原田監督と樹木希林の不思議な関係が見えた、映画『わが母の記』トークイベント

DSC08306_750
2015年10月26日(月)、東京国際映画祭のプログラムのひとつとして、映画『わが母の記』の上映と原田眞人監督、樹木希林さんを招いてのトークイベントが開催されました。

今作は作家・井上靖の自伝的小説が原作で、幼少期の出来事により、母親・八重(樹木希林)との間に溝を抱える作家・伊上洪作(役所広司)が家族との関わりを通しながら、真実を知ることで確執を解き、関係を取り戻していく家族の愛を描いた作品。

“日本の今”を映す作品として選出したというMCのコメントの後、おふたりから挨拶が。
原田監督「日本の今、作品の舞台は昔ですけれども、小津安二郎の今という気分で作りました」
樹木「この映画と、原田監督に出会って、後の人生は幸せでした(笑)」
と作品を振り返ります。

樹木さんが役を引き受けた意外な理由

「これまでの原田監督の作品は、大きな権力に対する個の関係みたいなものが多かった気がするんですけれども、この作品を作られたいきさつというのは?」というMCからの質問に「基本的には権力に立ち向かっても、社会的な問題をいれても、やっぱり家族のドラマが根底にあったのと、これは母ものですよね。井上靖先生の原作を読んだ時から映画化したいと思った。井上先生とお母さんの関係もいいなと思ったし、僕が映画に目覚めたのは母が映画を好きだったということがあって。本来の自分の映画の原点に帰ってきた作品です」と原田監督。
ちなみに一番最初の映画の記憶は、母に連れられて観たフレッド・ジンネマン『山河遥かなり』なんだそう。

樹木さんに対して「どこまでが演技かと思うほどのすごさを感じたんですが、この作品のような痴呆の演技の経験は?」と尋ねると、樹木さんは「記憶にないです(笑)」と痴呆の役にかけた回答で笑いを誘います。

また、樹木さんは「最初にお話をいただいた時は土蔵のばっちゃんの役だったんです。最後、写真だけになったばっちゃん。その時には2シーンしかなかったので、それなら1日、2日で終わるなと思って引き受けたんです。それから1ヶ月半くらいしてから監督に会いたいと言われて、会いにいったら、八重をやってほしいと言われて」と、この役を演じることになった経緯を話します。

続けて「過去にもそういう経験があったので今回も断ろうと思っていたら、監督が井上先生の家で撮影をするというから、その家を見てみたいという思いで引き受けました。そこで撮影するなら、やります!となったのが一番の理由ですね」と話し、建て壊された後の土地も見に行ったそうで、物件好きとしてのエピソードを語る樹木さん。意外な理由からこの映画へ参加したことが明らかになりました。

一方、「家のことは先にプロデューサーに聞いていたんじゃないかな。会ったときから樹木さんはやる気だったと思いますよ」と原田監督。
「井上さんの家が翌年の5月にはなくなっちゃうからそれまでに撮らないと、とプロデューサーと話していたんですね。彼はいろいろとリサーチしていて、樹木さんが八重さんをやってくれないと企画自体が成立しませんよ、と言うので、ふたりで樹木さんを口説こうということになってお会いしたんです。さっき樹木さんは誇張して言ったんだと思うんですが、僕が会った時に、どう見ても八重さんに見える格好でやってきたんですよ」と話すと、樹木さんは「私は着物を着て行っただけよ!」と反論。「それがそのまま八重さんに使える着物で、髪型も今日みたいなモダンな感じじゃなく、おばあさんに見えるような感じで(笑)。それで座るなり、「私は八重さんって足が早い人だと思うのよ」っていう。「あ、もうやる気になってるんだ!」って思いました」と続ける監督に、樹木さんも「やる気になってたんだ!」と驚きつつ「その辺はどっちが先立ったか覚えてないけども、とにかく井上さんの家が見られるというのは感動しましたね」と話していました。

樹木さんの発言に原田監督がタジタジ…?

母の記憶の断片が消えていくなか、主人公が中学生の頃に書いた詩を紙切れに書いて大事に持っていたシーンについてMCが言及すると、「あのシーンは女性スタッフが全員泣いていた。逆に男性スタッフが泣いていたのは長女(キムラ緑子)がお母さんが亡くなったと電話してるところなんですね」と原田監督。
するとMCは「僕、女系かなぁ?」と会場を笑わせ、原田監督は「僕もあのシーンは撮りながらグッと着ましたけど、役所さんのああいう泣き顔は見たことなかったし、樹木さんのああいうお芝居も初めてみました」と話します。
そのシーンについて樹木さんが「神々しい存在感」だったと原田監督が言うと、「でも憎たらしいんですよ、監督は」と樹木さん。
「そのシーンはもう最後の方だったので、何も言いませんでしたけど、ちょっと芝居をすると「なんだよ、新劇みたいな芝居になっちゃったなぁ」なんて言うんですよ」と続けます。「そんな失礼な言い方しませんよ!」とフォローする監督ですが、「モニターを見ながらつぶやいてるのが聞こえちゃうんですよ(笑)」と笑いながら話し、和やかなノリで憎まれ口をたたく樹木さんと監督との関係が垣間見えるようでした。


    ライタープロフィール

    大谷和美

    大谷和美

    高校2年の時に観た「バトルロワイアルⅡ」に衝撃を受け、映画の道を志すも、縁あって雑誌編集者に。特撮誌、若手俳優グラビア誌等の編集・ライター、WEB編集者を経て、現在はフリーランスで活動中。人間の感情や社会の闇を描いた邦画が好きで、気づけばR指定のDVDばかり借りていることも。一方、元々好きだったライダー・戦隊などの特撮作品やコメディ映画も好んで観ます。他、元上司のバカタール加藤が主催するニコ生番組「崖の上の生放送」に準レギュラーで出演中。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com