シュワちゃん、新宿降臨! そして、「予告犯」映画&ドラマは見逃せませんぞ。

cinemas_yakumo_vol.20

はじめましての方もそうでない方もこんにちは。

ダダン ダン ダダンッ ♪

5月25日は、何の日?
八雲ふみねです。

01

5月25日は、ターミネーターの日

30年前の1985年5月25日、 映画『ターミネーター』1作目が日本で公開。
それを記念して、先日、日本記念日協会が5月25日を「ターミネーターの日」に制定。

新宿ステーションスクエアでは「ターミネーターの日」をお祝いするイベントが開催されました!

02

『ターミネーター』ファン代表として新宿のど真ん中に登場したのは、西内まりやさんと篠原信一さん。
“なりきりT-800”、“なりきりサラ・コナー” というコトですが、完成度高すぎですよっ。

お二人の後ろにそびえ立っているのは、巨大シュワ型ターミネーター。
とても精巧に出来ていて、胸元に触れると、筋肉がピクピク動くんです。
こちらもクオリティ高すぎっ!

03

この夏、7月11日からは最新作『ターミネーター:新起動/ジェニシス』が日本公開。
T-1000型ターミネーターとして、イ・ビョンホンが出演することもすでに発表されています。
シュワちゃん演じるT-800型との対決も気になりますなぁ〜。

…と、随分前置きが長くなってしまいましたが。

八雲ふみねの What a Fantastics! ~映画にまつわるアレコレ~ vol.20

今回は…。

映画とドラマ、どちらも独自の世界感を追求しています。
映画『予告犯』ドラマ 「予告犯-THE PAIN-」をクローズアップします。

衝撃的な展開と鮮烈なメッセージ性が話題を呼んだ、筒井哲也さんが描く漫画コミック「予告犯」。
連載当時から私も興味深く拝読しており、八雲ふみねの「実写化したら間違いなく面白い漫画リスト」上位に勝手にランクインしてました。
そんな私の念願叶って(?!)、いよいよ実写化。

しかも、

実写映画、連続ドラマ、スピンオフコミックと、それぞれのメディアで独立したストーリーを展開していく

…という、ビッグ・プロジェクトを展開。

もぉ〜、すごいコトになってます!

04

まずは、映画版『予告犯』。

映画『予告犯』は、生田斗真×戸田恵梨香共演で実写映画化したクライム・サスペンス。

インターネット上に犯行予告動画を投稿しては実行していく、謎の集団“シンブンシ”。
それを追跡する、警視庁の女性捜査官。
やがてこの攻防は一般市民をも巻き込み、大きな渦となり、「予告犯×警察×世論」が複雑に交錯して展開。
原作の持つ世界感に独自の解釈を加え、頭ひとつ突き抜けた感のあるエンターテイメント性は、観る者を唸らせるものとなっています。

物語の鍵を握る“シンブンシ”のリーダー、ゲイツを演じるのは生田斗真さん。
新聞紙製の頭巾を被ってイケメンを封印し、ゲイツ役を熱演。
しかし、新聞紙の向こうから覗く目ヂカラの強さに、社会を震撼させるカリスマ性を感じずにはいられません。
一方、シンブンシを追う警視庁サイバー犯罪対策課の若きキャリア刑事・吉野絵里香役には、戸田恵梨香さん。
『エイプリルフールズ』『駆込み女と駆出し男』、そして本作と、出演映画が3か月連続で公開され、作品ごとにまったく違う顔を見せてくれる戸田さん。
本作の冷静沈着なキャリア捜査官役も魅力的。

メガホンを取ったのは、中村義洋監督。
スピーディーかつスリリングな映像タッチで社会の闇の部分に光を当て、エンタメ性と社会性を見事に融合しています。

そして、WOWOW『連続ドラマW 予告犯-THE PAIN-』。

『連続ドラマW 予告犯-THE PAIN-』は、映画『予告犯』(6月6日公開)から約1年後を描いたもの。
新聞紙の覆面マスクをかぶる謎の集団が、動画サイト上で裁判を開廷。
闇に葬られかけていた真実を暴くというクライム・サスペンス。
こちらは、原作者である筒井哲也さん監修によるオリジナルストーリーというのが、最大の見どころ。

