長編アニメ映画『屍者の帝国』の さまざまな意欲的試み

■「キネマニア共和国」

21世紀初頭、2本の小説を記し、3本目の執筆中、34歳の若さで息絶えた夭折の作家・伊藤計劃。
今、彼の世界が映像で蘇ります……。

《キネマニア共和国~レインボー通りの映画街 vol.35》

伊藤計劃、未完の小説『屍者の帝国』が長編アニメ映画化されました!
屍者の帝国_B2pos

“Project Itoh”第1弾は
屍者と生者が共存する世界の物語

生来、病弱だった伊藤計劃は己の命の短さを予見しつつ、人類や人生そのものへの絶望と希望を交錯させながら、小説の力をもって独自の世界観を確立させていきました。

本作は『虐殺器官』『ハーモニー』とともに、そんな伊藤原作の小説をアニメ映画化する“Project Itoh”の第1弾となる作品です。

もっとも原作の『屍者の帝国』そのものは、伊藤が30枚ほど書いた後で病没し、盟友の円城塔が書き継ぐことで完成したもので、いわばふたりの友情の賜物ともいえる作品です。

基本ストーリーは、死者を蘇生させる技術が開発され、彼らを労働や戦争などに使役させることが可能となった空想の19世紀末を舞台に、生者のように意思を持ち言葉を話す屍者を生み出す技術を記した「ヴィクターの手記」を探すよう密命を受けたロンドンの医学生ジョン・ワトソンが、屍者のフライデーを連れて世界中を渡り歩くというもの(明治時代の日本も舞台になります)。

ここでユニークなのは、原作のフライデーはミッションのアシスタントとしてクライアントがジョンに贈与したものですが、映画ではジョン自身が親友であったフライデーの遺言に従い、彼を蘇生したという設定になっています。

この改変に対して既に原作ファンの間で賛否が飛び交っているようですが、ジョン=円城塔、フライデー=伊藤計劃と置き換えてみれば、映画化における作り手の改変の意図が見えてくるかもしれません。

つまり、伊藤と円城の友情とその絆を、映画のフライデーとジョンに重ね合わせているのではないか?

そう考えると、映画ファンの立場としては大いに許せてしまえる改変ではあるのですが、原作ファンの立場としてはいかがなものでしょうか?
Project Itoh 屍者の帝国

■「キネマニア共和国」の連載をもっと読みたい方は、こちら


    ライタープロフィール

    増當竜也

    増當竜也

    増當竜也 Tatsuya Masutou 鹿児島県出身。映画文筆。 朝日ソノラマ『宇宙船』『獅子王』、キネマ旬報社『キネマ旬報』編集部を経て、フリーの映画文筆業に就く。 取材書に『十五人の黒澤明』(ぴあ刊)、『特撮映画美術監督・井上泰幸』(キネマ旬報社刊)など。 編集書に『40/300 その画、音、人』(佐藤勝・著)『神(ゴジラ)を放った男/映画製作者・田中友幸』(田中文雄・著)『日記』(中井貴一・著)『日記2』(中井貴一・著)『キネ旬ムック/竹中直人の小宇宙』『同/忠臣蔵映画の世界』『同/戦争映画大作戦』(以上、キネマ旬報社刊) その他、パンフレットやBD&DVDライナーノートへの寄稿、取材など多数。 ノヴェライズ執筆に『狐怪談』『君に捧げる初恋』『4400』サードシーズン(以上、竹書房刊) 現在『キネマ旬報』誌に国産アニメーション映画新作すべてのレビューをめざす『戯画日誌』、『衛星劇場プログラムガイド』誌に、毎月オンエアされる松竹映画名作群の見どころなどを紹介する『シネマde温故知新』を連載中。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com