ストレスを興奮・感動・涙に変える大傑作『ワイルド・ギース』

なかなか外出もままならない日々が続く昨今、人々のストレスもかなりのものかと思われますが、少なくとも映画ファンの大半はおうちシネマなどでそこそこ発散できているのではないかな? と思ったりもしています。

またこういうとき、「野蛮ね」と怒る人もいるかもしれませんが、イケイケの戦争ドンパチ映画なども実はかなりストレス発散にはなるかと思われます(ホラー映画で怖がったりキャーキャー騒いだりして、鑑賞後はすっきりするのとも似た感覚ですかね)。

これから紹介する作品は、残念ながらまだデジタル配信こそされていませんがBlu-ray&DVDは発売されており、またレンタル・ショップに置いてあるところを見つけたらぜひ一度はご覧になっていただきたい戦争映画の傑作です。

金のために戦う傭兵という、良識派からすると実にけしからん輩が多数登場する映画です。

好戦映画と批判する声もあることでしょう。

しかしながら、いざ見終えると、多くの方は興奮と感動に涙していること必至と確信できる作品です……

《キネマニア共和国~レインボー通りの映画街463》

アンドリュー・・マクラグレン監督による1978年度作品『ワイルド・ギース』です!
(原題の“WILD GEESE(雁の群れ)”とは傭兵たちを示唆した暗号名で、彼らの代名詞的な意味合いもあります)

誘拐された大統領の
救出に臨む傭兵たち!

ベテランの傭兵アレン・フォークナー大佐(リチャード・バートン)はイギリスの大富豪エドワード・マターソン卿(スチュワート・グレンジャー)からアフリカ某国の独裁政権に誘拐された前大統領ジュリアス・リンバーニ(ウィンストン・ヌショナ)の救出を依頼されました。

その国の銅の採掘権を独裁政権によって剥奪されたマターソンは、権利奪還のためにリンバーニを復権させ、独裁政権の打倒を目論んでいたのです。

アレンはかつての戦友たちのもとを訪れます。

作戦参謀に長けつつも救世の理想が潰えて傭兵から足を洗い、今では寄宿学校へ入れた我が子との交流を心の支えにしている、バツイチの画商レイファー・ジャンダース大尉(リチャード・ハリス)。

麻薬をめぐる裏取引に巻き込まれて憤ったことから、マフィアに命を狙われる羽目になったプレイボーイのショーン・フィン中尉(ロジャー・ムーア)は、飛行機の操縦もできます。

ショーンの推薦で、クロスボウの名手ピーター・カーツィー(ハーディ・クリューガー)も仲間入り。ただし彼は南アフリカ共和国出身で、黒人差別思想の持ち主でもありました。

彼らと共にアレンは50名の救出部隊を編成し、長年アレンの部下として働いてきた旧友のサンディ・ヤング曹長(ジャック・ワトソン)による厳しい軍事訓練を経て、いざアフリカへ赴き、リンバーニ救出作戦を決行。

ミッションは予定通りすみやかに運び(毒ガスや青酸カリなども普通に使用するあたり、失敗は許されない傭兵のシビアさを物語っているかのようです)、リンバーニの救出にも難なく成功した部隊。あとは帰国の途に就く飛行機を待つのみ……だったのですが!?


    ライタープロフィール

    増當竜也

    増當竜也

    増當竜也 Tatsuya Masutou 鹿児島県出身。映画文筆。 朝日ソノラマ『宇宙船』『獅子王』、キネマ旬報社『キネマ旬報』編集部を経て、フリーの映画文筆業に就く。 取材書に『十五人の黒澤明』(ぴあ刊)、『特撮映画美術監督・井上泰幸』(キネマ旬報社刊)など。 編集書に『40/300 その画、音、人』(佐藤勝・著)『神(ゴジラ)を放った男/映画製作者・田中友幸』(田中文雄・著)『日記』(中井貴一・著)『日記2』(中井貴一・著)『キネ旬ムック/竹中直人の小宇宙』『同/忠臣蔵映画の世界』『同/戦争映画大作戦』(以上、キネマ旬報社刊) その他、パンフレットやBD&DVDライナーノートへの寄稿、取材など多数。 ノヴェライズ執筆に『狐怪談』『君に捧げる初恋』『4400』サードシーズン(以上、竹書房刊) 現在『キネマ旬報』誌に国産アニメーション映画レビュー・コーナー『戯画日誌』を連載中。近著に『映画よ憤怒の河を渉れ 映画監督佐藤純彌』(DU BOOKS刊)がある。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com