謎の集団 “シンブンシ”のリーダー、佐久間役を演じるのは、東山紀之さん。
シンブンシのメンバー役として桐谷健太さん、市川実日子さん、橋本さとしさんが出演するほか、
彼らを追う警視庁サイバー犯罪対策課の刑事役として、映画版と同じく、戸田恵梨香さんが登場。
またシリーズ構成を映画版につづき、中村義洋監督が担当しています。

先日、『連続ドラマW 予告犯-THE PAIN-』完成披露試写会が開催され、主演の東山紀之さんはじめ、桐谷健太さん、橋本さとしさん、戸田恵梨香さん、中村義洋監督が舞台挨拶に登壇しました。

05

(写真は左から、戸田恵梨香さん、橋本さとしさん)
本作がWOWOWドラマ初出演となる、東山紀之さん。
ダークヒーロー的な役どころについて、「良心の呵責に苛まれるこの役は、ある程度年齢を重ねた今だから巡りあえたのかも」と、分析してらっしゃいました。

映画版、ドラマ版と共通のキャラクターを演じる、戸田恵梨香さん。
ドラマ版では「吉野の懐の深さを表現することを意識した」とか。

「現場のムードメーカー」と登壇者が声を揃える存在、桐谷健太さん。
痴漢の冤罪被害に遭うウェブライター・水谷役について「誰も信じてくれない寂しさや悲しさを伝えたかった」と真剣に語るも、「本当に痴漢したんじゃないかなってくらい役に入り込んでた」と、東山さんからツッコミが。
「冤罪ですから!」と桐谷さんが叫ぶたびに、会場は爆笑に包まれました。

“シンブンシ” のメンバー、田淵役の橋本さとしさん。
「東山さんを助け起こす芝居で腕を掴んだら、上腕二頭筋が「進撃の巨人」のごとくスゴかった!」そうで…。
ちなみに、ご自身については「ファンシーな肉体」と、お茶目に告白してらっしゃいました。

シリーズ構成と第1話の監督を務めた、中村義洋監督。
「第1話より第2話、第2話より第3話…と、展開が加速していくような作りを目指した」とのこと。

司会を務めさせていただくにあたり、放送に先駆け全話拝見しましたが、1話ごとにもつれた糸がほどけていくようで…。
あまりの面白さに、一気に観てしまいましたよ。

06
(写真は左から、中村義洋監督、桐谷健太さん)

映画版とドラマ版。
例えるなら、ひとつの仏像を右から見るのと左から見るのとでは印象が変わるように、
「予告犯」という世界感を別の角度から眺めることで、この作品の持つ本質が、よりくっきりと浮き彫りになっているように感じます。
これぞ、メディアミックスの醍醐味!ですね。

それではまた次回、お会いしましょう。

お相手は、八雲ふみねでした。

07

08
ターミネーター:新起動/ジェニシス
2015年7月11日から全国公開
監督:アラン・テイラー
出演:アーノルド・シュワルツェネッガー、エミリア・クラーク、ジェイソン・クラーク、ジェイ・コートニー、イ・ビョンホン、J・K・シモンズ ほか
©2015 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

09
予告犯
2015年6月6日から全国東宝系にて公開
監督:中村義洋
原作:筒井哲也「予告犯」(集英社YJCジャンプ改)
出演:生田斗真、戸田恵梨香、鈴木亮平、濱田岳、荒川良々 ほか
©2015映画「予告犯」製作委員会 ©筒井哲也/集英社

10
連続ドラマW 予告犯-THE PAIN-
日曜オリジナルドラマ 「連続ドラマW 予告犯−THE PAIN−」
6月7日(日)スタート(全5話)【第1話無料放送】WOWOWプライム 毎週日曜 夜10:00
シリーズ構成・監督:中村義洋
原作:筒井哲也「予告犯」(集英社YJCジャンプ改)
出演:東山紀之、戸田恵梨香、桐谷健太、市川実日子、橋本さとし ほか
©WOWOW ©筒井哲也/集英社

八雲ふみね fumine yakumo

八雲ふみね大阪市出身。映画コメンテーター・エッセイスト。
映画に特化した番組を中心に、レギュラーパーソナリティ経験多数。
機転の利いたテンポあるトークが好評で、映画関連イベントを中心に司会者としてもおなじみ。
「シネマズ by 松竹」では、ティーチイン試写会シリーズのナビゲーターも務めている。

八雲ふみね公式サイト yakumox.com

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com