「ウツボカズラの夢」を最終話だけでも見てほしい3つの理由

フジテレビ系列で、土曜23:40から放送中のドラマ「ウツボカズラの夢」。

志田未来さん演じる未芙由(みふゆ)が自分の居場所を求め、少女からしたたかな女性へと変貌していく姿を描いたドラマです。

これまでのあらすじはこちらから

第7話を振り返るとともに、いよいよ9月30日に最終回を迎える「ウツボカズラの夢」の魅力をお届けしたいと思います。

未芙由と隆平が急接近! 急展開の7話を振り返り

鹿島田家の主人・雄太郎(演・羽場裕一)は不祥事から転勤となり、一方、妻の尚子(演・大塚寧々)は雄太郎に愛想をつかし家を出て、友人の仁美(国生さゆり)の家で過ごしていた。

未芙由は、長女の美緒(演:川島鈴遥)と鹿島田家のラスボス・雄太郎の母・久子(演:松原智恵子)と3人で過ごすことに。

もう未芙由が鹿島田家にいる理由がない、と追い出そうとする久子に、隆平(演:上杉柊平)を連れ戻すことを条件に1週間の猶予を与えられた未芙由。隆平は雄太郎が横領した金の入った通帳を持って家出中だったのだ。

そんな中、美緒が未芙由を敵対視してくるが、久子を使ってあっさり排除する未芙由。美緒は複雑な思いを抱えたままニュージーランドへ留学していく。

未芙由からの連絡を受け、久子が出かけている間に家に帰ってきた隆平。数万円を軽んじる彼の発言に、未芙由はお金を稼ぐことの大変さや、自分の居場所を得ることがどれだけ大変か、これまでの苦労から、感情をぶつけてしまう。

そのまま家を出た隆平だったものの、未芙由の思いを理解し、久子にも鹿島田家を未芙由の居場所にしてほしいと家に帰ってくる。そして、支えになりたいという隆平と結ばれた未芙由は、ついに居場所を手に入れたと思ったものの…。

「ウツボカズラの夢」最終話を見届けてほしい3つの理由

1:未芙由と隆平、そして鹿島田家の結末は…?

久子に交際を認めてもらった未芙由と隆平。でも、それを知った雄太郎は未芙由と関係を持ったことを尚子に話してしまいます。

そこで家族会議が行われることに。未芙由の策略で家族がバラバラになってしまったと責める尚子ですが、もともと家族関係は崩壊していたともいえる状態だった鹿島田家。

そこで隆平が選ぶのは鹿島田家なのか、未芙由なのか。そして、一筋縄ではいかない久子はどのような反応をするのか、目が離せません。

2:未芙由の言葉が心に刺さる!

第7話でも、隆平に対して3万円を稼ぐことがいかに大変か説いた未芙由。家族を壊したことを尚子に責められても、「私をこういう子だって決めつけたのはそっちじゃないですか」「私の方があなたたちより生きていくのに必死なだけ」と強い姿を見せます。

帰る家があるという、人々が当たり前に感じるような幸せを必死に求め続けた未芙由の言葉に、普段忘れがちな幸せや、生きるということについて深く考えさせられる展開になりそうです。

3:志田未来さんの熱演! 未芙由は果たして悪女なのか!?

鹿島田家で無害そうないい子を演じていた未芙由。鹿島田家の家族の前で見せる姿は、志田未来さんのパブリックイメージに近いものだと思います。

そんな志田未来さんが、自分を非難する鹿島田家に感情を爆発させ反論する姿は、予告編でも映像が使われており、とても印象的で見入ってしまいます。

少女の頃から彼女の姿を見てきた人も多いと思いますが、強い女性を演じる志田未来さんの姿もぜひ見ていただきたいです。

これまでの「ウツボカズラの夢」を見たい方はこちら

これからドラマを見るにあたって、ここまでの話を予習もしたい方はいるはず。予習は2通りの方法で可能です。

(1)民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

まず、「民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」 」で、前週のエピソードを無料で見ることができます。(つまり9月30日放送前なら第7話を見ることが可能)

(2)動画配信サービス「FOD」

「TVer(ティーバー)」では前週分しか見ることができませんが、動画配信サービスの「FOD」では放送済みの全話を鑑賞することができます。 つまり、9月30日放送前なら第1話から第7話を、以降は放送終了した全てのストーリーを見ることができます。気になる方はぜひ「FOD」でチェックしてみてください。(※FODは月額もしくはポイント制の有料サービスです。)

http://tokai-tv.com/utsubokazura/

(文:大谷和美)

関連記事

「ウツボカズラの夢」は今から見ても面白い!志田未来演じる悪女の最終決戦に注目!
「過保護のカホコ」のこれまでを振り返る
志田未来&竜星涼W主演!実話を元に描く純愛―映画『泣き虫ピエロの結婚式』
『青空エール』の感動が止まらない!魅力を全力で語る!
志田未来、ペットを吹く女子高生に!制服姿は見納めか―映画『青空エール』


    ライタープロフィール

    大谷和美

    大谷和美

    高校2年の時に観た「バトルロワイアルⅡ」に衝撃を受け、映画の道を志すも、縁あって雑誌編集者に。特撮誌、若手俳優グラビア誌等の編集・ライター、WEB編集者を経て、現在はフリーランスで活動中。人間の感情や社会の闇を描いた邦画が好きで、気づけばR指定のDVDばかり借りていることも。一方、元々好きだったライダー・戦隊などの特撮作品やコメディ映画も好んで観ます。他、元上司のバカタール加藤が主催するニコ生番組「崖の上の生放送」に準レギュラーで出演中。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com