晩秋にふさわしい日本映画④ 『さようなら』

■「キネマニア共和国」

ふけゆく秋、じっくり見たい日本映画をいくつかご紹介。最後にご紹介したいのは……。

《キネマニア共和国~レインボー通りの映画街 vol.66》

本物のアンドロイドと人間の共演が話題の、深田晃司監督の『さようなら』です。
さようなら

現代日本が置かれた様々な問題を
SFの衣を借りて見事に表現

平田オリザの同名戯曲を原作とする『さようなら』は、ざっくりジャンル分けしてしまうと近未来SF映画です。

以前ご紹介した『FOUJITA』同様、本年度の東京国際映画祭コンペティション部門に出品されたりと、芸術的香りの高い作品がお好きな方はそれでよしとして、そういうのが苦手な方にもぜひ見ていただきたい作品です。
さようなら
ストーリーは、原発事故によって日本の大半が放射能に汚染され、もはや国外退去するしか生きる術をなくした、日本に住む人々。

つまり、日本人はこれから難民になっていくのです。

ちなみにこの世界、既にマイ・ナンバー制度も導入されており、番号が近い者たちは同じ国や地域に避難できる確率が高くなるということで、恋人たちは急いで結婚したりしているようです。

避難する人々には優先順位があります。

外国人難民や罪人などは、どうも下位のようです。

本作のヒロインとなる病弱なターニャ(ブライアリー・ロング)も、なかなか順位が回ってきません。

ターニャには恋人(新井浩文)がいますが、ではふたりは結婚するのか?
さようなら
ここで、差別と逆差別の問題が生じてきます。

それが何かは見ての楽しみとして、最終的に彼女はどうなるのか?

その顛末を、幼い頃より彼女をサポートし続けてきたアンドロイドのレオナが見守ることになっていきます……。
さようなら

■「キネマニア共和国」の連載をもっと読みたい方は、こちら


    ライタープロフィール

    増當竜也

    増當竜也

    増當竜也 Tatsuya Masutou 鹿児島県出身。映画文筆。 朝日ソノラマ『宇宙船』『獅子王』、キネマ旬報社『キネマ旬報』編集部を経て、フリーの映画文筆業に就く。 取材書に『十五人の黒澤明』(ぴあ刊)、『特撮映画美術監督・井上泰幸』(キネマ旬報社刊)など。 編集書に『40/300 その画、音、人』(佐藤勝・著)『神(ゴジラ)を放った男/映画製作者・田中友幸』(田中文雄・著)『日記』(中井貴一・著)『日記2』(中井貴一・著)『キネ旬ムック/竹中直人の小宇宙』『同/忠臣蔵映画の世界』『同/戦争映画大作戦』(以上、キネマ旬報社刊) その他、パンフレットやBD&DVDライナーノートへの寄稿、取材など多数。 ノヴェライズ執筆に『狐怪談』『君に捧げる初恋』『4400』サードシーズン(以上、竹書房刊) 現在『キネマ旬報』誌に国産アニメーション映画新作すべてのレビューをめざす『戯画日誌』、『衛星劇場プログラムガイド』誌に、毎月オンエアされる松竹映画名作群の見どころなどを紹介する『シネマde温故知新』を連載中。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com