『仮面ライダーキバ』現在と過去を往来する濃密ストーリー!【篠宮暁の特撮辞典・第16回】

仮面ライダーキバ VOL.1 [DVD]
【オジンオズボーン・篠宮暁の特撮辞典】

現在と過去が同時進行で描かれる、濃密ストーリー

2007年、『仮面ライダー電王』が様々な化学反応を起こし、人気が爆発しました。

本編継続を望む声が吹き出ましたが、「電王」も例年通り1年で終了。そして『仮面ライダーキバ』が放映開始。

しかし「電王」の余韻がかなり残っていたので、僕は最初、「キバ」に入っていけるか正直不安でした。ところが、始まってみればそんな不安もなんのその。

濃密なストーリーが、すぐさま作品に引き込んでくれました。

パンク・バックトゥ・ファーザー

この作品には、怪物(“ファンガイア”)と人間の間に生まれた紅渡(くれない・わたる)と、もうひとり主人公がいます。紅渡の父で過去編のメインキャラクター・紅音也(くれない・おとや)です。

『仮面ライダーキバ』は、なんと、2008年の現在編と1986年の過去編が同時進行で描かれていくのです。

心が撃ち抜かれる! 男が惚れるヒーロー

二重奏・ストーカーパニック

現在編でわかっているのは、渡の父・音也はもう死んでるということ、母がファンガイアだということ。その謎が過去編で明らかになるんです。

作中、現在編と過去編がめまぐるしく変わります。「スター・ウォーズ」の「エピソード4」と「エピソード1」が、同時に進んでいく感じです。

両編とも同じ分量、熱量で進んでいきます。しかし、僕は当初、過去編に心奪われていました。

過去編の主人公・音也に、男ながら惚れ込んでしまいまして、彼が発する一言一言に心を撃ち抜かれていました。

とにかく、音也がものすごく魅力的なんです。

未完成・ダディ・ファイト

音也を演じたのは武田航平さん。とんでもない俳優さんです。

そんな感じなので、現在編がはいってこない状態だったんですが、途中から現在編もグイッと面白くなってきて、そこで完全に、「キバ」にハマったんだなと悟りました。

まるで、昼ドラのようなドロドロした感じもあり、その裏切り合いや愛憎劇が「キバ」の魅力でもあります。

今でも「平成仮面ライダーのオススメは?」と聞かれると、この作品を真っ先に挙げます。

「キバ」の脚本を書かれているのは井上敏樹さんという方なのですが、この方の書いた作品も、「電王」などを手がけた小林靖子さん同様、無条件で大好きになる傾向があります。

が、その話はまたいつか。

名シーンを脳裏に焼き付ける、劇中歌にシビれる!

威風堂々・雷撃パープルアイ

「キバ」は、主人公が2人とも魅力的なのですが、それを支える俳優陣もかなり豪華で魅力的です。

両編にて登場する、対ファンガイア組織「素晴らしき青空の会」の代表・嶋護(しま・まもる)を演じたのは金山一彦さん。その拠点になっていた喫茶店のマスターに木下ほうかさん、準主役と言っても過言ではない活躍をみせる次狼(じろう)を演じた松田賢二さん、この作品をきっかけに、他の特撮作品にも羽ばたいていった山本匠馬さんなど。

今改めて名前挙げてみると、すごい面子だなと再確認。

面白くないわけがない。

ストーリーも俳優陣も凄いですが、僕が「キバ」を好きな理由はまだあります。劇中歌がシビれるくらいかっこいいんです。

なんと、紅渡を演じる瀬戸康史さんが自ら歌っています。

SUPERNOVA(DVD付)

「TETRA-FANG」というバンド名義で、何曲も楽曲が制作され、その曲が効果的に作中に流れて、映像と音楽を同時に脳裏に焼きつけてくれます。

「Supernova」という人気曲は、僕も好きなのですが、個人的には「Individual-System」という曲が1番好きです。

曲を作っているのは鳴瀬シュウヘイさん。「キバ」あたりから「仮面ライダー」作品に関わられて、今では「仮面ライダー」に欠かせない方になりました。そのあたりも注目してみてください。

これ見てキバって行こうぜ!

ちなみに、「素晴らしき青空の会」の秘密兵器、仮面ライダーイクサは、全シリーズ合わせて1番好きなライダーです。

白いボディがかっこよすぎる! 装着者もコロコロ変わるのですが、やはり音也の変身するイクサが1番!

(文:オジンオズボーン・篠宮暁)

※この記事は、WEBサイト「WB」にて以前連載していたものを、再編集したものです

以前の記事はこちらから

【オジンオズボーン・篠宮暁の“特撮”向上委員会】も連載中!

関連記事

化学反応おきまくりヒーロー!『仮面ライダー電王』【篠宮暁の特撮辞典・第2回】
『烈車戦隊トッキュウジャー』これぞ東映マジック!ダサい見た目の鉄道ヒーローに熱中【篠宮暁の特撮辞典・第15回】
柳楽優弥&瀬戸康史がW主演!彰義隊を描く青春群像劇『合葬』DVD発売
特撮大好き芸人・篠宮暁がインタビュー!映画『パワーレンジャー』デイカー・モンゴメリー×ナオミ・スコット
目指せ“パワーレンジャー”!篠宮暁が坂本浩一監督の元でアクションにチャレンジ

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事