東京国際映画祭ラインナップ発表会記者会見

10月22日(木)から31日(土)までの10日間、六本木をベースに都内各所で開催される第28回東京国際映画祭のラインナップ発表会が29日、都内で行われた。

コンペティション部門は世界中から集められた16作品。うち3本が日本映画となる。
TIFF_logo2015_0107-10002.jpg_cmyk
会場にはその3本、日本人画家・藤田嗣治の波乱の生涯を描いた『FOUJITA』の小栗康平監督、小野不由美のミステリ小説を原作とする『残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋』の中村義洋監督と主演の竹内結子、放射能で汚染された日本を舞台に人間と本物のアンドロイドの交流を描く『さようなら』の深田晃司監督と主演のブライアリー・ロングが登壇。
Main_0929写真左から小栗康平監督 中村義洋監督 竹内結子 ブライアリー・ロング 深田晃司監督

「1940年代のパリに生きた藤田の複雑な人生を通して、2015年の今、何が見えてくるのか? を意識して撮りました。コンペで競うことよりも、みなさんがどんな風に見てくださるかと、期待を持ち続けるだけです」(小栗)

「ホラー映画を撮っていると怖いものに慣れてくるものですが、今回は本当に怖い小説が原作で、撮影中も怖かった。コンペの審査員の方々が怖くて見られなかった元も子もないですよね(笑)」(中村)

「原作も脚本も、いただいてからしばらくは怖くて読めませんでした。撮影中も一刻も早く家に帰りたかった(笑)。今回は映画“祭”ということで、いろんなかたがたにお祭りとして楽しんでいただきたいですね」(竹内)Yuko_Takeuchi

「原作は20分弱で、余白が多かった分、いろいろ膨らませていく感覚でした。コンペといってもスポーツではないし、審査員さんとのご縁やタイミングもありますので、どう見ていただけるか楽しみにしています」(深田)

「撮影前に福島に行って被災者の方々と出会い、心を動かされるとともに大きな責任を感じました。私のデビューは東京国際映画祭なので、本当に私を育ててくださり、深く感謝しております」(ロング)Bryerly_Long


    ライタープロフィール

    増當竜也

    増當竜也

    増當竜也 Tatsuya Masutou 鹿児島県出身。映画文筆。 朝日ソノラマ『宇宙船』『獅子王』、キネマ旬報社『キネマ旬報』編集部を経て、フリーの映画文筆業に就く。 取材書に『十五人の黒澤明』(ぴあ刊)、『特撮映画美術監督・井上泰幸』(キネマ旬報社刊)など。 編集書に『40/300 その画、音、人』(佐藤勝・著)『神(ゴジラ)を放った男/映画製作者・田中友幸』(田中文雄・著)『日記』(中井貴一・著)『日記2』(中井貴一・著)『キネ旬ムック/竹中直人の小宇宙』『同/忠臣蔵映画の世界』『同/戦争映画大作戦』(以上、キネマ旬報社刊) その他、パンフレットやBD&DVDライナーノートへの寄稿、取材など多数。 ノヴェライズ執筆に『狐怪談』『君に捧げる初恋』『4400』サードシーズン(以上、竹書房刊) 現在『キネマ旬報』誌に国産アニメーション映画新作すべてのレビューをめざす『戯画日誌』、『衛星劇場プログラムガイド』誌に、毎月オンエアされる松竹映画名作群の見どころなどを紹介する『シネマde温故知新』を連載中。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事