号泣!『サウスポー』で王道ストーリーの偉大さを痛感!

ボクシング映画の王道『サウスポー』

サウスポー

(C)2015 The Weinstein Company LLC. All Rights Reserved.

男というのはヤクザ映画観た後はヤクザに憧れるし、超能力の映画観たら「自分にも、もしかしたら・・」そんな勝手な感情移入するもの…。

何よりも顕著なのが、やはりボクシング映画。

劇場から出てくる男がシャドーしちゃうなんて、よくある話。

そう。今回紹介する、心震えた映画は

『サウスポー』

『トレーニング デイ』などを手がけたアントワン・フークア監督作品。主演はジェイク・ギレンホールで、ボクシング元世界チャンピオンの再起と家族の絆を描いている。

サウスポー

(C)2015 The Weinstein Company LLC. All Rights Reserved.

怒りをエネルギーに相手を倒すというスタイルで、ボクシング世界チャンピオンにまで上り詰めたビリー・ホープ。しかし、自身が起こした乱闘騒ぎの結果、妻を死なせてしまい、さらにはボクサーライセンスまで剥奪されてしまう。

失意のどん底にあったビリーだったが、育ての親であるトレーナー・ディックの元を訪れ、過去の自分と向き合いながら、再びリングへ上がる道を模索していく。

主人公を演じるギレンホールは、本作出演のために6カ月におよぶトレーニングによりボクサー体型を作り上げたという。さらに、フォレスト・ウィテカー、レイチェル・マクアダムスらが脇を固めている。

先日、ボクシングの世紀の一戦でメイウェザーと戦ったUFCのスター選手のマクレガーが、今回の主人公に似てる気がする。

デビュー前は生活保護を受けるような生活だったが、今や長者でインスタではめちゃくちゃバブリーな生活を世界に配信してたり、試合前は相手を挑発したり、見た目だったり、結構共通点ある。

『サウスポー』はベタの凄みを教えてくれた作品

サウスポー

(C)2015 The Weinstein Company LLC. All Rights Reserved.

肝心の内容についてはめちゃめちゃざっくり言えば、いわゆるボクシング映画によくある「強い→負ける→奮起→勝つ」みたいな流れ。

なんだよ。単純じゃないか?

そう思う方いらっしゃると思います。

そうなんです。超王道なんです。

嫌な言い方すれば「超絶ベタ」。

しかし、僕が感動したのはぶっちゃけそこ。

だってジェイク・ギレンホールが主役ですよ。(真偽はわからんが当初エミネムだったという話も・・・)

監督ならば斜に構えた、構造に一手加えた、批評家がうなるような作りの映画を撮りたい。

そう思っちゃうと思うんです。(勝手なイメージやけど・・・)

しかし違う。ボクシング映画のど真ん中をひた走るストーリー。そして、そこには親子愛や超どん底感や人間的な成長が、濃く濃く乗っかってくる。

最初はすぐ怒りに満ちたり、成金のようなジェイク演じる主人公に「なんでやねん。」と思いながらも、どんどん自分を重ね合わせるくらい映画に入り込んでしまう。

「怒り」が、いかに自分を破滅させるか教えてくれる。

そしてオチだってわかってる。そりゃ「勝つ」の一択。

こんな事言いたくない。こんなコラム書いてて、こんな野暮な事言いたくないんですが言わせてください。

サウスポー

(C)2015 The Weinstein Company LLC. All Rights Reserved.

そりゃ「勝つ」のわかってた。いや全員わかってる。

オチも娘との行方も分かってながらも、ここまで心を打つ作品になるという事に心揺れた。

ベタの威力。王道の凄み。横道無しの一直線で心に来た。

恥じました。

「好きな映画は?」と聞かれて、難解な映画を答えようとしていた自分を恥じた。

サウスポー

(C)2015 The Weinstein Company LLC. All Rights Reserved.

あと奥様役の女優、レイチェル・マクアダムスが綺麗。

「濡れ場あるかな?」なんて思ってしまった自分も恥じました。

当時、新宿の映画館でひとりで観て、ひとりで号泣して、泣き疲れてトイレでおしっこをしていた。

ふと横を観ると、たまたま同じ回を観ていた芸人、ラブレターズ塚本君が目を赤くしてこっちを見てる。

目が合う。何も話さない。おしっこは出たまま。

お互い、うなづきながら

「良い映画だったね~」

「そうですね・・めっちゃよかったです・・・」

と心で会話し、そのまま各々帰る。

感動。充実。爽快感。シンプルで、かつ王道なストーリーの偉大さを改めて痛感させられた作品。

観てない方は是非。

(文:南川聡史)

■このライターの記事をもっと読みたい方はこちら
■映画の濡れ場大好き芸人の濡れ話はこちら

関連記事

この恋こそ純愛と声高に言いたい!心が揺さぶられる『オアシス』
「絶対当たれへんやろ…これ…」と先輩が呟いた『リベリオン』
男だったら全員好きな映画。怒涛のアクションを繰り広げる『ジョン・ウィック』
ラーメン二郎のような映画『哭声/コクソン』
「もう!男って何で殴り合いが好きなの!?」そんな貴女に送る映画2本、「サウスポー」&「ディストラクション・ベイビーズ」

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事