『チャンス商会~初恋を探して~』衝撃の展開と感動のラストに涙腺決壊!

いつもは、Amazonプライム・ビデオで配信中の韓国映画の中からオススメの作品を紹介しているのですが、今回は少し趣向を変えて、Huluで配信中の2015年日本公開の韓国映画『チャンス商会~初恋を探して~』をご紹介したいと思います。

人生の晩年を迎えた男女に訪れた、予期せぬ出会いから始まるラブストーリーなのですが、実は観客の予想を超えた展開に加えて、涙と感動のラストが待っていることでも話題となった本作。

事実、ユーザーからのレビューでも高い評価を得ている作品なのですが、果たしてその内容と出来は、どのようなものなのでしょうか?

ストーリー

スーパーマーケット「チャンス商会」で働くソンチル(パク・クニョン)は、頑固で気の短い独り身の老人だったが、向かいの家に引っ越してきた老婦人のグンニム(ユン・ヨジョン)の積極的な態度に、自然に惹かれるようになる。
スーパー近辺の再開発に断固として反対するソンチルを、なんとか説得したい「チャンス商会」の店長チャンス(チョ・ジヌン)ら周辺の住民は、ソンチルとグンニムの仲を近づけて立ち退き同意書に判を押させようと、ソンチルの恋を手助けし、ソンチルは結婚を意識するようになる。
ところが、グンニムがある理由で突然ソンチルの前から姿を消してしまう。グンニムの行方を探す過程で、ソンチルはチャンスの妹のミンジョン(ハン・ジミン)から、ある秘密を明かされるのだが…。

意外などんでん返しと、感動のラストに号泣必至!

映画の冒頭に登場する制服姿の男女の淡い恋愛模様や邦題からは、初恋の相手との再会を描く感動のラブストーリー? そんな印象を強く受ける本作。

ところが続いて登場する主人公のソンチルが、険しい顔の見るからに頑固そうな老人なため、人によっては冒頭のイメージとのギャップに、先の展開がちょっと心配になってしまうかもしれません。

しかし、近所に越してきた花屋の主人グンニムと出会い、周囲の人々のアドバイスを受けながら慣れないデートを繰り返すことで、次第にソンチルの表情にも笑顔が戻ってくることになります。

これだけでも十分面白そうなのですが、実は本作の素晴らしさはここからなのです。

何故か積極的に接近してくるグンニムのペースに巻き込まれて、ダンスに挑戦したり遊園地に行ったりするソンチル。

グンニムとの交流を通して、孤独な一人暮らしだったソンチルにも、いつしか人生を楽しむ余裕や新しい世界が開けていくことになります。

このまま70歳男女のラブストーリーが展開するかと思いきや、ここからストーリーは急展開!

今まで好人物と思われていた、チャンス商会の社長の計画が明らかになるなど、町の再開発や立ち退き問題を巡る様々な思惑が交錯する中、果たしてソンチルの恋はどのような結末を迎えるのか?

ここまでストーリーを紹介してきましたが、実は本作がユーザーから高い評価を得ている理由は、この先に待つ予想外の展開と感動のラストにあります。

例えば、前述したグンニムの方から積極的に接近してきた理由や、70歳を超えたソンチルがスーパーで働き続けられる理由など、細かい描写の中に重要な意味が隠されていたことが、観客にも分かってくるのです。

加えて、単なる甘いラブストーリーには終わらせず、やがて誰もが迎える”老い”の現実を描くラストが、観客の心に深い余韻を残すことになるのは見事!

実際、ソンチルのあまりに頑固な態度や、周囲の人々の態度に覚えた違和感にも重要な伏線が隠されているなど、その練りこまれた脚本が観客に与える感動は、『ハロー!?ゴースト』や『シークレット・ミッション』に匹敵する破壊力となっているのです。

ここから先は絶対にネタバレ厳禁なため、ぜひ本編でご鑑賞頂きたいのですが、以前ご紹介した『ハロー!?ゴースト』や『シークレット・ミッション』に感動・涙した方なら、絶対に号泣必至の結末が待っている作品なので、全力でオススメします!

最後に

孤独で気難しい老人に見えた主人公ソンチルへの印象が、映画の冒頭とラストで180度違ってしまう展開や、本編中に散りばめられた数々の伏線が回収される見事な脚本など、できれば事前の情報を遮断して鑑賞に臨んで頂きたい、この『チャンス商会~初恋を探して~』。

物語が進行するにつれて、意外な事実や人々の過去が明らかになっていく展開が素晴らしいのですが、特に冒頭のシーンと見事に繋がるラストの展開は、幸せだった頃の記憶が、いかに人々の心の支えとなるかを表現していて、実に見事!

加えて、細かい描写に隠されていた全ての伏線が、見事に回収されて迎える涙と感動のラストは、やがて誰もが迎える”老い”の現実と同時に、共に寄り添ってくれる家族という存在の大切さを、観客に教えてくれるのです。

町の再開発を巡る利害関係や、グンニムが姿を消した理由も含めて、全ての問題や事件が最終的に家族愛の素晴らしさへと着地する感動作なので、思いっきり泣ける自宅での鑑賞が、オススメです!

(文:滝口アキラ)

関連記事

『ザ・キング』検事の頂点を目指せ!成り上がり大エンタメ作の「3つ」の魅力!
『エンドレス 繰り返される悪夢』はタイムループ映画の傑作!見逃し禁止な「3つ」の理由!
感動作『戦場のメロディ』をお家時間にぜひ観てほしい「3つ」の理由!
『シークレット・ミッション』が『ハロー!?ゴースト』と並ぶ感動作である「3つ」の理由!
『ハロー!?ゴースト』ラスト10分の感動に涙が止まらない!「3つ」の魅力!

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com