池松壮亮・菅田将暉ダブル主演『セトウツミ』完成披露試写会でスタンディングオベーションにファン大興奮!

cinemas_yakumo_vol.65
はじめましての方もそうでない方もこんにちは。
八雲ふみねです。

01
試写や打ち合わせに行くときは、ラフなスタイル!

 

さて。
八雲ふみねの What a Fantastics! ~映画にまつわるアレコレ~ vol.65

今回は…。

『セトウツミ』完成披露試写会の模様をお届けします。


02
別冊少年チャンピオンにて連載中の此元和津也による同名コミックを、大森立嗣監督が完全実写化。
関西の男子高校生2人組・瀬戸と内海が、放課後に他愛もない話を続ける会話劇『セトウツミ』。
クールなインテリメガネ、内海役に池松壮亮。
やんちゃな元サッカー部、瀬戸役に菅田将暉。
学校のマドンナ的存在、樫村一期役は中条あやみと、いま注目のキャストが勢揃い。
河原の階段に座って、ただただ話しているだけなのに、あとからあとからジワジワと笑いがこみ上げてくる新たなスタイルの青春コメディ。
その完成披露試写会に、大森立嗣監督、ダブル主演の池松壮亮さん、菅田将暉さんが登壇。
八雲ふみねが司会を務めました。
03
内海役、池松壮亮さん。
「河原で喋るだけで、本当に映画になるのかなと不安もありました」と、オファーを受けたときの本作の印象を正直に吐露する池松さん。
さらに撮影中の印象を伺うと「1週間と撮影期間が短くて。手応えもクソもないまま終わってしまいました」と、これまた正直に(?!)お話しして下さいました(笑)。
04
瀬戸役、菅田将暉さん。
「関西弁での芝居は新鮮でした。ボケとツッコミが日常にある、地元(大阪)にいたときの感覚を思い出しました」と、撮影時を振り返る菅田さん。
舞台挨拶中も、瀬戸のように池松さん(=内海)へのツッコミを欠かしません。
05
メガホンを取った、大森立嗣監督。
「とにかくこの二人が“喋る”ところを撮ればいいんだろうな、と。大きなチャレンジではありましたが、池松くんと菅田くんと一緒なら出来ると思いました」と、主演俳優たちへの信頼を言葉にします。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com