『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のレビュー|J.J.エイブラムスだからできた見事なシリーズ締めくくり

少しあらすじを。

スターキラー基地の破壊から約一年後、レイア・オーガナー将軍(キャリー・フィッシャー)率いるレジスタンスが復活した。生き延びた10数人メンバーは、同志や宇宙船を集める。

一方、ファースト・オーダーの最高指導者になったカイロ・レン(アダム・ドライバー)は、銀河中に勢力を拡大しながら、ファースト・オーダーの起源の秘密や、自らが殺したスノークの暗黒の力の秘密を探し求めていた。

レイ(デイジー・リドリー)はジェダイの道を究めるために特訓に励んでいた。師がもういないレイにとって、ルーク・スカイウォーカー(マーク・ハミル)が残した8冊のジェダイの聖典が、知識を得るために欠かせない書物であった。レイはそれを読み進めていくうちに、銀河の未知領域の闇の奥に、シスの星があることを知る。

レジスタンス復活に貢献したポー・ダメロン(オスカー・アイザック)は、フィン(ジョン・ボイエガ)、チューバッカ、R2-D2らと共にいた。彼らと合流したレイは、ミレニアム・ファルコンで惑星パサーナに向かう。そこはシスの信奉者オチの宇宙船の目撃情報がある星だった。そしてシスの短剣を発見し、短剣には古代の文字が刻まれていた。その文字はC-3POによって解読されるが、規定により翻訳データを第三者に伝えることが禁じられていたのだった。その制限をなくす為に一行は、システム・ハッカーが必要になり、山岳惑星キジミに向かう。

キジミで、小さな店を構えるバブー・フリクはドロイドのよろず修理屋であるのと同時に、有能なシステム・ハッカーであった。またかつてのポーの知り合いゾーリ・ブリス(ケリー・ラッセル)と出会い、彼女の案内でゾーリの元に辿り着く。シスの文字を解読したC-3POの改造を依頼したが、それはC-3POの記憶メモリーの初期化をしなくてはならなかった。つまり、これまでのC-3POの記憶を無くす、死を意味する改造だった。C-3POはその死を受け入れ、解読することが出来た。

シスの要塞が残された惑星の位置を知るには、パルパティーンが持っていたウェイファインダーというものが必要になる。そのためには、約30年前に破壊された第二デススターの残骸を調べることになり、、、

簡潔に書いても少し長くなってしまいました。未見の方のためにこの辺でおさめます。

物語的には過去作の膨大な量の回収もあり、少々なこじつけさはあるものの、それを上回るエモさ、熱さでそんなこと気にせずとも、のめり込めます。

今作で監督をつとめるのは、『スター・ウォーズ/エピソード7 フォースの覚醒』も監督したJ.J.エイブラムス。『スター・ウォーズ/エピソード8 最後のジェダイ』では製作総指揮に回りましたが、今回で帰ってきて、ラストを締めくくります。

J.J.でなければ、ここまで風呂敷を広げたものをおさめきれなかったのでないでしょうか。「エピソード4.5.6/1.2.3」へのオマージュも感じさせる各場、見事な手腕です。

(多くは言えませんが、、ネタバレ注意、、)

かつての英雄たちの登場(?)には、こちら側は胸熱すぎました。個人的には、残されていたルークのエックスウイングに乗り込むレイ。ルークのヘルメットを被ったレイが操縦するシーンが堪らんのです。

さらにはランドの再登場。今作を鑑賞していると、過去作の名シーンのフラッシュバックが、止まりません。

そして、あの惑星でのラスト、、

嗚呼、これでスカイウォーカー一族の話も終わりを迎えるのかと、郷愁にかられました、、

終わりは観たくないけれど、でも観たい。

そんな気持ちを見事に掬い取ってくれました。

これで、私も夜明けを迎え、新たな人生に向かって進んでいけます。いきます。(大仰ではなく)

とても清々しい夜明け。

皆様もぜひ、ぜひ!感じてみてください。

スカイウォーカー万歳。ありがとうございました。

それでは、今回も、

おこがましくも紹介させていただきました。

(文:橋本淳)

■このライターの記事をもっと読む

(C)Universal Pictures

関連記事

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』観客の夢を締めくくる「3つ」の見どころ!
『スター・ウォーズ』完結までの約40年間を振り返る
溢れるスターウォーズ愛で『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』の見どころを語る
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』解説!時系列は?過去作の印象はこう変わった!
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』クイズ30問!やればできる!やればできる!


    ライタープロフィール

    橋本淳

    橋本淳

    2004年(平成16年)テレビ『WATER BOYS2』で本格的に芸能活動を開始。2005年(平成17年)に『魔法戦隊マジレンジャー』の小津 魁/マジレッド役に抜擢される。 以後、テレビ『連続テレビ小説 ちりとてちん』『大河ドラマ 軍師官兵衛』『PATグランパ!』『悦ちゃん』、『CHASE』、『刑事ゆがみ』など。映画『婿入金魚』、『At the terrace テラスにて』、舞台『黒いハンカチーフ』『書く女』『月・こうこう、風・そうそう』『クレシダ』『キネマと恋人』『君が人生の時』城山羊の会『相談者たち』など多数の作品に出演。 シネマズby松竹では【おこがまシネマ】を第2、4水曜に隔週連載。「烏滸がましくも、まだまだ青臭さの抜けない、橋本淳という役者が、映画を紹介するページです。嗚呼、烏滸がましや烏滸がましや」

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com