神尾楓珠が一触即発になる瞬間とは?『うちの執事が言うことには』インタビュー

映画『うちの執事が言うことには』が、5月17日(金)より全国公開。今作は上流階級ミステリーとして、「King & Prince」の永瀬廉演じる烏丸家27代目当主・烏丸花穎(からすま・かえい)と清原翔が演じる新米執事の衣更月蒼馬(きさらぎ・そうま)が身の回りで起こる事件を通して、対立しながらもお互いを知り、成長していく姿を書いた同名小説の実写化作品です。

突然当主になることを命じられた花穎と思いがけず若き当主に仕えることとなった衣更月の<一触即発>不本意コンビ。そして、烏丸家の使用人たちや、ある出来事から花穎の友人となった赤目刻弥(神宮寺勇太)が物語を展開していきます。

今回インタビューを実施した神尾楓珠さんは、烏丸家のハウスキーパー代理として花穎を慕う存在ながら、一般的な家庭に育ち、ときおり使用人らしくない姿も見せるところが魅力の今時の青年・雪倉峻を演じています。そこで、今作の舞台や観客に近い目線で花穎たちと関わる役どころについて、またプライベートのお話など広く伺いました。

──上流階級の名家が舞台ということで、普段触れることの無い世界だと思いますが、役が決まったときのお気持ちや脚本読んだときの感想を教えてください。

神尾楓珠(以下、神尾):峻自身はたまたまそこで働くことになった普通の子なので、演じる上で上流階級ということを意識することはなかったです。でも、廉は王子様とかおぼっちゃまっぽい感じがするので、上流階級という言葉がピッタリだなと思って(笑)。

──実際会って、そう思ったんですか?

神尾:「King & Prince」っていうグループのイメージでした(笑)。でも、現場でも、気が回るというか、いろんなところに気が使える人だと感じたので、育ちがいいんだろうなぁって思いました。

──上流階級にあまり関係ない世界にいたという点では、峻はご自身と近いところもあるのでは?

神尾:そうですね。名家がどういうところなのか何もわからず入っていって、礼儀正しくしようとしてるところとか、頑張ってるけど上手くできないっていうのが、峻のいいところだったり、かわいいところだったりするのかなと思ったんです。だから、所作もあまり完璧にやろうと意識せずに、できることだけやるのがちょうどいいのかなと思って演じました。

──それでは、永瀬さん、清原さん、神宮寺さんと妹の美優を演じた優希美青さんの印象を教えてください。

神尾:廉と翔くんはずっとふざけてたんです。そこに、神宮寺くんがたまにツッコミを入れるっていう光景が毎日(笑)。カメラが回っていないときも、役の距離感のようなものが続いていたので、僕も役のようにあまり入らずにどちらかというとそれを見ていました。廉と神宮寺くんは「King & Prince」のメンバーですけど、変に身内で盛り上がるみたいなことはなくて、役としての距離感を保っていると感じました。

美青ちゃんはずっと『名探偵コナン』について話してましたね。一緒のシーンも多かったので、一番会話したのは多分美青ちゃんなんですけど、ひたすらコナン愛を語っていたので、僕はちょっと反応に困ってました(笑)。

画像はクリックで拡大・高画質表示できます。

──神尾さんと永瀬さんは20歳で同い歳ですが、劇中では当主とハウスキーパーという立ち位置ということで、演じる上での距離感は意識したんですか?

神尾:普通に話そうと思えば、同じ学年だし、サッカー好きっていう共通点もあったし、相当話は弾んだと思うんですけど、峻はハウスキーパーという立場なので、あまり自分からはいかないようにしてました。無意識ですけど、控え室でも存在感を消してたと思います(笑)。

──では、撮影待ちの間は永瀬さんとどんなやり取りを?

神尾:廉がおにぎりとかくれました。朝、コンビ二で買ったやつが余ったからくれたみたいなんですけど、そこは使用人としては食べるしかないと思って(笑)。でも、廉がリーダーシップとってくれていたので、みんながついていった感じでしたね。

──神尾さんは永瀬さんを「廉」と呼んでるんですね。永瀬さんは神尾さんのことをなんて呼んでたんですか?

