山田裕貴が『デメキン』を語る。厚成は「ハイロー」村山があったからこそ【短期連載・最終回】

2017年は12作の映画、5本のドラマに出演し、ブレイク中の俳優・山田裕貴。11月11日(土)には『HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION』が公開、11月18日(土)には2nd写真集「歩」が発売されました。シネマズby松竹では、全4回の連載で彼の魅力をお届けします。

山田裕貴連載一覧

第4回となる今回は、本日公開の『デメキン』について語ります。本作は、芸人のバットボーイズ・佐田正樹の自伝的小説を実写化したヤンキー映画。そして、熱い男たちの友情や絆を描いた青春映画でもあります。

山田くんが演じたのは、主人公・正樹(演・健太郎)の親友・厚成。役どころや現場でのお話を中心に、映画『デメキン』への思いや役者としてのスタンスを語ってくれました。

──完成した映像を見たときの印象は?

山田裕貴(以下、山田):まず、話がわかりやすいし、熱くてストレートでいいなって思いました。

健太郎が演じた正樹はまっすぐ悩むやつ。厚成は進学せずに働き始めているし、気持ち的にも、みんなより先にちょっと大人になって、一歩先にいってるけど正樹のことを支えてるやつ。その対比が芝居のなかでも結構出せていたかな、と。

正樹たちにはケンカの強さ、勝ち上がっていくストーリーがあって、こっちは社会人的な大人の悩みという別ルートで悩んで、ぶつかってという対比があった。僕は不良役のなかではいちばん年上で、彼らよりも少し大人。そういうところに、僕がこの役を任された意味があるんだな、と感じていましたね。

「いやいや、中学生役は無理だろ!」って思いましたけど(笑)、そういうところに意味を見出して現場にいっていました。

──そういう現場で、撮影中に感じたことはありますか?

山田:そのときは『ガキ☆ロック』の撮影も重なっていたんです。「ハイロー3」もやっていて、正直、頭がおかしくなるんじゃないかと思いました(笑)。頭のなかがパンパンだったんですけど、それでも、倒れることなく演じることができていたから、「俺って強いんだな」って思ったんですよ。「俺、まだやれてる」って(笑)。

「死ぬ気でやっても死なないから、死ぬ気でやれ」っていう意味のことをHYDEさんが言っているんですけど、めっちゃ共感したんですよ。それ、本当だなって。

──自分のキャパシティが広がった。

山田:それこそ、「ハイロー」での経験も役に立っているんです。僕、カットかかるまで延々と芝居を続けるんです。その芝居のなかで自然と泣いちゃったりとか、思わず出た言葉がシーンとして残ってたりとか。『デメキン』でもそういうシーンがあったんです。

仲間がやられて、「ここでやり返さなくてどうする」と、迷っている正樹をけしかけてケンカするシーンで、「仲間だろうが!」って言ってるんですけど、そんなセリフ全然なくて(笑)。もう、みんなびっくりですよ!

その流れで、バタン!って扉閉めて出て行ったんですけど、そこもちゃんと残ってましたね。

あとは、病院のシーンでもありますね。隣にいる彼女のアキ(演・今田美桜)に、「ごめんな…」って言いながら、流れてきた涙が止まんなくて。…それ、台本にないんですよ(笑)!?

でも、本気でやったら監督も見ていてくれる。何回も現場をご一緒してるカメラマンさんと照明さんもいらっしゃって。僕のことをわかってくれているから、何をやってもカバーしてくれるんです。「わかった。お前がそうやるんだったら、こうするから」って、言ってくださる方々だったので、安心して背中を預けるというか、役に心を動かされるまま演じることができました。

台本の部分が終わってからカットがかかるまでのシーンが結構残ってたりするんで、一緒に作りあげた作品という感じがしてます。ちゃんと厚成として生きられたなって。

お芝居ってセリフを言うだけなら誰でもできる。でも、その人物を膨らませることができたときに、自分がやる意味があったと思えるんです。それは「ハイロー」の村山から学んだことだし、役の根底の部分で繋がっていますね。


    ライタープロフィール

    大谷和美

    大谷和美

    高校2年の時に観た「バトルロワイアルⅡ」に衝撃を受け、映画の道を志すも、縁あって雑誌編集者に。特撮誌、若手俳優グラビア誌等の編集・ライター、WEB編集者を経て、現在はフリーランスで活動中。人間の感情や社会の闇を描いた邦画が好きで、気づけばR指定のDVDばかり借りていることも。一方、元々好きだったライダー・戦隊などの特撮作品やコメディ映画も好んで観ます。他、元上司のバカタール加藤が主催するニコ生番組「崖の上の生放送」に準レギュラーで出演中。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com