映画『残穢-住んではいけない部屋-』は試写会で竹内結子が叫んだほど怖い!

DSC08267_750
10月25日(日)、東京国際映画祭にて映画『残穢-住んではいけない部屋-』が公開され、竹内結子さん、橋本愛さん、中村義洋監督が登場し、舞台挨拶が行われました。

今作は小野不由美の同名ミステリー小説を原作に、作家の「私」(竹内結子)が久保さん(橋本愛)とともに彼女の身の周りに起こった怪奇現象を調査し、恐ろしい真相にたどり着くというミステリーホラー映画。

DSC08242_750
中村監督は「今、皆さん、笑顔ですが、上映後にその笑顔が消えていることが楽しみです」と今作の怖さに自信たっぷりの様子。
「覚悟はできていますか?」と客席に問いかける竹内さんは、自身が試写会の途中でドロップアウトしたことを明かしていました。
「感動作だったり、和やかな作品もたくさんあるなか、わざわざ怖がりに来てくださってありがとうございます」と橋本さん。

質問の前にMCが試写会でのあるエピソードを話します。
後ろの席で「ぎゃー!怖い!」と叫んでいた女性が実は竹内さんだったそうで、それを聞いた客席には笑いが。
「そんなに恐がりで、撮影中は大丈夫だったんですか?」とMCが尋ねると、竹内さんは「現場がとても和やかな雰囲気でしたし、「私」という役柄は現象に対して傍観者のような立ち位置なので、「私」自身が体験する当事者じゃなかったのが幸いだと思います」と答えていました。

DSC08257_750
橋本さんには、部屋で怪奇現象が起こる久保さんという役柄にちなんで、「この撮影中や実生活で家に帰るのが嫌になった出来事はありますか?」と質問。
「帰るのが怖いことはなかったんですが、家に帰ったらガスがつきっぱなしだった時の方が怖かったですね」と冷静に話す橋本さんに、「え?どこの!?大丈夫だった?」と竹内さんが怖がりな一面(?)を見せる一幕も。
「台所とかではないので大丈夫だったんですけど、もったいなかったなと…」と変わらず淡々と話す橋本さんでした。

DSC08247_750
中村監督は今作のこだわりを聞かれると、「はじめに企画をいただいて考えたのは、性格の暗いスタッフを集めることでした」と笑いを誘い、「音から始まる話なので、いろいろと考えましたね。でもまさか、六本木のこの大きなスクリーンでというのは…体感がすごいんじゃないでしょうか。この4分の1くらいのところで仕上げの作業をしていたので、自分もこのスクリーンで観たいですね」と話していました。

DSC08252_750
それを受けてMCは「先ほど和やかな現場だと話していましたが、暗いスタッフに囲まれてどんな様子でした?」と竹内さんに質問。
「暗いといっても、みなさん優しくてあたたかく迎えてくれる方ばかりで、本当に安心して現場にいられました。にぎやかな作品ではないので、現場は確かに薄暗かったですけど、その中でお菓子の交換とかをして楽しかったです」と竹内さんの言葉から、ホラーの撮影現場ながら、和気あいあいとした雰囲気で過ごしていた様子が伝わってきました。

最後に「何も考えずに観てください。いろいろ言うよりも、観ていただいたらガツンとくると思います」という監督からのコメントで、舞台挨拶が締めくくられました。

実は怖がりな竹内さんが演じる「私」の姿にも注目したい、映画『残穢-住んではいけない部屋-』は2016年1月30日(土)より全国公開です。

(文・取材:大谷和美)
公式サイト http://zang-e.jp/


    ライタープロフィール

    大谷和美

    大谷和美

    高校2年の時に観た「バトルロワイアルⅡ」に衝撃を受け、映画の道を志すも、縁あって雑誌編集者に。特撮誌、若手俳優グラビア誌等の編集・ライター、WEB編集者を経て、現在はフリーランスで活動中。人間の感情や社会の闇を描いた邦画が好きで、気づけばR指定のDVDばかり借りていることも。一方、元々好きだったライダー・戦隊などの特撮作品やコメディ映画も好んで観ます。他、元上司のバカタール加藤が主催するニコ生番組「崖の上の生放送」に準レギュラーで出演中。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com