平成仮面ライダーとは“謎の概念”!?『仮面ライダージオウ』白倉P&武部Pに篠宮暁が直撃!

篠宮:『ジオウ』主演の奥野壮くんについて、いろんな媒体を見てると白倉さんがべた褒めしてらっしゃる印象なんですが、やっぱりすごいですか?

武部P:白倉さんは最初から推してましたね。

白倉P:真面目な人ですね。

篠宮:やっぱり王様になりたい、っていうのはなかなか突飛な役どころだと思うのですが。

武部P:達観的というか、現実離れしてるというか。

篠宮:それを見事に演じられている。

白倉P:うん。

武部P:最初から、彼にはそんなところがありましたよね。「高校辞めました」って言われて、「え? 両立できるんじゃ?」と凡人は思ってしまうんですが(笑)。

篠宮:押田岳さん演じるゲイツは、白倉さん作品の2号ライダーのいいところが詰まってる感じがします。ザ・2号ライダーという感じで!

武部P:えー⁉︎ そうですか? だって弱いですよ、ゲイツって(笑)。噛ませじゃないですけど、ジオウはあんまり負けられないので。何かというとゲイツが飛ばされて、変身解除してる(笑)。

白倉P:だから最近、ある監督がアフレコ中に「お前、やられが本当にうまいな」って(笑)。

武部P:それをいうんなら、『龍騎』のナイト(松田悟志)とかもめっちゃやられてたわ〜!って、思い出しますね。

篠宮:そう、ナイトの松田悟志さんとかぶるところがあります。

武部P:似てますよね〜。ああいう風にツンツンの髪型にしたら。

白倉P:1話の撮影で初めて現場にきたときに、カメラマンさんが「松田、いや松田じゃない、押田!」って(笑)。

武部P:あはは。田﨑監督も言ってましたよ。この子が最終に残ってます、って写真を見せたら「松田悟志じゃない?」って。「いや、もうちょっと若いです(笑)」って。

篠宮:そうだったんですね(笑)。でも、髪型だけじゃなく、声とか、演技の仕方も似てると思います。

武部P:骨格なのかな。劇中での立場も似てますしね。『龍騎』、懐かしいですね。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com