ターミネーター胸熱!『ターミネーター:新起動/ジェニシス』ジャパンプレミア

cinemas_yakumo_vol.26

はじめましての方もそうでない方もこんにちは。

アツく盛り上がりました~。

ターミネーター:新起動/ジェニシス』ジャパンプレミア!

任務完了後、TOHOシネマズ六本木に展示されているエンドスケルトンと記念撮影。
八雲ふみねです。

01

おぉっ、八雲の目も光ってる!?

…というコトで。

八雲ふみねの What a Fantastics! ~映画にまつわるアレコレ~ vol.26

今回は…。

『ターミネーター:新起動/ジェニシス』ジャパンプレミアの模様をお届けします。

02

全世界でシリーズ累計興行収入1680億円と空前の大ヒットとなったSFアクション映画の金字塔、『ターミネーター』シリーズ。
殺人アンドロイド、T-800を演じたアーノルド・シュワルツェネッガーを一躍スターダムに押し上げた、言わばシュワちゃんにとって出世作でもあります。
そんな『ターミネーター』シリーズが、12年ぶりに復活!
最新作『ターミネーター:新起動/ジェニシス』では、これまで描かれたすべてのタイムラインがリセットされ、『ターミネーター』の世界が変化するという驚きの展開。
しかしそこには、過去のシリーズへのオマージュがふんだんに盛り込まれており、筋金入りの『ターミネーター』ファンはもちろん、『ターミネーター』初心者も楽しめるアクションエンタテインメントに仕上がっています。

ターミネーターT-800を演じるのは、もちろんアーノルド・シュワルツェネッガー。
肉体美もアクションも、12年のブランクを感じさせず、貫禄十分。
そして、闘うヒロイン、サラ・コナー役はエミリア・クラーク。
海外ドラマシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」で大ブレイクした、若き新星。
ほか、カイル・リース役は『ダイ・ハード ラスト・デイ』のジェイ・コートニー、ジョン・コナー役は『猿の惑星:新世紀(ライジング)』のジェイソン・クラークと、おなじみのキャラクターたちも一新。
さらなる魅力を映画に吹き込んでいます。

映画の公開を直前に控えた7月6日、『ターミネーター:新起動/ジェニシス』ジャパンプレミアが開催され、アーノルド・シュワルツェネッガーさんとエミリア・クラークさんが来日。
600人以上のファンが集結し、六本木ヒルズアリーナは大熱狂に包まれました。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事