『PAN』を10倍楽しめる8つのこと!海賊たちが女装していた?黒ひげの真の目的とは?

(C)2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

本日2月16日、金曜ロードShow!にて『PAN ネバーランド、夢のはじまり』が放送されます。

本作は誰もが知る「ピーター・パン」の物語をベースに、まだ空を飛ぶ才能を知らなかったピーターや、鉤爪を持っていないころの若き日のフック船長の姿を描いた、いわゆる“エピソードゼロ”的な内容になっています。

最新の映像技術による幻想的な光景、作り込まれたネバーランドの世界、『インディー・ジョーンズ』のようなギミックのあるアクションだけでも存分に楽しめる内容ですが、実は説明が最小限になっているために気づきにくいポイントも多数にある、奥深い作品であることをご存知でしょうか。

ここでは、『PAN ネバーランド、夢のはじまり』がさらに面白くなるトリビアや、さっと見ただけでは気づきにくい盲点、重要キャラクターの黒ひげの魅力などをまとめてみます。

なお、以下の項目4.からは本編のネタバレに触れているのでご注意を。それまでは大きなネタバレはありません。

1:無重力シーンは『ゼロ・グラビティ』のオマージュだった!

(C)2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

序盤、ピーターが海賊船に誘拐されて雲の上に出ると、まるで無重力状態のように浮遊する、というシーンがあります。ここで、2013年に公開された『ゼロ・グラビティ』を思い出した方も多いのではないでしょうか。

実は、ジョー・ライト監督自身『ゼロ・グラビティ』の映像表現に度肝を抜かれていたそうで、この無重力シーンを「『ゼロ・グラビティ』に敬意を評して作ったんだ」と明確に答えているのです。ニワトリが産んだ卵が浮遊していくのも、『ゼロ・グラビティ』の“ペン”を真似したためなのだとか。

他にもうっとりするような映像美やアイデアに魅了されっぱなしの本作ですが、中盤の“木の年輪”をモチーフにしたアニメーションも面白いですよね。このアニメシーンを担当したのはアンドリュー・ホアンという若手アニメーターで、YouTubeで公開されている「SOLIPSIST」という作品を観た監督が起用を決めたのだそうです。

2:オープニングの秘密とは? 院長はネバーランドと癒着があった!

(C)2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

本作には、ディズニー映画に出てくる悪役をそのまま3次元化したような、醜い容姿と高い戦闘力を併せ持つババア……もとい、孤児院の院長が出てくるのも印象的です。この院長の行動をよく見てみると、冒頭で海賊旗を掲げて、ネバーランドから来る海賊船を呼んでいます。つまりこのババア、ネバーランドと癒着があります。この孤児を売り飛ばしているという設定のおかげで“第二次世界大戦中(映画オリジナルの設定)のロンドンなのに、孤児院に物資を貯蓄できている”理由が説明できています。

その他にも、オープニングのロンドンのシーンでは“ピーターが人魚の絵を描いている”や、倉庫に“ボトルに入った海賊船がある”など、その後の展開を暗示しているアイテムが登場していたりもします。これはジョー・ライト監督によると、「その後のことがピーターの想像上の産物かもしれないというくすぐり」であり、「ネバーランドはピーターがロンドンで見聞きした出来事が反映されている」ということでもあるのだとか。

また、名も無き少年が手に飛行機を持って遊んでいるシーンが、軍用機と共に海賊船が空にあるという“あり得ない”光景とオーバーラップするシーンもありました。こうしたところで、“ファンタジーと現実が交錯する”ことを示しているのも、実に巧みです。

3:海賊たちが女装をしていた! その理由とは?

(C)2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

初めてネバーランドに来た時、海賊たちが大合唱しているシーンも強烈な印象を残します。ここで集まっている海賊たちよく観てみると、その多くが“女装”をしていることがわかります。中には女性用のカツラを被っていたり、大きな“蝶の羽”を身に着けている者もいました。

実は、ジョー・ライト監督は1990年代から2002年ごろまで続いていたシエラレオネ内戦の反乱者を、この海賊たちに投影していたところもあるようです。事実、ウェスト・サイド・ボーイズという少年兵は、当時にほぼ武装ギャングのような暴力や残虐な行為を繰り返しており、女装やかつらなどを身につけていた他、ギャングスターラップやレゲエなどの音楽を戦闘前の儀式に用いていたこともあったのだとか。なるほど、これは今回の海賊のイメージにとても近いですよね。

重要なのは、海賊たちの首領の黒ひげが「(さらってきた子どもたちは)あらゆる人種あらゆる宗教を持ち、あらゆる場所あらゆる時代から集まっている」「君たちは自由だ」「新たな時代の開拓者(パイオイア)だ!」などと、表面上は多様性や自由の素晴らしさを訴えていることです。

