あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

『カポネ』レビュー:暗黒街の帝王アル・カポネ、その堕ちて壊れた最晩年の衝撃と悲哀

SHARE



■増當竜也連載「ニューシネマ・アナリティクス」SHORT

アル・カポネ(1899~1947年)といえば、20世紀前半、禁酒法時代を含むアメリカ暗黒街を代表する大ボスであり、犯罪映画いおいては悪役の代名詞ともいえる存在でもあります。

ブライアン・デ・パルマ監督の名作『アンタッチャブル』(87)でロバート・デニーロが怪演していたのを筆頭に、これまでさまざまな形で彼は映画やドラマに登場してきました。

その中で本作は、1931年に脱税の罪で逮捕され、1939年にようやく釈放されたカポネの1940年代半ばの最晩年の姿を描いた異色作。



ここでは梅毒に侵されて久しいアル・カポネ(トム・ハーディ)が認知症を患い、どんどん精神錯乱していく過程が描かれていきます。

前半は現実がいつのまにか妄想の世界へ入り込んでいくようなタッチで見る側を惑わせつつ、「あの世紀のギャングスタ―がこんなんなっちゃって……」といった人生の哀歓を忍ばせていきます。

しかし、これが後半になるともう完全にイッちゃった彼のご乱行の数々が、それこそ『シャイニング』のジャック・ニコルソンを彷彿させるトム・ハーディの狂気演技でホラー・チックに披露されていくので、もう唖然茫然、別の意味で戸惑ってしまう人もいることでしょう。

そしてついにクライマックスでは……!



一方でカポネはどこかに多額の隠し財産を所有しており、捜査官クロフォード(ジャック・ロウデン)らFBIはそのありかを探るべく、ずっとカポネを監視しているのですが、何とカポネ本人もその隠し場所を忘れてしまっている!?

一事が万事この始末で、時に脱糞していることにも気づかないカポネの哀れさと、それでも彼を見放すことなく愛し続ける妻(リンダ・カーデリーニ/好演!)をはじめ家族の献身も本作は見逃しません。

唯一、隠し子の存在を示唆していく描写の数々は少し消化不良の感もありましたが、総じて堕ちた大物の最晩年は実に興味深く、その栄枯盛衰の「衰」をまざまざと堪能することができます。

監督は『クロニクル』(12)などでマニアックな評価の高いジョシュ・トランク(ハリス捜査官役で出演もしています)。

数々の企画に携わるもなかなか陽の目を見ることなく不遇な時期を余儀なくされた才人でもある彼、もしかしたらカポネに自身の忸怩たる想いを込めて演出していたのかもしれません。

(文:増當竜也)

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 『カポネ』作品情報

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

(C)2020 FONZO, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.