神尾:楓珠です。役としての距離感は意識してましたけど、敬語は無いです! それこそ現場中は普通に廉とか、花穎様とか呼んでましたね。花穎って呼ぶのは変だなって思ったので、花穎様は花穎様なんですけど。でも、役を離れた今は、たまに無意識でお前とか言っちゃいますもん。…こんなこといったら、廉のファンに怒られるかな(苦笑)。

──同い年の役者として、永瀬さんをリスペクトする部分について教えてください。

神尾:集中力がすごいんです。役に入ってるときの集中力も、それを切らさない持続力も。花穎が泣くシーンがあるんですけど、撮影前は「泣けない、泣けない」って言ってたのに、全カット終わるまでずっと泣いてるんですよ。それがすごいなぁと思ったし、その勝負強さも感じました。

──撮影中に印象的だった出来事はありますか?

神尾:本編には使われてなかったんですけど、最後のシーンのあとで花穎が使用人に指示をだすところが廉のアドリブだったんです。それが確信をついてるというか、全員に対して的を得たことを言っていて、「うわ、花穎だなぁ」と思ったんです。そういうのが花穎の信頼に繋がるのかなぁって感じて、なんだか楽しかったですね。

──撮影といえば、豪華なセットも印象的でしたが、ああいう現場に足を踏み入れると自然と意識も切り替わります?

神尾:自然と、背筋がピシっとなりますね。完成した映画を見て思ったんですけど、入った事のない部屋がめちゃめちゃあるんだなって! 僕は応接室にしか入ったことが無かったので、花穎の部屋とか、ご飯食べるとことか、別の建物で撮影した場所は映像で初めてみて、「すごっ!」って思いました。「あ、こんな風になってたんだ」って、出演してるのに新たな発見がありました(笑)。

──撮影中に原作者の高里椎奈先生がいらした日があったそうですが、現場でお話しされたり、何か声をかけてもらったり、ということはあったんですか?

神尾:「かわいい」ってずっと言われました(笑)。峻として、花穎に従ったり尽くしたりしてる感じを見て、そう思ってくださったのかなって。でも、それが伝わっててよかったなと思います。峻にとって花穎様がやっぱり一番なんで、そこがちゃんと伝わったのはうれしかったです。

──ちなみに、原作は読まれたんですか?

神尾:脚本に関わってくるお話を読みました。当主と執事っていう、この2人の関係性はなかなか一般的には無い状況ですけど、原作を読んだらそれが身近にあるように感じたので、そこがいいなぁと思いました。

──神尾さん自身のお話も伺いたいのですが、花穎は色彩感知能力のように神尾さんがこの能力なら負けないと思うものはありますか?

神尾:何に対しても切り替えが早いことですかね。仕事でも、次の役に入るときにあまり引きずることはないんです。スパっと切り替えができるので、あまりそこで苦労したことはないですね。

──作品のキャッチコピーにちなんで、神尾さんの<一触即発>な瞬間を教えてください。

神尾:うーん、なんだろう…。僕、焼肉が好きで、よく食べにいくんですけど、網で自分が育てた肉を取られた瞬間は一触即発かもしれないですね(笑)。

──では、花穎にとっての鳳のように、神尾さんには憧れのような気持ちをもったり、頼りになるような存在の人はいますか?

神尾:おじいちゃんですかね。小学校のころ、周りの友達と趣味が合わなくて、あまり一緒に遊ばなかったんです。だから、学校が終わったらおじいちゃんの家に行って、本屋さんとかショッピングモールとかに連れて行ってもらいました。いつ行っても遊んでくれて。完全におじいちゃん子なんです(笑)。

──もし家に執事がいたら、お願いしたいことってありますか?

神尾:掃除ですね。片付けができなくて…。洋服なら洋服で置く場所が決まってるから散らかってるわけじゃないんですけど、たたまずに放ってあるみたいな…。

──峻は花穎と衣更月の関係を近くで見ている存在でもあると思うんですけど、当主と執事どっちになってみたいですか?

