアレンジを加えたスペシャルドラマの制作を行いました。

そのような現状の中、2016年末からの『鬼平犯科帳スペシャル』(前後編2本)がシリーズ150本目を迎えること、テレビドラマ史に燦然と輝く中村吉右衛門さん版の「鬼平」を理想的な形で終了し、有終の美を飾りたいという想いから、残り2作品の発表でフィナーレを迎えることにし、最終作の制作をスタッフ一丸となって行いたいという考えでこのたびの発表となったそうです。

圧倒的な存在感「吉右衛門版・鬼平」

P00001762481

テレビドラマ版は中村吉右衛門さんのお父さん・八代目松本幸四郎さん主演で1970年に放送されたのが最初です。以降、1982年までに丹波哲郎さん、萬屋錦之介さんが長谷川平蔵役を演じてきました。12年の間に3人の「鬼平」が誕生したのですが、中村吉右衛門さんは、1989年の第1シリーズから数えて27年もの間演じ続けています。

2001年までの連続ドラマとして全137話。2005年放送の『鬼平犯科帳スペシャル 山吹屋お勝』から今年1月放送の『鬼平犯科帳スペシャル 密告』まで、スペシャルドラマが11本。全部で148本の「吉右衛門版・鬼平」が放送されてきました。

もはや「当たり役」という言葉が陳腐になるくらいの、自らの分身となったのではないでしょうか。その存在感は圧倒的ですし、今の40代以下のファンでも「鬼平」=「中村吉右衛門」という方はとても多いのではないかと思います。その吉右衛門版・鬼平のラスト2作、括目するしかありませんね。

出演はもっと長い

鬼平犯科帳_中村吉右衛門

八代目松本幸四郎さんが長谷川平蔵を演じた時の鬼平犯科帳では、中村吉右衛門さんは長谷川平蔵の息子・辰蔵を演じていました。文字通りの親子共演です。

そして中村吉右衛門さんが小説の中の長谷川平蔵と同じ45歳になった1989年に満を持して主演。辰蔵時代と合わせると30年もの間、中村吉右衛門さんは鬼平に携わっていたのですね。

中村吉右衛門さんプロフィール

鬼平犯科帳_中村吉右衛門5

昭和19年5月22日生まれ。東京都出身。初代松本白鸚の次男。母方の祖父・初代中村吉右衛門の養子となる。屋号は播磨屋。昭和23年6月東京劇場『御存俎板長兵衛』の長松ほかで中村萬之助を名乗り初舞台。昭和41年10月帝国劇場『金閣寺』の此下東吉ほかで二代目中村吉右衛門を襲名。

歌舞伎界を代表する立役の一人であり、時代物、世話物、新歌舞伎、舞踊など幅広い芸域で数多くの当り役をもつ。平成14年日本芸術院会員。平成23年重要無形文化財保持者(人間国宝)。

初代中村吉右衛門の俳名を冠した興行「秀山祭」(しゅうざんさい)は、初代の生誕120年にあたる平成18年から行われている。
松貫四の名で自ら筆をとり『再桜遇清水』、『藤戸』、『日向嶋景清』の上演を手がける。
平成18年から24年まで、文化庁による舞台芸術体験事業に参加。小学生に歌舞伎の楽しさを教える活動を行う。
昭和59年度第39回芸術祭優秀賞、第41回日本芸術院賞。平成14年度第57回芸術祭大賞など受賞多数。

(C)フジテレビ


    ライタープロフィール

    奥野 大児

    奥野 大児

    現代ものやSFなどの映画はあまりわからないけれど、時代劇と海外ドラマはなぜか見ている1971年生まれのフリーライター・ブロガー。とりわけ必殺シリーズおよび「鬼平犯科帳」「御家人斬九郎」の ・悪人が悪人を裁く ・良い人も悪いことをすることがある ・松平家の御紋が通用しない といった設定が大好き。 映画の時代劇の映像の暗さを楽しむために、部屋を真っ暗にして堪能している。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com