究極の邦画アクション『RE:BORN』誕生!下村勇二監督インタビュー

今年は間違いなく、「アクション映画」が飛躍を遂げた年だと言える。年始早々『ドラゴン×マッハ!!』が新次元のアクションを見せたと思えば『イップマン 継承』でドニー・イェンがこれまでにないドラマチックなカンフーを見せた。さらに『HiGH&LOW THE MOVIE2 END OF SKY』で邦画アクションも格段の進歩を遂げてきた。これだけでも十分だったところに、さらに別次元のアクションを見せる映画が誕生した。それが、下村勇二監督の『RE:BORN』だ。

©︎RE:BORN PARTNERS

それは衝撃的な戦技だった。すれ違いざまには、ほぼ勝敗がついている。何が起こったか分からない内に敵が倒されている。しかもラスト40分は、そんな戦技“ゼロ・レンジ・コンバット”がこれでもかというほど繰り広げられ、観客を主人公と同様の極限状態へと引き込んでいくのだ。それはもう、度肝を抜かれたというより「出会うべき作品に巡り会えた」という感動と興奮により近い。

ストーリーはシンプルだ。石川県の加賀でサチという少女の面倒を見ている敏郎は、最強の元傭兵部隊員。あることがきっかけで部隊を壊滅させた敏郎だったが、部隊を率いていたファントムから狙われてしまうことに。刺客が次々と送り込まれ、敏郎は体に染み込んだスキルを駆使してそれを返り討ちにしていく。そしてファントムの手はサチにまで及び──。

刺客の一人である“アビスウォーカー”は、かつて戦地で敏郎とパートナー的な関係にあった人物で、その戦闘術は驚異的。この役を演じている稲川義貴氏こそ本作の戦術&戦技アドバイザーを務めた人物であり、ゼロ・レンジ・コンバット(零距離戦闘術)の考案者でもある。

©︎RE:BORN PARTNERS

稲川氏は特殊部隊の格闘技教官という経歴を持つ“プロ中のプロ”であり、敏郎とのバトルは圧巻という言葉ですら表現しきれないほどの、別次元の闘いになっている。アビスウォーカーと対峙する敏郎役のTAK∴こと坂口拓も、俳優であると同時に『リアル鬼ごっこ』や『HiGH&LOW THE RED RAIN』のアクション監督としても知られ、本作の撮影のために稲川氏のもとで修行を積んだ実績を持つ。そして下村監督自身もドニー・イェンのもとでアクションを学んだ経験を持ち、『図書館戦争』や『GANTZ』のアクション監督を務めている。『RE:BORN』とは、まさに“アクション&闘いのプロたち”が結集したアクション映画なのだ。

今回、幸運にも下村監督に作品についてお話をお聞きすることが出来たので、じっくりと『RE:BORN』という作品を紐解いていきたい。

©︎RE:BORN PARTNERS

下村勇二監督インタビュー

──宜しくお願いします。まず、『RE:BORN』を制作したきっかけについて教えてください。

下村:俳優を引退していた坂口拓(TAK∴)が復帰する、という話が出てきたんです。彼とは自主制作活動をしたりして古くからの友人だったので、ここは僕が復帰作を監督して「今まで見たことのないようなアクション映画を撮ろう」と話しました。ただ彼の中では、自身が監督主演した『狂武蔵』でアクションの全てを出し切ったこともあり、何が出来るのか悩んでいたところもあったそうです。そんな時に坂口から稲川先生を紹介されて。坂口が「この人は本物だ」と認めていた方ですし、国内外で戦闘術を教えられている稲川先生の話をお聞きして「これを映画に取り入れられたら凄いよね、誰も見たことのない作品になるよ」という話になりました。それが3年くらい前でしょうか。

──企画協力として園子温監督の名前もありました。

下村:もともと坂口と園子温監督が仲が良くて、ある時会話の中で『ある街に元傭兵が住んでいて、誰も知らない間に任務を遂行して、次の朝には日常に戻っている』というアイデアが生まれたそうなんです。それを基にして坂口が叩き台となる脚本を書き起こしました。

©︎RE:BORN PARTNERS

──共演に斎藤工さん、いしだ壱成さん、篠田麻里子さんら豪華キャストが集結しています。

下村:キャスティングに関しては坂口の交友関係が大きいですね。ロック役のいしださんは坂口が監督した『サムライゾンビ』からの付き合いがあり、ニュート役の篠田さんは『リアル鬼ごっこ』で坂口がアクション監督を務めて以降、坂口からアクションを学ぶなどして交流がありました。健二役の斎藤さんについては彼が有名になる前から坂口が気に掛けていたということもあって、皆さん快くオファーを引き受けてくれました。

©︎RE:BORN PARTNERS

──意外なところでは、大塚明夫さんの名前も。

下村:僕が『メタルギア・ソリッドⅤ ファントムペイン』のアクション・コーディネーターを務めていたこともあり、最後のボス、ファントム役は大塚さんに演じてもらえないかと思ってオファーしました。大塚さんには、「目元に傷を入れますよ」と伝えたら「うん、いいよ」とも言ってもらえて(笑)。大塚さんの出演で違う層にもアピール出来るし、この役は今でも大塚さん以外に考えられないと思っています。

©︎RE:BORN PARTNERS

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com