しかし、実際の黒ひげは子どもたちを強制的に炭鉱の仕事でこき使い、自由も何もない場所で縛り付けている、もっと言えば多様性を持つ人間を画一的に見て、その可能性を根こそぎ奪っています。これらの言葉が欺瞞に満ちていることは誰の耳にも明らかです。(海賊たちや労働者たちはすっかり洗脳されていたのか、黒ひげの言葉を疑問に思っていたのはピーターだけにも見えましたが)

その“欺瞞に満ちた多様性の訴え”の象徴とも言えるのが、海賊たちの女装姿なのではないでしょうか。その女装姿は粗雑でとても女性には見えませんし、服そのものも「略奪して手に入れたんだな」と容易に想像がつきます。

近年はLGBTへの理解が進み、2017年の実写映画版『美女と野獣』でも女装をする男性が出てきたりなど、多様性の素晴らしさを訴える映画も多くなっています。しかし、この『PAN ネバーランド、夢のはじまり』での海賊の女装姿は、それとは逆に“表面上(建前)だけの多様性の訴え”がいかに浅ましいものであるかを、暗に示しているのではないでしょうか。

ちなみに、 黒ひげの衣装は、日本のファッションデザイナーの山本耀司の作品の他、マリー・アントワネットをイメージしているところもあるのだとか。その服は女王のように優雅でありつつも、彼の高慢さも表わしているかのようですよね。

※以下からは『PAN ネバーランド、夢のはじまり』本編のネタバレに触れています。鑑賞後に読むことをおすすめします。

4:ニルヴァーナの名曲を用いた意図とは?

洋楽ファンには言わずもがなのことかもしれませんが、前述した海賊たちが合唱しているのは、ニルヴァーナの「Smells Like Teen Spirit」と、ラモーンズの「Blitzkrieg Bop」です。

実は「Smells Like Teen Spirit」の楽曲は、初めから使うのが決まっていたわけではありません。「海賊それぞれがまったく違う個性を放っているが、何か共通の原語や習慣を持たせたかった。ハードでパンクな雰囲気のね」という理由で、ジョー・ライト監督がリハーサルの段階から採用したのだそうです。

また、繰り返される「How-Low-Hello」という歌詞は“黒ひげの最期”とリンクしています。字幕なしの吹替版で見ると知り得ないことですが、このHow-Lowは字幕では「どこまで落ちるんだ?」と訳されており、奈落の底に落ちていく黒ひげもまた「どこまで落ちるんだ(How low)?」と言っているのです。ある意味では海賊にぴったりとも言える威圧的な「Smells Like Teen Spirit」の歌詞が、悪役の最期と重なるという皮肉にもなっているのですね。

5:その後の「ピーター・パン」の物語を思わせる小ネタはこれだ!

(C)2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

本作は「ピーター・パン」の前日譚と言える内容なので、オリジナルへの敬意や“小ネタ”もたくさん仕込まれています。例えば、“後のフック船長を思わせる描写”を挙げると以下になります。

・フックはピーターと出会った時に鉤爪(フック)を研いでおり、ピーターの独房へ通じる穴も鉤爪で掘っていた。

・ピーターはフックが仕掛けた爆弾が爆発するまで「チクタク(Tick-Tock)……」と言っている。さらに、フックが何気なく川に手をつけた時、タイガー・リリーに「この辺りにワニがいる」と言われたので引っ込める。これらは後々“チクタクワニ”がフック船長の天敵になることのくすぐり。

言うまでもないことですが、フック船長は手をピーター・パンに切り落とされて、チクタクワニに食べさせられて鉤爪の手になったため、その復讐をしようと企んでいるというキャラです。(本編の最後にピーターとフックは「ずっと友だちだよね、フック!」「ああ、上手くいかないわけがない!」と言っているのに、何でそんなことになるんだろう?)

また、フック船長は劇中で2回、ピーターも最後にフック船長を倒す時に「楽しいことを考えろ(Think a happy thought!)」と言っており、それは元々のピーター・パンが空を飛ぶ前に子どもたちに言うアドバイスでもあるのです。もしくは、ディズニーアニメ版『ピーター・パン』の楽曲「You Can Fly! You Can Fly! You Can Fly! 」の歌詞にある「You think of a wonderful thought!」「Think of the happiest things.」のもじりなのかもしれませんね。


    ライタープロフィール

    ヒナタカ

    ヒナタカ

    ヒナタカ 「カゲヒナタの映画レビューブログ」運営中のフリーライター。All Aboutでも映画ガイドとして執筆中。なぜか中高生向けの恋愛映画もよく観ています。

    ピックアップ

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com