高杉真宙主演『世界でいちばん長い写真』、口コミがさらなる観客の共感を呼ぶ!

こんにちは、八雲ふみねです。

今回ご紹介するのは、現在公開中の『世界でいちばん長い写真』。
学生時代、部活やってました?



八雲ふみねの What a Fantastics! ~映画にまつわるアレコレ~ vol.163

内藤宏伸は引っ込み思案な男子高校生。

高校では写真部に所属してはいるものの、人物写真をテーマにした写真品評会も、人を撮るのが苦手な宏伸にとっては苦痛以外の何物でもなく、部長の三好奈々恵に怒られる日々を過ごしていた。

しかし高校生活最後の夏休みのある日、宏伸は従姉の温子が店長を務めるリサイクルショップで、これまで見たことがないカメラに出会う。それは360度、長い写真が撮れるように改造された、世にも珍しいパノラマカメラだった。

このパノラマカメラで撮影を試みた宏伸は、現像した写真を見て、これまでにない感動を覚えて…。

世界でいちばん長い写真を撮る!感動の実話を実写化。

原作は「武士道シックスティーン」や「ストロベリーナイト」など、幅広いジャンルで活躍する人気作家・誉田哲也による同名小説。

実在の出来事が元になっており、誉田氏が長い写真のギネス記録についてのニュースをテレビで見たことがきっかけとなって、この物語が生まれました。
本作は実際にギネス記録となった長い写真を撮った学校で撮影、さらには知多半島オールロケを敢行。

写真に青春を賭けたひと夏を鮮烈に映し出した青春群像劇です。

主人公の内藤宏伸を演じるのは、今年は出演作の公開が目白押しの高杉真宙。引っ込み思案でやってみたいコトがあっても手を挙げることすらできない、そんな主人公がパノラマカメラ撮影を通じて変化していく姿を繊細に演じています。

宏伸の従姉・温子役には武田梨奈。見た目はキレイなお姉さん、中身は宏伸とは対照的に竹を割ったような“男前”なカッコいいお姉さん…というキャラクターがぴったりハマる好演ぶり。温子さんの結婚エピソードも、胸キュンポイント高めで見どころですよ。

ほかにも写真部のクールビューティーな部長・三好奈々恵役に松本穂香、温子の友人・小出智也役にBOYS AND MENの水野勝、カメラ店主・宮本賢一役に吉澤悠、温子の祖父・竹中芳郎役に小松政夫と、若手からベテランまで新鮮な顔合わせが実現。等身大の青春模様を生き生きと体現しました。

口コミが口コミを呼び、高評価!その理由とは…。

6月23日に公開されてから、劇場に足を運んだ観客から共感の声が殺到している本作。

全国で30館と上映館数も少なく、青春映画とはいえキラキラ感は少なめ。どちらかと言うと素朴な印象が強い作品ですが、何故これほどまでに観客の心を掴んでいるのでしょうか。

それは、本作の中には“誰もが経験したであろう青春”が散りばめられているということ。平凡な高校生が一台のカメラとの出会いによって遂げるささやかな成長。
何かひとつのことに夢中になる躍動。平凡な日常も、実はすべて“青春”だったのだと気づかされるノスタルジー。

自分が過ごした青春時代とまったく同じではなくても、普通の高校生が普通の青春を送っているからこその共感を呼び、一緒に時を過ごしているような感覚が味わえ、体の底から感動がこみ上げてくるのでしょう。

実際、主演の高杉真宙をはじめキャスト陣の多くが「この映画の撮影中は、自分にとっても青春そのものだった」と語っていることでも、いかに熱量の高い撮影現場だったかを窺い知ることが出来ます。

作り手があの手この手を使って、映画を“キラキラさせよう”としなくても、真摯に丁寧に作り上げれば作品そのものが煌めきを放ち得ることを、本作は証明しているのではないでしょうか。

ホンモノの“世界でいちばん長い写真”に、観客も感嘆!

本作の完成披露上映会には、主演の高杉真宙をはじめ、武田梨奈、松本穂香、水野勝、草野翔太監督が登壇。

この日は映画のお披露目を記念して「世界でいちばん“思い出に残る”撮影会」も開催。観客の皆さんにも撮影の時間を設けさせていただきました。

また初日舞台挨拶には、高杉真宙、武田梨奈、水野勝、草野翔太監督が登壇。
フォトセッションでは、劇中で撮影した実物の“世界でいちばん長い写真”が登場。

登壇者の皆さんが 持っているもので長さは2メートル。これはごくごく一部で、完成品は145メートルにもなるとのこと。

生命力あふれるクライマックスシーンが焼き付けられた写真に、私も司会を務めながら感極まるものが。

映画を観終わったお客様とともに“青春”を共有する、ステキな舞台挨拶となりました。

<作品情報>

世界でいちばん長い写真
2018年6月23日からシネ・リーブル池袋、イオンシネマほか全国順次ロードショー
監督・脚本:草野翔吾
原作:誉田哲也「世界でいちばん長い写真」(光文社文庫刊)
主題歌:「真夏のグライダー」Lily’s Blow(Being,Inc / Honey Bee Records)
キャスト:高杉真宙、武田梨奈、松本穂香、水野勝、前原滉、田村杏太郎、黒崎レイナ、森田望智、前原瑞樹、吉沢悠、小松政夫 ほか
©2018 映画「世界でいちばん長い写真」製作委員会
公式サイト http://sekachou.com/

八雲ふみね fumine yakumo

八雲ふみね大阪市出身。映画コメンテーター・エッセイスト。
映画に特化した番組を中心に、レギュラーパーソナリティ経験多数。
機転の利いたテンポあるトークが好評で、映画関連イベントを中心に司会者としてもおなじみ。
八雲ふみね公式サイト yakumox.com

関連記事

俳優・高杉真宙、“本当は”イイ男だった!
原作者・水野美波が映画『虹色デイズ』に太鼓判!著名人の絶賛コメント到着
新田真剣佑は主役で活躍する俳優になるかを考えてみた。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com