神尾:執事ですね。当主は書類のチェックとか契約とか、いろいろ大変そうでしたよね。

──執事の仕事なら何が得意だと思います?

神尾:料理はできない、朝も起こしにいけない…。あ、お茶いれるくらいなら! そうですね、お茶いれるくらいならいけますね。食器磨いたりとか。

──逆に得意な家事はあるんですか?

神尾:風呂掃除はちゃんとします!部屋の掃除はできないんですけど、風呂掃除とトイレ掃除はちゃんとします。小さいころから、その2つを親に任されてたんですよ。だから、結構習慣付いてるのかなと思います。兄が居るんですけど、どっちかが風呂掃除して、どっちかがトイレ掃除をするっていう風に代わりばんこでやってましたね。

──今回は妹がいる兄の役でしたけど、実際の兄弟関係はどうですか?

神尾:仲いいです。妹もいて、全員違うとこに住んでるんですけど、みんな連絡はちょくちょくとってますね。兄とは年子で1歳しか変わらないので、双子みたいな扱いで育ってきたんで、兄弟っていうより友達みたいな感じですね。ただ、都合が悪いときは「お兄ちゃんじゃん」って言います(笑)。

──では最後に、本作の見どころや峻のここに注目して欲しいというアピールをお願いします。

神尾:花穎の色彩感知能力が事件解決のカギになっていますが、それだけでなく彼の過去も深く関わってくるので、そこが見どころだと思います。峻としては、母と妹に信頼を置いてる感じが伝わったら。烏丸家と対照的な雪倉家から、家族の温かさが輪になって花穎たちのところまで広がっていく感じを見てもらえたらうれしいです!

神尾楓珠さんの喜怒哀楽エピソード

神尾楓珠さんに、撮影現場での喜怒哀楽にまつわるエピソードを教えてもらいました。

神尾楓珠さんの「喜」

廉と共演できたこと! 映画での共演が決まる前に、共通の友人に誘われてフットサルを一緒にやったことがあるんです。そのときは同じ空間にいただけで会話もしてなかったんですが、共演することになってうれしかったですね。

神尾楓珠さんの「怒」

衣更月とのシーンで長ゼリフがあったんですが、そこでセリフが一回飛んじゃって…。そのときは自分に怒りを覚えました。

神尾楓珠さんの「哀」

(烏丸家の番犬の)ペロがすごくかわいかったんですけど、僕、1回しか会ってないんですよ。村上淳さんがずっと離さなくて、だっこどころか毛1本もさわれなくて…。ペロともっと触れ合いたかったな。

神尾楓珠さんの「楽」

「King & Prince」の『シンデレラガール』を踊る、廉と翔くんを見てるのが楽しかったです。僕も踊る感じの流れだったんですけど、見てるだけで面白かったので、踊らずに二人を見てました(笑)。

(撮影:八木英里奈、取材・文:大谷和美)

関連記事

『うちの執事が言うことには』原作者・高里椎奈が永瀬廉を絶賛!「本当に、本当に花穎だった」
永瀬 廉主演『うちの執事が言うことには』最新予告|キンプリ主題歌初お披露目!
キンプリ永瀬『うちの執事が言うことには』特報映像初解禁!
神宮寺勇太のサプライズに永瀬廉感涙!『うちの執事が言うことには』クランクアップ&清原翔出演が解禁


    ライタープロフィール

    大谷和美

    大谷和美

    高校2年の時に観た「バトルロワイアルⅡ」に衝撃を受け、映画の道を志すも、縁あって雑誌編集者に。特撮誌、若手俳優グラビア誌等の編集・ライター、WEB編集者を経て、現在はフリーランスで活動中。社会の闇を描いた邦画が好きで、気づけばR指定のDVDばかり借りていることも。一方、元々好きだったライダー・戦隊などの特撮作品やコメディ映画も好んで観ます。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com